2014年05月23日

サッカー女子 フェアプレイで勝利

中国最低のプレー続出、それを尻目に勝利した日本女子サッカーチーム


男子のサッカーは醜いものが多いが
なでしこには心から拍手を送りたい

あんな良識も恥も外聞もセンスも無い中国ラフプレイを越え、
しかも審判のミスジャッジまでも越えて、日本女子サッカーチームは勝利した
相手の足を蹴る、相手の顔面に頭突きをする、やたらとオーバーな倒れ方でファウルアピールする
遅延プレイをする・・・
何れも良識ある文化人のフェアプレイとは、全く異なる見下げ果てた中国プレイを撥ねつけ、
日本は勝利した
フェアプレイ日本の勝利に歓喜した多数のアジア国々があった
その意味でも、とても嬉しい勝利だった

澤選手の先制はまるでリプレイのようだった
澤選手はどんな局面でも常に明快な目標を維持してプレイしている
どんな体勢からでも最短でゴールにボールを運ぶ事
それが鋭く強いシュートであることなどには捕らわれていない、ゴールこそが達成できれば・・
その心がとても美しい

川澄選手は得点を上げ120分走り抜いた
毎回の運動量に敬服する

宮間選手はキャプテンとして芯の強さを増した実感がある
なんとも力強いコーナーキックだった

これらもバロンドールの牽引力の一つに思える

日本に誇りが蘇って来ている







proue335sinrei at 01:40│Comments(0)TrackBack(0)隣人 | 人のかたち

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