2016年05月

2016年05月18日

リオ五輪 最終予選

真剣なスポーツだから

ジャニーズ感覚の番組演出はもう止めてほしい

日本の声援もおかしくなって来ている

相手の好プレイに拍手すらしない中国的価値観すら垣間見られる

ここまで堕ちるとは情けない

タイの選手は実力があった

試合自体は素晴らしいものだった

ただ途中からタイの監督がイライラし出した

これは監督の人徳の無さだが

観衆がそれを掻き立てる様子は伝わってきた

選手の意志とは異なり、後味の悪い試合となってしまったのは

おかしな番組演出と

それに乗る軽い観衆感覚に起因するところが多いと感じる

プレイ中、選手が集中したい場面ですらタイミングの悪い掛け声が起こる

多分、応援している自分が大好きなのだろう

且つ、実際にプレイするファンも少なくなったのだろうと思う

それ故に生まれた「行為に対する無責任さ」に嫌悪が禁じ得ない


おかしなDJ演出だけでなく、番組制作側の価値観はカメラワークにも出ていた

ナイスレシーブで上がったボールにカメラがズームインする

選手の動きがフレームアウトしてしまい、ゲームが見えなくなる

オタクな専門学校的技術遊びを優先する観点に、

試合を伝える「本来の放送使命感」が無い様子が良く表れている







2016年05月06日

時は流れる



今年は三回忌

ももたを失った事実に

僅かに向き合えるようになったかと思う

ただこれは、痛みに徐々に慣れることに似て

その痛み自体は変わらないのだと思う

時は流れる

雪のように、痛みが積もることはないけれど

ももたと過ごした時間より

失った時間の方が、いつか長くなる

共に生きた時は変わらず輝いているけれど

それがとても悲しい

私はももたをいつも身近に感じている

それだけが私を支えていてくれる














proue335sinrei at 10:36|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)ももた | 時間