写会人日記

2017年03月23日

死なば森友

 腹を据えた人間に恐れるものはない。そんな印象のきょうの証人喚問。問題を籠池一人に閉じ込めようとする自民の西田などはまったく空振りで恥をかいただけ。衆院の自民の質問者の上からのカッコつけた尋問に「そんなに畳み掛けられて言われて、失礼じゃないですか」と一喝するなどそもそも役者が違うという印象だ。最後の尋問者維新の下地などは(松井の名を出されたことに)興奮しすぎて、「偽証罪に問われますよ。いいんですか。松井さんが掛けたハシゴからあなたが転げ落ちただけじゃないですか」といいだす始末。自民幹部が「国に逆らったらどうなるかわからせてあげよう」と言ってた証人喚問がとんでもないことになったわけだ。喚問の中で安倍昭恵がどっぷり関与していた証言も出た。わたしや妻が関与していたら総理も議員も辞めると言い切っていた安倍。その日は近い。
証人喚問といえばまさにお白州。ビビるのが普通なのに、籠池、堂々と受け答えしていて逆に尋問者がビビっていたのが印象的。それから知らん間に籠池を応援していた自分に気がついて、複雑な気持ちなのだが、今回、ま、ええかと。
それから、新格言「風前の朋美」を付け加えておく。

ついでに格言ではないけれど菅野完さんによる「全自動忖度機」も。これは流行語大賞候補だな。