写会人日記

2019年01月07日

褒めずに死ねるか「宝島社」

宝島社広告01
宝島社広告02

安倍がNHKの党首討論で、その討論から逃げ、一方的な滑舌の悪いおしゃべりをして、その中で辺野古のサンゴは移植したと大ウソをついた。その翌日でした。素晴らしいタイミングの宝島社の全面広告でした。 一国の総理大臣が嘘つきというこの国の悲劇は幕にしなければなりません。戦争を始める前に。と上品に言っときます。
この広告にはこうあります。
嘘つきは、
戦争の始まり。


「イラクが油田の油を海に流した」
その証拠とされ、湾岸戦争本格化の
きっかけとなった一枚の写真。しかし
その真偽は未だ定かではない。ポー
ランド侵攻もトンキン湾事件も、嘘
から始まったと言われている。陰謀も
隠蔽も暗殺も、つまりは、嘘。そして
今、多くの指導者たちが平然と嘘を
ついている。この負の連鎖はきっと
わたしたちをとんでもない場所へ連れ
てゆく。今、人類が戦うべき相手は、
原発よりウィルスより温暖化より、
嘘である。嘘になれるな、嘘を止めろ、
今年、嘘をやっつけろ。

結論の「嘘をやっつけろ」は「嘘つきをやっつけろ」ということだ。

そしてもう一種類の全面広告がこれだ。トーンは若干低くなっているが内容は同じ。

宝島社広告03
宝島社広告04

こちらにはこうあります。
敵は、嘘。

いろいろな人がいろいろな嘘をついて
いる。子供の頃から「嘘をつくな」と言
われてきたのに嘘をついている。陰謀
も隠蔽も改ざんも粉飾も、つまりは
嘘。世界中にこれほど嘘が蔓延した
時代があったろうか。いい年した大
人が嘘をつき、謝罪して、居直って恥ず
かしくないのか。この負の連鎖はきっ
と私たちをとんでもない場所へ連れ
てゆく。嘘に慣れるな、嘘を止めろ。
今年、嘘をやっつけろ。


そしてまたこちらも結論は「嘘をやっつけろ」であります。敵は嘘。敵は嘘つきなのだ。嘘つきサイコなのだ。