2011年02月

2011年02月26日

商売人は去れ

離反が続く・・・

驚き 〜 呆れ 〜 諦め を経て、愛想が尽きた感がある

タレント議員が得票のために担ぎ出されることが増えた頃から「政治家」が死に、「政治屋」が増えたと感じてきていた
昨年の激変で改革が進むか・・との期待もあったが、それどころか逆に、政界の腐敗体質を目の当たりにする結果となった

今我々が直面する政治屋問題は、議員資質以前の、人としての認識、社会観の問題であることが露になったと思う

小沢という田中角栄の醜い金側面のみを引き継いだ人物の価値観、社会観、自己都合が、これ程の居直りのもとに優先される様子を、我々国民は、この瞬間においては、唖然と見守るしかない
しかし、前回も申し上げた
今回の出来事は、政治人財選択の尺度が露になったに等しい出来事であり、我々は「この経験から次回の投票姿勢を改めよ」と教えられたのだと捉えるべきだと思う




現在の周辺状況から、日本の非独立国側面は拡大するのみと懸念する
現時点で既に、領海侵犯に対してすら、独立国としての国際対応が出来ない状況にあることを、再度確認したい
その理由は現行憲法による制約があるからだ
抜本的にその憲法とは、敗戦国として連合国から与えられた敗戦国用憲法であり、その目的とは、かつてアジアにおいて軍事大国化、帝国化しようとした日本に対し、制限をかける事であったことを、現代日本は全く忘れてしまっている
これが近い将来への危険因子である
その制限により、謂れの無いびんたを喰らい、唾を吐きかけられても、哀れにも何の抗議も出来ない「腑抜け」な国になってしまったことが、何より危ない


この状況を平易に考えてみるべきだ

小学校のころ、学校に悪ガキはたくさん居た
やんちゃな子達の中には賢い子も居たことは確かであるが、道理の無い社会性に欠ける自己愛のみの乱暴者が居なかっただろうか
説いて聞かせても無駄な問題のある子がいなかっただろうか
彼らは前後、結果を考慮せず、その時々の都合感情に任せ暴力を振るうことがある
しかし彼らの振るう一撃は、道理無くとも、誰かを傷つける一撃であることには変わりが無い
殴られた者は傷つくのだ

今の中国がそうだ
中国政府は自ら道理を無くす構造を内部に持ち、それが加速し始めている
自制の利かない組織が振るう一撃は、単なる拳骨などであるはずがない
それが軍事活動となることを、我々は深く理解し、肝に銘じておくべきだ







2011年02月20日

これが実態だ

アマチュア政治屋の軽薄さが表れた

今回の小沢の姑息な内部抗争策に扇動された比例代表下位当選の民主議員16人とは、如何に見識が浅いか、資質に欠けるか、基本的に人として尊敬できない者たちであるかが露呈した

そもそも政治にかかわる者としての視野が狭小、内向的過ぎる
実質、アジア他国の属国化する可能性がある現在に於いて、小沢にそそのかされ予算承認前にダダをこねだし、政治屋間駆け引きにのみ関心を示す様子は、彼らの政治活動レベルと彼らの潜在目的を暴露する結果となった

彼らの潜在目的とは政治論争ではなく、人気落ちの民主党側議員ではないとの対国民への政治屋アピール、抜本的には比例当選で恩義を感じている小沢の顔色伺いでしかない
政治にかかわる者なら早期予算取りまとめに真っ向から挑み、切磋琢磨し、責務を全うしてから離党すべきである
この16人は、無賃乗車し居直る下衆に等しい

事の重要性を本来の政治視点で把握し、真摯に問題対処するのであれば、今回のような行動発想に至る事など出来なかったはずである
全く国民視点に立とうとなどしていない
それは政治以前の人としての資質問題である


国民の責務として、
彼らの名前と顔は、よく覚えておくべきだ


今後、決して支援すべきでない者達として、記憶に残したい








2011年02月08日

政治屋は去れ

かつての野党第一党、民主党が、これほどまで素人だと思わなかった人は多い
小泉議員が言った
民主は古い自民党化したと・・・
言い得て妙であるが、民主の実態は国民にとって情けないの一言である

与党となってから今までの民主発言を思い出せば
野党時代の彼らの追及は何を根拠としていたのかと首をかしげざるを得ないものばかりである
日和見する辻本打算議員の行動発言も相当呆れる内容だが、今日の枝野答弁のレベルの低さには、蓮舫の中身の無さも加わり、税金返せと罵倒したくなる思いが禁じ得ない

一体、君達に今の危機が乗り越えられるのか
とても危険な怖い状況に日本があることを、実感出来ているのか

政治は聖職
政治屋、非実力派は去るべきである