くにさん@ねっと
http://homepage2.nifty.com/kunisan/

赤シル氏の休日

このページは赤シル君から送られてくる報告書を元に作成されております。
マシントラブル・作業内容などの報告です。何かの役に立つかも。

■2016年09月28日 今後のミニ四駆活動について

みなさんいかがお過ごしでしょうか?

暑かった夏を過ぎ、9月に入り雨が多くなり、気温差が大きくなってきた季節になりましたね。
季節の変わり目は体調を崩しやすいので、体調管理をして、健康を害さないようにしていきましょう。

ども、赤シルです。



いよいよミニ四駆ネタも最後となりました。

お察しの通り、色々と問題が発生し私が主催するミニ四駆大会はこれをもって終了します。


これまで、協力してくれたり支持してくれた方々には申し訳ありませんが、私の力足らずでした。

まず、一部のレーサーさんに私が大会自体を自分のいいように変化させてしまったと誤解を招いたことが原因だと思っています。
みなさんの不平不満を拾えるアンテナが無かったこと。運営者としては自分に向いていないことに気づきました。


ここで、色々と書いてしまっては全てが言い訳にしか聞こえないのでこれ以上は差し控えます。



前回のブログでも匿名ですがコメント欄に厳しいことを投稿していただきました。

しかし、これはみなさまの本心だと真摯に受け止めています。

みなさまにそう思わせてしまったのは、すべて私の責任です。



なので、私は今後のミニ四駆活動から手を引くことを決めました。


しかしこの1年、このミニ四駆活動を通して、様々な方々とで会い、ミニ四駆と言うジャンルに熱い情熱を注ぐ方々と交流で来た事で見えてきたものもありました。
私にとっては、貴重な活動として思い出となります。

この様な形で終わってしまうのは、私もみなさまも不本意であるとは思いますが、今まで本当にありがとうございました。



ミニ四駆活動から手を引きますが、街中で私を見かけたら声でもかけてください。



本当に今までありがとうございました!



赤シル at 12:21|Permalink
Comments(0)TrackBack(0)clip!ミニ四駆 

■2016年09月24日 慈圭病院のミニ四駆走行会って…

1年も振り返りもしてみた所で、どうやって慈圭病院のミニ四駆走行会の運営をしているのか、みなさんに知ってもらいと思い、ブログを書かせてもらおうと思います。

ども、赤シルです。

やっと、チャンピオン決定戦の予定が発表になりましたが、取りあえず赤シル一家で東京に行くことにしました。
しかし、コースレイアウトはエグイことになってましたね・・・。
早くTAMIYAさんから案内が届かないかなぁ〜と待っている状況です。
交通費の問題もありますからね(笑)



さて、本題に入っていきたいと思います。


まず、慈圭病院は公益財団法人なので、地域住民や職員は無料で体育館を使用することが出来ます。
だたし、体育館は避難指定所にもなっているので、災害や浸水などがあった時には利用することが出来ません。
そんな時にミニ四駆をする人なんていないと思いますがね・・・。

当然、無料で貸してもらうには、様々な目回しが必要ですが、そのあたりは大人の事情と言うことで伏せておきます。

しかし、無料と言うことで様々な制約が入ってきます。

その1つに、「営利目的ではない」 と、言うのがあります。
つまり、商売したらダメって事です。
なので、みなさんから参加費が取れません。

ミニ四駆関連の商品も販売できなければ、コース搬入やメンテナンスする為の経費も貰えないって事です。

つまり、必要な経費は全て自分持ちって事です。

前々回に初心者講習会をしましたが、どうしても初心者さんが参加して改造に足りないパーツが出てきます。それは全て私のパーツを提供したり、無料で新品パーツを配布しています。

コースはメディオ!西市店からレンタルする代わりに、西市店のレースを肩代わりしている状況でが、西市店のスタッフは今まで誰一人、運営を手伝いに来てくれたことはありません。
当然、にぎやか氏は、自分の休みを使って大会運営に協力してもらっているので、仕事とは全く関係ありません。

お互い有志で運営をしています。



これらの条件が整たうえで、実際に走行会or大会を行うまでの工程です。

まず、大事なのはコースレイアウトです。
これは、大会を行う3週間〜1か月前までには告知しないといけないので、大会終了時には次回のレイアウトが発表できる状態にしておかなければなりません。

