2010年09月

2010年09月05日

起訴相当を首相にさせるのか

民主はもとより野党自民もどうかしている


小沢は起訴相当判断を下された者だ
それを党首選に担いだ民主を、自民はなぜ執拗に追求しないのか、その真意は?
起訴相当となり、刑事に問われる可能性のあるものを党首に選び、更なる政治混迷を呼ぶような愚行を、卑しくも野党第一党が看過できるというのか?
野党責任を自覚せよ
小沢が口にしないにせよ、これは首相選挙の側面を持つ
首相となり、刑事訴追をもみ消すことを許すのか
それとも、
民主に起訴相当人物を党首とさせる可能性を残し、仮に小沢が党首となった際には、前述の批判を持ち出し、国民の民主離れを促進しようなどと政治屋の姑息な考えを自民が持つなら、君たちにも政治家の資質は無いと恥じるべきだ
自民はまず、そうるすことによって国を危険にさらした共犯になることを自覚しなさい

今の愚かしい流れを断ち切る政治家が居ないものか
自分のことはさておき「政治屋達が無駄にした税金を国民に返却する計画」てなものを予算委員会にて提起し、次の票集めでもしようと考えているのではないかと、落胆予測は跡を絶たない
悠長な無駄パフォーマンスに遊ばず、抜本に集中するのが政治家であり、誰よりもそのような人財が今、求められているのだ