アドビフォトショップエレメンツ11のツールボックスのマニュアル

選択ツールは、「エキスパートモード」で、使用できます。

選択ツールには、4種類が表示されていますが、移動ツールだけが他のツールと使い方が違いますので、分けて説明します。

選択ツール
移動ツール


移動ツールの使い方

 移動ツールは、レイヤーの場所を移動するのに、使用します。

移動ツールを選択すると、画面下部のツールオプションは下のように表示されます。

「移動」 と「アレンジ」それぞれご紹介していきます。
ido1

移動

  • レイヤーを自動選択 (画面上でクリックしたレイヤーを選択することができます。)
  • バウンディングボックスを表示 (選択されたレイヤーの枠が表示されます。)
  • ロールオーバーにハイライトを表示 (画面上でレイヤーにマウスオーバーすると、青い枠が表示されます。)

このファイルは、背景に写真・カスタムシェイプレイヤー・テキストレイヤーで構成されています。
(*背景レイヤーは、ロックされていますので、この場合移動できるのは、シェイプとテキストレイヤーです)
画面上で、シェイプの部分(透明以外の部分)をクリックすると、バウンディングボックスが表示され、レイヤーパネルのシェイプが選択されました。

画像(透明以外の部分)を、ドラッグすることで、レイヤーを移動できます。(バウンディングボックスが非表示の状態でも同様です)

アレンジ(自動整列・分布)

アレンジは、 レイヤーの自動整列・自動分布の機能です。とても便利な機能なので、是非覚えてください。

レイヤーパネルで、shiftを押しながら整列させたい全てのレイヤーを選択するか、


画面上で、shiftを押しながら移動ツールで、3つの画像を選択します。
全ての画像が選択されたら、整列と分布を試してみます。


ウェブページのデザインをしている時など、分布はとても役に立ちます。
いろいろ試してみてくださいね。

その他のツールの使い方は
ツールボックスの使い方(基本編)の、リンクからご覧ください。

スポンサードリンク