にぎやか氏がレイアウトのたたき台を作って、私がチェックして、修正箇所が出てくれば修正をかけてもらってと、その繰り返しです。
ただ最近は、フラットレイアウトに関しては、フラット勢にお願いすることが可能なになってきたので、その点は助かっています。

慈圭病院の大会は1か月に1回行うので、2か月前から準備が始まっているんです。
また、これをどのタイミングでどの様に告知をするかが問題のなのです。
告知の方法は、Twitterか私のブログが主力なのですが、店舗にも告知をお願いに行かなければなりません。
西市店の現状、ミニ四駆以外の商品もあるので、物を売ってなんぼの商売です。ミニ四駆にあまり関心を示してくれないのが現状。(コース借りててこんなこと言うのも失礼ですが・・・)
まぁ、この辺は店長がどれほどミニ四駆に力を入れてくれているかが分かる部分でもあります。


ここまで準備が整ったら、前日の動きです。

体育館の都合で当日設置の時間が取れれば、前日設置を行いますが、その前に準備するものとして、参加表や賞状の印刷と景品の準備です。
上位入賞者には何か記念に残るものとして、必ず準備しています。
やっぱり、頑張った甲斐があったと思ってほしいし、もらえたら嬉しいのは私だけではないですからね。
経費の関係で最近は、景品持ち寄りにしてます。当然、強制ではないのですが、みなさんに協力はして頂きたいです。

これらの準備をして、コース設置をします。
コースチェックをして、いよいよ当日を迎えます。



レース当日。

まず、開始の30分から1時間前には到着して、体育館の鍵を開けなければなりません。
時々、私より早く現場に来ている方はいます。

みなさんに迷惑をかけてはいけないので、遅刻は厳禁です。

開錠しても、コース周りのチェックやピットのチェック。時間が来れば受付開始となります。
エントリー表に名前を記入してもらい、必要とあらばパソコンにエントリーネームを打ち込んでいきます。
最近は弁当を注文するのがスタンダートになってきたので、当然、弁当の受注をして注文をかける作業があります。

その辺が一通り落ち着いたら、ミーティングを行って、走行開始となります。

さて、ここからが大変です。
自由に走らせても良いのですが、色々な所からマシンを入れて走らせてしまったら、接触などのトラブルが起きます。そのようなトラブルで大切なマシンが壊れてしまうのは必要最低限避けなければなりません。
今の形にする前は、練習走行の回数を制限していましたが、それにも必ず人が付かなければなしませんし、スタートシグナルを操作する人も必要です。
ポイント制レースにするまでは、この作業を2人で行って気ましたが、ポイント制レースにしてからは、オフィシャルは1人で行うようになり、空いた方がマシンの調整などを行っていました。しかし、途中でトラブルがあれば介入しなければならないので、実際は自分のマシンセッティングを変える時間もほぼ無いと考えていいでしょう。

この辺りは、もっと自分達でうまくやっていけば良いのですが、なんせ人が足りないと言う現実があります。
オフィシャルを持ち回り制にしたりと方法はあるのですが、実際の所、自分達が走らせるのに夢中で、なかなか手をあげてくれる方は、ほんの一握りなんです。

そんなこんながあって、取りあえずレースが終了して、放課後の練習会を行いますが、私はほとんどこの場で走らせていますが、自分が納得しないと終わりにならないので、終わりの頃にはほとんどの方が帰ってしまいます・・・。←これは自分が悪い。

そして、ここから片付けをして、パーツを車に積み込み、私は体育館の掃除と落とし物が無いかをチェックをして鍵を返して終わりになりますが、ここからもう一仕事です。



慈圭病院ミニ四駆走行会を終了してから。

まずは反省会です。
今回のレースで良かった所や悪かったことを出し合い、次回の走行会を行うための改善点を見出します。
また、みなさんからの要望があれば検討して、その場で解決策が出なければ宿題として後日検討します。
早ければ1時間から1時間30分反省会をしますが、長い時には3時間以上かかる時もあります。
あらかた、意見がまとまった所で、反省会が終了してコースパーツを返却してその日が終わります。
そして、来月の準備をしていきます。



いかがだったでしょうか?
これでみなさん、大会運営をしたくなったのではないでしょうか?

