写会人日記

2019年02月02日

限界超えて奈落の底へまっさかさまなのだ

 日刊ゲンダイは「この政権、もう誰が見ても限界だ」との見出し。すこし優しい書き方。限界などとっくに超え、すでに異様な国家になってしまっている。とっくのむかしに。そして今回の「統計不正問題」。ギリシャが財政危機に陥ったのは、統計の信頼性が失われたことだ。近年この国に政府の信頼性など無きに等しかったが、その上にこれだ。数字をいじくって都合の良い統計にでっち上げていた。国家犯罪ではないか。
 この国は底なしの無限地獄に陥ったも同然だ。なんなんだまったく。日刊ゲンダイ向けに大サービスでネタを提供しているのか。それほど今日のゲンダイは濃い記事が満載。読めば読むほど頭に来ますので、穏やかな気持で(無理か)よんでみてくださいね。
IMG_3643IMG_3644IMG_3645











IMG_3641ほらね、景気なんてちっとも良くなかったんだよ。いっときよく聞いたのが、「世間は景気いいんですよね。うちはあきませんけど」という声。安倍はじめテレビや大メディアではいざなぎ景気超えとか言いまくって、NHKなんかは正月海外旅行に行く人にインタビューして「楽しんできまーす」とか言わせてた。そら海外旅行に行く人だから、金持ってる人なんやろうけど、テレビで見た人は「景気いいんや。あかんのはうちだけか」と思う。景気悪い話は拾わないので、景気が良くないのを知らんのだ。知らせんようにしてるのだ。政府お得意の「自己責任論」に導いていき「こない苦しいのはわしの努力が足らんから…」と思わせるという筋書きなのだ。子どもの貧困。教育の貧困。年寄り弱者の貧困、シングルマザーの貧困、すべて政治の責任である。その証拠が「賃金偽装」ではないか。アベノミクスの失敗を糊塗するためにデータをいじくる。書いてるだけで腹立つ。麻生なんか「景気が良いという実感がないという意見も」という問いに「感じ方じゃねえか」と言ったそうな。てかこいつまだおったんか。この妖怪め。ね、頭にきまっしゃろ。きいつけてくださいな。



IMG_3640
15兆円ほどスりましてん。いやだいじょうぶですよ、わたしはね。公的年金ですから。ええ。