2005年07月25日

【人身事故にはまっちまった〜!】

今日の仕事帰り、最寄り駅に着くと京浜東北線上りが人身事故で止まっているとのこと。「え〜。久しぶりに早く帰って『金持ち父さんのパワー投資術』読もうと思ったのに〜。」と思ってイライラしてしまいました。駅に止まっていた電車に乗り込みましたが、10分経っても20分経っても電車は動きません。社内は暑いし人はたくさん乗ってくるしで息苦しくなってきたので、振り替え輸送を使って帰ろうかとも思いましたが、結局我慢して待つことにしました。

我慢するとは決めたものの、乗って来る汗だくのおやじがくさかったりしてイライラはさらに増して行きましたが、ふと冷静になって「人身事故で亡くなった人ってどんな人生を送っていたのかな?」と考えました。亡くなった人の家族のこと、人を轢いてしまった運転手のこと、亡くなった人の遺体を片付けている鉄道職員のこと、現場検証をしている警察官のこと、列車の運行再開が遅れれば遅れるほど、JRから遺族への損害賠償請求額が増えていくことなど、いろいろなことに思いを巡らしました。
それまではイライラしながら自分の都合ばかり考えていましたが、自己中心的な考えはスッと消え、亡くなった人に関係する事柄がパッと頭に浮かびました。

自分のことばかり考えていると視野が狭くなりますね。自分の性格的な弱さを見せられました。
人身事故のいきさつ等本当の原因はわかりませんが、亡くなった方のご冥福をお祈り致します。

応援よろしくお願いします。あなたの清き一票をぜひ!
ブログバナー(赤)

providence_japan at 23:16│Comments(5)TrackBack(0) 将来ぜったい金持ち父さん 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 山口 淳一   2005年07月26日 00:15
5 はじめまして!第弐回「ブロガーの輪(和)」に参戦することになりました山口淳一です。参加者の人は実に熱い人間が多いことに驚かされました。そこで僕も熱い行動を起こすことにしました。実は、将来ぜったい金持ち父さんさんにお願いがあります。それは、現在僕のブログで、悩める人たちに勇氣与えるため僕が参加者の50名の方のブログにコメントを書く!!という趣旨のイベント?を開催しようとしています。目的は、すべての仲間が“コメント返し”してくれることで、僕のブログのコメント欄は、熱いメーセージで埋め尽くされることとなる。そのコメントを読者が読むことで・・・行動するすばらしさをリアルに体験してもらうことが目的です。いきなりのあつかましいお願いですが、協力していただけたら幸いです。もちろん強制ではありませんので。それでは、長々と失礼致しました。どうぞよろしくお願い致します。
2. Posted by 夢実現サポーター☆小井沼克彦   2005年07月26日 05:50
大変でしたね。
起きては欲しくない事故ですが、あとを絶たないのも現実。
色んな人生があると思うけど、マイナスなことで人を巻き込むのはやめて欲しいですね。
3. Posted by CHIK   2005年07月26日 14:00
将来ぜったい金持ち父さんサン、こんにちは。
事故等で電車に缶詰になった時の辛さ、私もわかります!(今日も台風だからヤバそう・・・)
私もそんな時はひたすら自分の想像力をかき立て、あの人たちはどういう関係か、なんの帰りか?どんな職業かと考えたりしてます(笑)

そんな時に、将来ぜったい金持ち父さんサンのように、事故の事、そのまわりの状況を考えていると心がせつなくなってきますが、いつどんな状況でもそういった事を考える事は必要ですよね。
そういった方がいらっしゃって、このように記事にして頂く事で、少しでも報われるのでは、と思います。
自分に何ができかという事ももちろん大切ですが、考える事、意識する事の大切さを感じました。
4. Posted by 反響道 望月   2005年07月26日 22:08
な・・なんかこのブログ、
すっごく「感情移入」して読めました。

そうだよねぇ・・。

人ってまず「自分の事」を考えてしまう
残酷な生き物だよねぇ・・。

どんな時にも
「まず相手の事を考える」って
スイッチが標準装備されてれば・・・

世の中ってこんなに住み辛くならなかったし、戦争も起こらないんだろうなぁ・・・

なんて所まで、飛躍して考えてしましました!

また遊びに来ますねーーー!!
5. Posted by 素が嫌   2005年07月27日 11:17
自分がいっぱいいっぱいの時って、
相手の状況や気持ちをくみとることが
なかなか難しくなりますよね。

「大変なときにこそ、人としての真価が
 問われる」

そう思って行動しているつもりですが、
人身事故に遭遇するとなかなかどうして…
まだまだ修行が足りませんわ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