いや、絶対したくないでしょうね。


私もそうですが、レーサーとして自分のマシンだけに向き合いたいし、レースの中で勝ったとか負けたとかを言ってるほうがはるかに楽です。


今回、この様な内容を書かせてもらって、みなさんが手伝ってくれるとは思っていませし、望んでいません。
みなさんは沢山走らせて、速いレーサーになって欲しいと心から願っています。

じゃ、なんで職場の体育館まで借りてミニ四駆を走らせる環境を作っているか?
自分もマシンを走らせたいし、みなさんと交流する事で知り合いになれたり、またアドバイスを頂けることでミニ四駆と言う世界観を広げてほしいと思っているからです。

確かに運営は大変ですが、みなさんが喜んでくれたり、公式大会や他の店舗レースで良い成績を残してくれるので、そのような話を聞くのが私の励みになっているのです。


この記事は、運営者としての本音を書かせてもらいました。
色々な制約や、諸事情などがありますが、私の力が続く限り慈圭病院でのミニ四駆走行会を行っていきたいと思っています。

みなさまのご理解とご協力をお願いいたします。




赤シル at 00:42|Permalink
Comments(10)TrackBack(0)clip!

■2016年09月22日 この1年を振り返って 後半編

さて、続きを書いていきたいと思います。


第7回目は3月20日に行った、フラット大会でした。


1603070001


コースレイアウトです。


この頃から、マスコットキャラクターである「うすがみたすき君」が登場します。

1603070002


このキャラは、私とにぎやか氏が公式大会の帰りに、にぎやか氏が思いついたと言ってました。
一部では、このキャラをTシャツにして公式大会に出場する方々が出現。岡山で空前のブーム?となりました。

この時のレースの優勝者は雑工Aさんで、セミフラにも関わらず、超大径タイヤ+ダッシュモーターでレーンチェンジをクリアしたのを覚えています。
超大径タイヤでのレーンチェンジクリアはダッフラをしている方々にはロマンスら感じさせました。




第8回目は、4月に大会が行えなかったので、5月にスライドして5月8日に行いました。


1604180001


コースレイアウトです。


1605080002


実際に組んでのレイアウトです。

初めてのテクニカルレイアウトでしたが、この頃からモヒカンストレートなどの仕掛けをするようになりました。
速くなりすぎたスピードレンジを調整するのが目的でしたね。

この時は、参加人数もそれほどいなかったので、Aクラス・Bクラス・ジュニアクラスの1位で裏決勝戦をしたのを覚えています。
テクニカルレイアウトっていつコースアウトするかが分からないので、ハラハラ・ドキドキしますね。



そして、5月はもう一つのイベントが・・・。

5月22日に行われた、MTMチャレンジカップです。


1505220002


レイアウトです。


1505220001


実際に組んだ所です。

愛媛のMTMマツカワ氏の依頼で、いつもは四国で開催されていたMTMチャレンジカップを岡山の慈圭病院で開催することとなりました。
全国から有名なレーサーが集まってのレースでした。
この大会で、色々なレーサーとも知り合いになれましたし、全国のレベルを肌で感じることが出来ました。

優勝した樺太さん「社長」は、S2バンパー車の使い手でなのですが、もっとS2について話がしたかったのですが、関東方面から来て頂いたので、時間の制約があったので、その機会はまた今度になってしまったのは残念でした。

西は福岡・佐賀から、東は東京・千葉から来て頂いたのは大変うれしかったし、良いものを見させていただきました。



第9回目は、6月19日に行いました。

1606100003


コースレイアウトです。


1606190001


実際に組んだレイアウトです。
名付けて「スクイッドコース」。タコみたいなコースって事です。
立体セッションとフラットセッションが半々で入っていました。

ここでも色々な仕掛けをして、参加者のみなさんを苦しめようと考えていました。
しかし、運営人として致命的なミスを私は犯してしまいました。

本当にあの時は、申し訳ないの一言に尽きます・・・。

この辺りから、運営人としての自信を無くしてしまったのは言うまでも無く、自分達がやりやすい運営にシフトしていきました。



第10回目は、7月17日にフラットレイアウトで行いました。
ぽらりんさんの要望で、1年に1回のフルフラレイアウトとなり、レイアウトも考えていただきました。


1607010002


レイアウトです。

1607170003


実際に組んだ所です。
ウェーブセッションがてんこ盛りで、バランスを崩してコースアウトするマシンが多発しましたね。

この時は私が優勝したのですが、この優勝をきっかけにレーサーとしての自信を取り戻しますが、運営としての自信はいまだ払拭できず。
やっぱり、レーサーとして参加する方が気が楽であることと、フラットレースは協力者が多数いることが励みになっていることに気が付きました。



