写会人日記

2017年06月20日

演歌人物伝:天童よしみの巻

IMG_9746
IMG_9748

 ♪ 負けたらあかん 負けたらあかんで東京に〜〜 そう、わたしが宇宙一うまいと思っている歌手天童よしみさんの道頓堀(とんぼり)人情ですね。美空ひばりさんよりうまいと思っています。そう言うとよく知っている人ほどいやそれはひばりが一番ですよ、と返ってくる。お約束のように言いますね。美空ひばりが一番だと。たしかにうまい。天童よしみも美空ひばりに育てられていまに至る、ようなところがあるけれど、ま、好みの問題も入ってくるのでしょうが、ひばりさん、高い音域にファルセット=仮声=裏声で対応しているようなところがあって、またそれを特徴としているのですが、そのあたりがちょい苦手なわけです。したがって森山直太朗も、古くはスタイリスティックスも苦手なんですね。んなわけでナチュラルボイスで歌い上げる天童よしみが、いいんです。一番なんですね。宇宙で。(個人の感想です。…そらそうやね)

そこで 📢告知コーナ〜〜。
現在発売中のミュージック★スター8月号に「演歌人物伝第三回:天童よしみ」が掲載されています。20年前にも撮影しましたが、変わらず可愛いかったです。ことしはデビュー45周年。新たなスタートの決意、来し方行く末を語ってくれています。是非チェックしてみてください。


トラックバックURL