写会人日記

2018年08月23日

NIKONミラーレスZ7発表〜!

NIKON-Z

 わたしのドキドキの原因、NIKONのミラーレスカメラが発表になってスペックを見たけれど、画質的にはD850とそない変わらない。ミラーレスカメラで単独先行しているSONYにやっと追いついた程度で、それでも南くんからは「瞳AF・ダブルスロットは、無いみたいですよ〜」と追撃を受ける始末。まだ追いついてないのかもしれんが、わたしにとってそんなんことはいいのである。
 何よりも待ち遠しかったのは無音であることなのだ。ミラー音、シャッター音がしないカメラというのは、これで苦労してきた多くのNIKONカメラマンにとっては待望のカメラの登場なのである。NIKONは特に音が大きい。映画撮影所、テレビスタジオ、バレエやクラシックの音楽会、能狂言、落語会、ゴルフやテニスはアドレスからシャッターが切れる。ストレスフリーなのである。テニスの国際試合などでもオフィシャルはいまやSONYだったりする。NIKON Zは「マウントアダプター FTZ」で、従来のレンズも使えるしね。
 ただ、バッテリーが貧弱。D850と同じバッテリーだが静止画で最大330枚て、何やねん。これなんとかせなあかんのとちゃう。そんなこといいながらすでに予約してしまった決断実行の男だったりするわけなのだが、わたし。
 ちなみにNIKON DirectではZ7が437400円。NIKKOR Z 24-70mm f/4 Sが132300円。マウントアダプター FTZが35100円(いずれも税込み)。ちょっと高いであります。
詳細はNIKONのサイトで。
9月末発売までこのビデオ見て待っとくかね。