第11回目は、9月28日に行った立体での走行会です。

1608190001


レイアウトです。

1608280001


実際に組んだレイアウトです。


1609100001


このPOPの通り、思いっきり初心者向けの走行会としてみました。
慈圭病院のミニ四駆大会は、高速レイアウトが支流だったので、どうしも初心者レーサーが追い付けないレベルに達していたので、この様な形にしてみました。
ここで、大会から走行会と名前を変更し、自由に走らせてもらう形にさせてもらいました。
その方が、運営人としては楽だったので・・・。

この方向転換には賛否両論あるようですが、私としては初心者の方々と関わる時間が増えたので良かったと感じております。

NRF三段ショットさんからの提案で、ノーマルモーター杯をしましたが、これもまた非常に勉強になりました。

この様に、思いっきり方向転換を図ることで、新たな発見をすることが出来ましたし、これで得た技術を次のレーサーに引き継いで行くのも運営人としては大切な役目だと感じる事が出来ました。



そして最後は、先日行った12回目のフラットレースです。


適当にこの1年を振り返ってみましたが、うまく行った事もあれば、失敗した事もありました。
人生の中でも、うまく行った経験はあまり覚えていないのですが、失敗した事は覚えているもの。
ミニ四駆でも一緒で、失敗することでそれを努力で乗り越え、さらに成功をすることで、高みを望めるものです。
一番いけないのは、やりたいのに失敗するのが怖くてやらなかったり、やって失敗してそのまま放置してしまうことだと思います。

今後も色々なことにトライして行きたいのですが、どうしても気力や体力面、家庭の事や諸々の諸事情が現実問題あります。

取りあえず1年やってきて、今後、どのような方向でやっていくか考えていませんが、1人のミニ四レーサーがこんな事を考えてやってたと、みなさんの思い出に残ってくれれば良いですね。


いつ、この慈圭病院でのミニ四駆が終わるか分かりませんが、力の続く限りやっていきたとは思っています。


不束者の私ですが、今後もよろしくお願いします。






■2016年09月20日 この1年を振り返って 前半戦

慈圭病院ミニ四駆大会をやりだして、ちょうど1周年となりました。

ここらで、この1年の振り返りをしてみたいと思います。


第1回目は2015年9月20日に行いました。
立体・フラットと両方しましたね。


1509200006


150920フラットコース


コースレイアウトはこんな感じだったです。

覚えているのは、姫路から来られたnkさんの衝撃的な走りをしていたことです。
色々なレーサーを見てきましたが、nkさんの走りは凄かった。
ドラゴンバックからの着地でフロントからねじ込んで行く姿勢は、見たことなかったですね。



第2回目は2015年10月25日でした。

1510080001


コースレイアウトはこれ。

1510240001


この時は、Yazawa夫妻が活躍したのを覚えています。
やっぱり、チャンピオンの走りは素晴らしかった。
高速立体と名をうっていましたが、コーナーリングの切れが凄かった。コーナーを制する者がミニ四駆を制する事を感じてしまいました。



第3回目は、2015年11月15日にバーニングチェンジャーを使用した、フルフラを行いました。

1510310008


ダラヤマさんと一緒に、バーニングチェンジャーを製作しました。
と、言いても、ほとんどダラヤマさんが作りましたが(笑)。


1511090002


コースレイアウトはこれでした。

この時は、大阪からカツフラ勢が来たのを覚えていますが、優勝したのは雑工Aさんでした。
雑工Aさんの走りを見ていても思ったのですが、やはりフラットとはいえ、コーナーリング速さや切れに驚きを隠せませんでした。



