マップスケジュール リリース

地図アプリにスケジューラーを合体させました。

このような用途に向いています。
・就職活動の訪問先のチェックリスト
・営業活動の日報代わり
・作業現場の訪問ルート確認用
・旅行の記録

[目的地]
(1)メニューを開いて「目的地追加」を選びます。
(2)「目的地名称」を入力します。
(3)「住所」を入力します。
(4)「住所から変換」ボタンを押して、住所を緯度経度に変換します。
GoogleのAPIを利用しているので、ネットワークに接続されている必要があります。
変換がうまくいかない場合でも、何度もボタンを押したり、住所を短くしたりするとうまくいく事があります。
(5)必要に応じて「電話番号」「内容」を入力します。
(6)目的に応じて「旗の色」を選択します。
旗の色は12色から選択できます。
各色は長押しで編集できるので、自分の好みにあった色セットに設定してください。
(7)デフォルトで入っている「順番」を変更する事もできます。
(8)「設定」ボタンを押すと、目的地がカレンダーと地図にセットされます。

[地図]
目的地をタップすると簡易な内容が表示されます。
さらにタップすると詳細な内容がダイアログで表示されます。
ダイアログから「状態変更」で目的地の状態を変更できます。
状態には
・まだ作業を開始していない「待機」
・作業を開始した「作業中」
・作業を終了した「完了」
の3つの種類があります。


[カレンダー]
1か月単位の表示で、目的地がある日には目的地の色と状態に応じたマークが表示されます。
日付部分のタップ、もしくは、メニューから表示/非表示の切り替えができます。


[体験版]
体験版では以下の制約があります。
・1日に3件しか目的地を登録できません。
・目的地の旗の色を変更する事ができません。
・色の変更や開始曜日の変更といったカレンダー設定が利用できません。
・画面上部に広告が表示されます。
・体験版で入力したデータを有料版へ移行する機能は未実装です。

半年ぶり

半年ぶりに戻ってまいりました。
外の会社さんの手伝い(派遣とも言う)で、Androidアプリを数件作成していました。
(どれもまだ世に出ていませんし、守秘義務もありますので何をやっていたかは書きません)

みなさんからの要望や不具合の報告がかなり溜まっているので、逐次対応しつつ、さらに新しいアプリの開発も行っていきたいと思っています。

とは言え、いくら自分の作成したアプリのソースとは言え半年も離れていると何をやっていたのか忘れている部分も多く、しばらくはゆっくりしたペースにはなりますが。

ふくわらい リリース

030 福笑い512
screenshot1screenshot2

ふくわらいで遊びましょう。

まずは「START」ボタンを押して顔の種類を選びます。
「NEXT」ボタンを押すと画面が暗転し、福笑いで遊ぶ時のように目隠しされた状態になります。
顔の部品がランダムに表示されるので、画面をスライドして置きたい位置へ移動してください。

画面を触っている間は部品が回転するので注意。
「ROLL」ボタンを押すと回転方向を変える事ができます。

「ZOOM」ボタンかマルチタッチで部品の拡大縮小もできます。
部品はデフォルトでは標準サイズで登場しますが、メニューから「サイズ不定」を選択するとランダムな大きさで部品が登場します

位置や角度、大きさなどが決まったら「NEXT」ボタンを押しましょう。
同様に部品を置いていき、最後の部品になるとボタンが「FINISH」に変わります。
「FINISH」ボタンを押すと目隠しが取れ、顔や置いた部品が全部見えるようになります。

メニューから「画像保存」を選択する事で、できた変な顔を画像ファイルとして保存する事もできます。


※Android1.6以降で動作します。
※N-04C,SH-12Cで動作確認済みです。

https://market.android.com/details?id=com.psc.fukumoto.FaceMaker

浮遊ボリューム リリース

031 浮遊ボリューム512
screenshot01screenshot2



他のアプリの上に浮いているように表示されるボリューム表示アプリです。

アプリを起動したら画面上をスライドしてボリューム表示の位置を調整してください。
メニューの「位置入力」で位置を数値で指定する事もできます。
メニューの「サイズ入力」でサイズを指定できる他、マルチタッチで拡大縮小もできます。

画面の縦長と横長が切り替わった時は基準位置からの相対位置に表示されます。
例えば「右端」と「上端」に設定する事で右上側に固定する事ができます。

メニューの「順序変更」で表示順を設定する事ができます。
「非表示」を選択する事で特定のボリュームを表示しない事もできます。

このアプリ自体に音量調整機能はありません。
メニューの「アプリ選択」でボリューム表示をタップした時に起動するアプリを設定できます。
愛用している音量調整アプリを指定する事で音量設定を自分の使いやすい物にする事ができます。
メニューの「アプリ解除」で設定してあるアプリを解除する事ができます。
解除された状態ではボリューム表示はタップできない状態になります。


[設定]
・浮遊ビューの利用
・水平と垂直の基準位置
・ボリュームスタイル
・色の透過度
・通話、システム、着信、音楽、アラーム、通知の色
・背景の色
・描画方向
・編集画面の色
を変更できます。


※Android1.6以降で動作します。
※N-04C,SH-12Cで動作確認済みです。

https://market.android.com/details?id=com.psc.fukumoto.FloatVolume

押すだけ日誌 リリース

024 時刻日記512
screenshot1screenshot2screenshot3

毎日行うべき事を行った時刻と共に記録していくための日誌です。
ボタンを押すだけで時刻が記録されるので手軽に記録管理ができます。
・簡単な出退勤管理
・育児や介護の履歴
・薬の飲み忘れ予防

最初は項目が登録されていないので、アプリを起動したらメニューより「ボタン編集」を行ってください。


[ボタン編集画面]
「ADD」ボタンでボタンを追加できます。
ボタンにはタイトル、一日の有効回数、有効曜日を設定できます。
すでに設定済みのボタンを押すとボタンを編集できます。
ボタンの右のスイッチでボタンの有効/無効を切り替える事ができます。

編集が完了したら「INI」ボタンで完了させてください。
編集結果を破棄したい場合は「BACK」ボタンで戻ってください。


[日誌画面]
一日分の有効なボタンと押された時刻データが一覧表示されます。
ボタンを押せるのは当日限りで、その他の日は結果を参照するだけになります。

画面を左右にフリックする事で翌日/前日に移動できます。
日付部分をタップする事で日付を直接指定して移動できます。

時刻データが存在する場合、メニューの「データ削除」で1件単位で削除する事ができます。

メニューの「カレンダー」で一カ月単位のカレンダーを表示する事ができます。


[カレンダー画面]
時刻データが存在する日にはその一部がカレンダー上に表示されます。

画面をタップする事でカーソルを移動できます。
画面を左右にフリックする事で翌月/前月に移動できます。
日付部分をタップする事で日付を直接指定して移動できます。

カーソルのある日をタップする事でその日の日誌を表示します。
(メニューの「日誌表示」や戻るボタンでも同様です)

カーソルのある日に時刻データが存在する場合、メニューの「一日分削除」で日誌を削除する事ができます。


[ウィジェット]

ホーム画面でウィジェットの追加によってウィジェットを置く事ができます。
ウィジェットには一日分の時刻データの一部が表示されます。
ウィジェットをタップすると当日の日誌画面が起動します。


※Android1.6以降で動作します。
※N-04C,SH-12Cで動作確認済みです。

https://market.android.com/details?id=com.psc.fukumoto.TimeDiary

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