2015年02月

2015年02月12日

伝わり来ること


七ヶ月が過ぎ去った

介護、看病を思い出し

自分の至らなさに

あらためて直面する事が多くなった



辛かったろう

痛かったろう

自分の声が届かず

無念だったろう



ごめんね、ももた

日増しに募る悲しさは

ももたがそれを僕に

伝えてくれているからだと思う



しっかり受け止めるから

教えておくれ

愚かな僕を

許しておくれ







2015年02月01日

人を想う

大切な人が亡くなって

自分が寂しいと言う人と

悲しいと言う人が居る



私はただただ悲しい

悲しい心にとって、寂しいと嘆く気持ちは時折、

とても残酷に響くものだ



後を追う人が居る

悲しさを心に秘める人は

後を追うかもしれないと思う

その気持ちが深々と伝わってくる



機会を失った事

気づきの足りなかった事

してあげられなかった事

叶えてあげられなかった事




自分が何一つ役に立たなかった事

自分を責めるだけでは足りなくなり

きっとそうなるのだろう

悲しみとは重なるものなのだろう