そしてこの年を締めくくる第4回大会が、2015年12月20日に行われました。

この時は、立体・フラットのコースを設営して行いました。


1511170001


オータム大会のマネをして、「ママカリ杯」にしました。
ここで、はじめて投入されたのがデジタルコーナーでしたが、あまりにもマシンへの衝撃が強く、私のマシンは勝手に電源が切れてしまったのを覚えております。


1512140001


フラットレイアウトです。

覚えているのは、この時に初めてスタートシグナルを製作しました。
インターネットを調べまくって、アナログ式ですが製作したのが今でも活躍してくれてます。
そろそろ、バージョン2での電子式を作りたいですね。




年が明けて、2016年になりました。

年明け一発目になる第5回大会は、1月24日にフラットレースを行いました。

1601240001


この時のコースレイアウト。

1601240003


実際に組んでのレイアウトです。

この時は、四国から初めてMTMのマツカワ氏が雪の降る中(岡山は降ってなかった)、雪かきをしながら参加してくださいました。
フラット会の重鎮とこのような形で知り合いになれるとは、良い経験でした。



第6回大会は、寒さの残る2月28日に行いました。

1602200001


コースレイアウトはこれでした。
忘れもしません、このレイアウトは初めて私が組んだものでした。

ちょうどこの時から、ポイント制レースを導入しました。もっと走らせたいと言う希望が多く寄せられたので、導入してみたところ、これが予想以上に反響が良かったです。
なおかつ、クラス分けを行うことで、上級者から初心者まで楽しめた大会になったのでは?

それより、初めて前田会さん達が参加されましたが、圧倒的なスピードに度肝を抜かれたのが印象として残っています。世の中にはモンスターがいるのを痛感させられました。



これでちょうど半分ですね。

今日はここまでにして、続きは後半編にて。




■2016年09月19日 9月18日 慈圭病院ミニ四駆走行会レポート

2か月に一回行われるフラットレイアウトですよ。

おかげさまで、慈圭病院の体育館を使用してのミニ四駆走行会も1年経過することが出来ました。

やっと1年なのか、もう1年なのか感じ方は色々ですが、振り返ってみたら色々やってきた気がしますね。

この1年の振り返りはまた今度するとして、今回の走行会の様子をお送りしたいと思います。


今回は前日設置が出来たのですが、コースパーツに欠品があり若干のコースレイアウト変更。


1609180001


ストレートパーツが少なかったので、10mほど少なくなってしまい、188.26mとなりました。


1609180002


いつもはゴム製のシートをコースの下に敷いてましたが、今回はブルーシートに変更。
ゴム製はグリップ力が強くてコースが動かないので、はじかれてコースアウトが多発していたので・・・。


1609180003


それと、11月に行われるRGS主催のカツフラ大会で使用するラップタイマーの実働実験です。
コースにセンサーを取り付け、これをパソコンに繋いで、ラップタイムのソフトで測定。パソコンの画面をプロジェクターで投影するシステムとなってます。


1609180004


コースレイアウトで目を引くのがこの通称「ひまわり」ですね。
この区間の減速はかなり激しかったですね。
まだ右回りだったので楽だったと思いますが、これが左回りならもっと減速するでしょうね。


1609180005


今回の商品ですが、帰省した時に鹿児島のタピオカさんから頂いた物を提供させてもらいました。
ちなみにソフビは違いますよ(笑)

一部のカツフラ勢では流行っているそうですね。


さて、午前中はフリー走行。

みなさん、高速域からのウェーブやひまわりでローラー外れる事件が多発。
かなりマシンに負荷がかかるみたいです。

私も新しく作ってきたダッフラマシンを走らせてみました。

右のスラストは4°強つけていたのですが、左は1°弱だったので、ウェーブやひまわりでマシンがすっ飛ぶ・・・。
左のスラストを2°ほどつけて、走りきることができました。

不安定になりながらもレーンチェンジをクリア。


1609180007


いきなり秒8.45m/sが出ました。



午後に入り、バスターズさん到着。タイム計測器の設置に入ります。

プロジェクターで投影すると・・・。


1609180006


通過ラップも計測できるので、かなり便利。
ダッシュマシンとカツフラマシンとでは速度の違いがかなりあり、センサーが反応するかな?と思っていましたが、ほぼ誤作動無く計測できました。


