2015年06月

2015年06月27日

ももたが教えてくれた



先日来、院号とももたの新しい法名について考えていた

東京出張の新幹線でも考え続けていた

電話の電池が切れやすくなっているので

充電しながら電話を窓棚に置き

ブラインドで固定していた

すると画面にテキストが入った

幾つか並んだ文字の中に 「アクア」 とあった

携帯に文字が入る物理的理由は

幾つもあると思うけれど

それを見て "さんずい” が思い浮かび

「浄」の字を頂くこととした














proue335sinrei at 12:16|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)ももた 

2015年06月05日

電子書籍になりました


ご愛読頂いております皆様に報告申し上げます



そこに何かが居た・・・が、電子書籍になりました

かつて掲載しておりました心霊体験談の内、

32話が一冊にまとめられました

今回一つの区切りとして

詳細な場所情報については一部記載考慮しています

それでも場所を特定できる方は居られると思います

以前からご愛読いただいた方々も

今回見つけて頂いた方々も

下段リンクよりご参照頂きたく、

何卒宜しくお願い申し上げます


iTunes Store  (iBooks 及び epub3)

楽天ブックス電子書籍ストア (epub3) で販売中





 



00sokoninanikaga 222



『守衛アルバイト』
茶色い煙
革靴
誰も居ない
勤勉な少年

『花園橋から大原へ』
下り続ける道
帰りも下り坂
三〇年後の後日談

『下宿での不可思議』
上桂の下宿
東福寺の下宿
沓掛の下宿

『時間が消える』
まだ来ない
赤いワンピースの少女
また並んでいる

『国道九号線』
老いの坂峠
竹林の中

『みんなが見た』
星空より

『会社での話』
口笛が聞こえる
茶色いスーツの女
見上げると煙
 
『納屋のある家』
猫の足音
喘ぐ息づかい
ランニングシャツの子供
納屋の中から

『息抜き』
隣のお姉さん
ほっといてくれ!

『ポルターガイスト』
飛び出した胡椒瓶

『ドッペルゲンガー』
松尾橋にて

『三宮周辺』
旧三宮駅のトイレ
何処に行かれるところでしたか・・

『京都は古戦場』
明け方の侵入者

『言わなかったこと』
生家に現れたもの

『里帰り』
誰かが呼んでいる

















proue335sinrei at 21:58|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)心霊 | 自己体験