タイムアタックの結果で・・・。

1609180008


オープンクラス・S2限定クラス 両方で優勝できました。

車両の紹介はまた今度紹介します。
ダッシュフラットのマシン作りのコツがつかめてきたようです。


次回の予告ですが、10月のミニ四駆走行会は、体育館の都合上とジャパンカップ出場のため中止とさせていただきます。
毎月開催だったのですが、初の中止となってしまったので、私の力足らずで申し訳ありません。

11月はRGS主催のカツフラ大会を慈圭病院で開催します。
全国からカツフラレーサーが集まりますので、見学へ来られるだけでも得るものがあると思います。


今回ご参加のみなさん、お疲れ様でした。



■2016年09月10日 2016.9.18 慈圭病院ミニ四駆走行会のお知らせ

後一週間に迫ってしまいましたが、9月18日のお知らせをしておきます。

こんにちは、こんばんは、ども赤シルです。


日ごろの多忙さで、なかなか更新が出来なかったのを反省しております。
しかし、時が経つのは早いですね・・・。




早速ですがPOPです。

1609100001




ついでにバナーも。

1609100002




肝心のコースレイアウトです。


1609100003


走行距離:197.98m
ストレート:43枚
カーブ:76枚
ウェーブ:15枚
バンク:4枚
レーンチェンジ:1枚


今回は、11月に行われるRGS主催のカツフラレースで使用するラップタイマーを使用します。
実働試験をかねていますので、ご迷惑をおかけすることがありますがよろしくお願いします。


タイムスケジュール

9:00〜 開錠
10:00〜 フリー走行
12:30〜 お昼休憩

13:30〜 タイムアタック

17:00〜 終了 片付け

ざっくりとですが、走行会なので気楽に行っていきましょう。

そうそう、今回はS2限定レースも行います。どのような形で行うかは当日に決めて行こうと思っております。



レギュレーションはいつもの「ダッシュフラットレギュレーション」で行きますが、若干変更をしましたのでご確認ください。

http://blog.livedoor.jp/ps13silvia1211/archives/cat_50037383.html


会場案内と駐車場について

http://blog.livedoor.jp/ps13silvia1211/archives/cat_50037394.html


会場の注意事項

http://blog.livedoor.jp/ps13silvia1211/archives/cat_50037384.html



最後に、9月17日土曜日18:00〜 前日設置を行います。いつものように、養生テープとクイックルワイパーの持参をお願いします。



ついでに私のマシンですが・・・。

1609100004


井桁をやめて、バンパー車にしてみようと製作中。
またまた間に合うかなぁ・・・?


まだまだ暑い日が続きますが、楽しみましょう!




■2016年08月30日 8月28日 慈圭病院ミニ四駆走行会

さて今回の慈圭病院でのミニ四駆は、大会から走行会という名に変更して、初めての試みを行ってみました。


ども、赤シルです。


まずは、開錠してから特に受付もないので、来られた方からフリー走行。


1608280001


今回のコースはこんな感じ。
相変わらずの高速立体ですが、大会と違ってとくに仕掛けをすることもなく、思いっきり走らせるコースとしました。



1608280002


運営人も特に仕切りをしなくても良いので、のんびりとマシンをイジッってます(笑)


一方、私の方は作ってきた教習車を調整しながら、ゆっくりと時間を過ごします。


1608280009



午後に入り、初心者のための講習会。

テーマはタイヤ作りとしました。


立体車でいかに簡単にタイヤを作るか、少しコツを伝授。


1608280010


中径ホイールにスーパーハードタイヤの組み合わせ。
真円出しすることで、どれほど速くなるかを検証。

しかし・・・。

思ったほど速くならなかったわ・・・。


初心者講習会がダメな感じだったので←私の見解で


ここからは団体戦。

上級者・初心者が入り混じって、支給のアルカリ電池でのレース。


1608280003



最後まで分からない展開で、大盛り上がり。

大将戦まで獲得ポイントが3チームとも同点と言う展開。

しかし・・・

団体戦主将を務めたマオ選手とにぎやか選手は二台ともコースアウト。


1608280007


悔しすぎてエビぞりに・・・。

こんなことをしても許されるゆる〜い走行会って良いですね。



そして、NRF三段ショット選手からの提案で、ノーマルモーターでのレースを開催。

これが思った以上に勉強に。

いつの使用しているマシンにノーマルモーターを搭載してのレースですが、私の製作してきたマシンが活躍。


なっなっんと・・・。

トップ3に入ってしまいました。

1608280006


上級車マシンを初心者マシンでやっつけるのは楽しかった。


勝てた理由としては、ノーマルモーターで設計されているシャーシなので、素組みマシンの方がパフォーマンスを発揮しやすかったのでないかと。
ただし、ダッシュ系のモーターを搭載すると、高いレベルでマシンバランスを取らないといけないので、この初心者マシンにダッシュ系のモーターを搭載すると、モーターのパフォーマンスの発揮できないのでしょう。

初心者の方々は気を付けた方が良いですね。私も勉強になりました。




最後はフラットコースに変更しまし。


1608280008


ダラヤマ親子とコン3選手が頑張っていた印象でした。

コン3選手は、ダッシュフラット+超大径タイヤで秒8を出していました。

最近、彗星のごとく登場したコン3選手ですが、これからの伸びに期待してます!



最初から最後までゆる〜い感じの走行会でしたが、これはこれで楽しかった印象です。
それに、運営的にも楽だった(笑)

時にはこういう企画も良いかなぁ。


次回大会は、フラットレースで9月18日(日)になります。

次回もよろしくお願いします!



■2016年08月19日 8月28日のコースレイアウトについて

ども、赤シルです。

なんだかユーチューバーのような挨拶ですが、子供の将来の夢がユーチューバーになりたいと聞かされて、愕然としている赤シルです。

有名になるなんて、ほんの一握りの人達だけなのにね・・・。

でも、楽しいことをしながら生きてるって、憧れもあります。


さて、8月28日に行うミニ四駆走行会のコースレイアウトが完成いたしました。


1608190001


立体仕様。


1608190002


フラットレイアウトにも出来ます。



当日の案内はこちら↓を確認しておいてください。

http://blog.livedoor.jp/ps13silvia1211/archives/51879326.html


開催場所↓

http://blog.livedoor.jp/ps13silvia1211/archives/cat_50037394.html


注意事項↓

http://blog.livedoor.jp/ps13silvia1211/archives/cat_50037384.html


以上になります。

今回は、前日設置が出来るので、8月27日土曜日 18:00〜コースレイアウトの設置を行います。
手が空いている方は、ご協力をお願い致します。



それと、メディオ!西市店で息子のマシンを展示させてもらっています。

1608190003


28日にも持参する予定ですが、良かったら見に行ってあげてください。




■2016年08月11日 2016.8.7 JC愛媛大会に行ってきた

ども、帰省中真っ只中の赤シルです。

九州帰省に合わせ、愛媛大会に出場して、それから宮崎に帰る日程を組みました。

なんだか、去年も同じ事をした気がして・・・。


そうそう、写真を見返したら、マツカワさん主催のMTMダッシュ1に参加したんだった。

1608070003


ジュニアで優勝してました。



さて、今回の公式大会は、大阪大会で完走したセッティングを参考に、息子はマシンを組んでますが、特にこれといった改造はしていませんが、既存のパーツを使用して適当にあったマッハダッシュを搭載した完走狙いのマシン。息子も、バーディカルチェンジャーを登ってみたいという感じ(笑)

私は、スプリントダッシュを制御しようと、タイヤの素材を変更し、新しくグレーのABSシャーシをおろして組みなおし。セッティングとしてはリアブレーキを変更したぐらいです。


まずは、息子の一回戦。




4コーススタートで、ジ・アルプスの降りでの挙動が心配ですが、なんとかバーディカルチェンジャーも登りまいした。


1608070004


1次予選突破!

今度は親父が頑張る番です。



私の1次予選1回目。

出だしの平面セッションは速かったのですが、バンクからブレーキが効き過ぎて、バーディカルチェンジャーが登れず・・・。
リアブレーキを下げ過ぎた・・・。


お昼を過ぎて、息子の出番が全く来ず。

息子は、帰省のために持ってきていたベイブレードで、他の子供達と遊んでいました。

そうこうしていたら先に私が、1次予選2回目で呼ばれました。


1次予選2回目

はい、平面はぶっちぎり!
ダブルドラゴン2個目の天辺まで飛んで行きましたが、なんとか姿勢を崩して入りましたが、ジ・アルプスをバク転しながら飛んで行き、コースアウト・・・。

今回の愛媛は良い所なしでした。


全ての1次予選が終了して、2次予選へ。

やっと息子の番がやってきました。
時間的にもフェリーの時間が迫ってきてたので、ここで負けるかなぁ?
と思っていましたが。

息子2次予選

動画は無しですが、他のマシンと接触したのにもかかわらず、トップでゴール。

薄紙ゲット!


フェリーの時間が・・・。



ジュニアの決勝進出者は6名。
2人ずつ走らせて、決勝を3人で戦うシステム。

1組目が2人ともコースアウト。

2組目が息子だったのですが、相手がコースアウトして息子は完走。
このあたりから、適当に突っ込んだモーターが悲鳴を上げ、速度が伸びなくなってきた・・・。

そして3組目がスタートし、圧倒的な速度でゴール。


とうとう、決勝まできてしまいました。


さて、結果は・・・。





「東京〜!東京〜!」と叫んでいるのは、撮影者のにぎやか氏です。



と言う事で・・・。


1608110001


ジュニアクラス優勝してしまいました。



1608070002


親父は全くダメだったのですが、息子は大活躍。

タミヤさんのサイトにも、アップされてますので見てみてください。


イベントレポート↓
http://www.tamiya.com/japan/cms/mini4wdeventreport/4347-20160807.html


ツイッター動画
https://mobile.twitter.com/mini4wd/status/762399160326762496/video/1


表彰式までいたので、ぎりぎりフェリーに間に合うかなぁ?
と思っていたのですが、事故渋滞と大雨とでフェリーに間に合わなかったのは、ここだけの秘密です。


最後に、私は全くダメだったのですが、みなさんのおかげで息子が優勝することが出来ました。
応援ありがとうございました。
親子ともども、良い経験をさせてもらいました。

今後とも、応援とサポートをよろしくお願いします。

次は、大阪大会と岡山大会に出場予定ですが、息子は今回、東京に行けるのが決定したのですが、実際に行くかは検討中なので、心境や状況などは随時ブログを更新していきます。




■ 8/28 慈圭病院 ミニ四駆走行会について

8月に入り、全くブログを更新出来ていなかったですね。

帰省するまでに更新をと考えていましたが、日々の忙しさにかまけてました。
これもいつもの言い訳になってますね・・・。


さて、今月の慈圭病院ミニ四駆走行会のご案内です。

お察しの通り、「大会」から「走行会」に変更しました。

これは、大会と言う名をうつと、どうしでも上級者のガチンコ大会になってしまい、初級者や始めたばかりの方々が引いてしまう現実があります。

高速立体になってしまう慈圭病院のミニ四駆なので、スピード差が圧倒的についてしまいます。
これをコースレイアウトでどうにかしようと毎回考えていましたが、パーツの点数問題やコースの配置が小さくなってしまい、せっかくの体育館を有意義に使用できないことが出てきました。

そこで、一度私たちがミニ四駆を始めたころの原点に戻り、講習会をメインに走行会を行ってみようと思います。



1608110001



タイムスケージュール

8:30〜 開錠 コース設置
9:30〜 受付
10:00〜 フリー走行
12:30〜 休憩 昼食
13:30〜 ミニ四駆講習会
15:00〜 チケット争奪? ○×クイズ大会
16:00〜 団体戦
17:00〜 片付け 撤収


以上となりますが、参加人数や時間の関係でスケジュールが変更となる場合がありますので、その点はご了承下さい。
一応、ステーションのチケット戦にもなっていますが、今の所、団体戦で出すか○×クイズで出すかは検討中です。

午前中のフリー走行は、どなたでも走らせることが出来ますが、マシンが暴走してもオフィシャルがいませんので、自己責任でお願いします。

ミニ四駆講習会は色々なネタを準備していますが、参加者の質問や改造ポイントなどの意見を踏まえ進行していきたいと思います。
もちろん、フラット初心者でも大歓迎です。

コースレイアウトは製作中ですが、立体・フラットどちらでも行けるようなレイアウトにします。


以上、変更がありましたら随時ブログを更新していきます。


当日のご参加、お待ちしています。






宣伝

Copyright © 2001-2009 くにさん@ねっと All rights reserved