写会人日記

2019年05月18日

文在寅の言葉と「5.18」

 1980年5月18日全羅南道光州での”光州事件”こそが朴槿恵を引きずりおろしたろうそくデモにまで続く韓国民主化運動の原点と言える。2年前の5月18日(大統領就任9日目)の光州民主化運動(光州事件)37周年の記念式典での文在寅大統領のスピーチがすばらしいので紹介したい。政治家はなによりも言葉だ。自らの言葉で伝えその言葉に責任をもち、言葉の力で人を感動させ人を動かすのが優れた政治家なのだ。文在寅大統領はここでまったく原稿を見ずに13分間スピーチした。この演説が「歴史的演説」として称賛されている。素晴らしいのでぜひ読んでいただきたい。


文在寅大統領「現代史の悲劇だった」 民主化運動を弾圧した光州事件から37年(声明全文)
o-MOON-JAE-IN-570





■光州事件とは?
朴正煕大統領の暗殺により一度は幕を下ろした軍事独裁政権だったが、粛軍クーデターにより、軍部の一部勢力が政権の実権を事実上掌握した。軍の実権を握っていた全斗煥(チョン・ドゥファン)氏は1980年5月17日、非常戒厳令を全国に拡大し、金大中氏や金泳三氏ら有力政治家を連行した。

軍事政権の復活を警戒する学生らの民主化デモは韓国全土に広がり、激しさを増していった。韓国南部の光州では空挺部隊が投入され、市民への発砲や暴行が行われた。「5.18記念財団」によると、認定された死者は154人、行方不明者70人、負傷者1628人に上る。
戒厳軍が市内を制圧するまでの間(80年5月27日まで)、光州市内の電話は通じなくなり、メディアも情報統制された。このため、光州市内で何が起きていたのか、真相は長く明らかにならなかった。当時撮影された写真から、光州事件の様子を知ることができる。


■文在寅大統領、光州事件の民主化運動を「誇らしい歴史」と振り返る
文大統領は記念式辞を通して「5・18精神を憲法前文に盛り込むという私の大統領選公約を守り、 真の民主共和国の時代を切り拓く」とし、「5・18民主化運動は全ての国民が記憶して学ぶ、誇らしい歴史として位置付けられるだろう」と明かした。
また「5・18は不義の国家権力が国民の生命と人権を蹂躙した私たちの現代史の悲劇だった」とし、「大韓民国の民主主義はこの悲劇の歴史を踏みしめて立ち上がった。光州の犠牲があったから、私たちの民主主義は持ちこたえて、再び立ち上がることができた」と強調した。

「しかし、強烈な独裁の暗闇の中でも国民は光州のともしびをたどって、一歩ずつ前に進んだ。光州の真実を伝えることが民主化運動となった」と語った。
つづいて、文大統領は「釜山で弁護士として活動した私も違わなかった」と明かした。

光州の真実は私にとって無視できない怒りであり、痛みをともに分かち合うことができなかったという、あまりにも大きな負い目でした。その負い目が民主化運動に乗り出す勇気をくれました。それが私を今日、この席に立つまで成長させてくれた力になりました。

また「新たに発足した文在寅政府は、光州民主化運動の延長線上にある」という点を強調した。彼は「新政府は5.18民主化運動とろうそく革命の精神を重んじ、この地の民主主義を完全に復元する」とし、「光州の英霊が安らかに眠れるよう、成熟した民主主義の花を咲かせるだろう」と誓った。
文大統領は「新政権は5・18民主化運動の真相を究明するのに、大きな更なる努力をする」と約束した。「ヘリ機による射撃まで含めて、発砲の真相と責任を必ず突き止める」としつつ、「5.18の関連資料の廃棄と歴史歪曲を防ぐ」という。

o-1-570
文在寅大統領と丁世均(チョン・セギュン)国会議長が5月18日午前、光州北部にある国立5.18民主墓地で開かれた37周年5.18民主化運動記念式で遺族の追悼式辞を聞く中、涙を流している。





以下、文大統領の記念式辞の全文だ。

尊敬する国民の皆様。

今日5.18民主化運動37周年を迎え、5.18墓地に立って、非常に感慨深いです。37年前、あの日の光州は、私たちの現代史で一番悲しくて痛ましい場面でした。
私は80年5月の光州市民をまず思い浮かべます。誰かの家族であり、隣人でした。平凡な市民であり、学生でした。彼らは人権と自由を抑圧されない、平凡な日常を守るために命をかけました。私は大韓民国の大統領として、光州の英霊の前で深く感謝申し上げます。5月の光州が残した痛みや傷を秘めたまま、今日を生きていらっしゃる遺族と負傷者の皆様にも深い慰労の言葉を申し上げます。
1980年5月の光州は今なお生きている現実です。いまだに解決されていない歴史です。大韓民国の民主主義は、この悲劇の歴史を踏みしめて立ち上がりました。光州の犠牲があったからこそ、私たちの民主主義は持ちこたえて、再び立ち上がることができました。私は5月の光州の精神でもって、民主主義を守ってくださった光州市民と全南道民の皆様に格別の尊敬の言葉を差し上げます。
尊敬する国民のみなさん。
5.18は不義の国家権力が国民の生命と人権を蹂躙した私たちの現代史の悲劇でした。 しかし、これに対抗した市民の抗争が民主主義の道しるべを立てました。真実は長い間隠蔽され、歪曲され、弾圧されました。しかし、厳しい独裁の暗やみの中でも、国民ら、光州のともしびをたどって一歩ずつ進みました。光州の真実を伝えることが民主化運動となりました。
釜山で弁護士として活動した私も違いませんでした。私自身も5.18の時に拘束されましたが、私が経験した苦痛は大したことではありませんでした。光州の真実は私にとって無視できない怒りで、痛みをともに分かち合うことができなかったという、あまりにも大きな負い目でした。その負い目が民主化運動に乗り出す勇気をくれました。それが私を今日この席に立たせるまで成長させてくれた力になりました。
5月の光州はとうとう、昨冬に全国を灯した偉大なろうそく革命として復活しました。不義に妥協しない怒りと正義が、そこにありました。国の主人は国民であることを確認する喊声が、そこにありました。国を国らしくしようという激しい情熱とひとつになった心が、そこにありました。
私はこの場であえて申し上げます。新たに発足した文在寅政府は、光州民主化運動の延長線上に立っています。1987年6月抗争と金大中政権、盧武鉉政権の流れを継いでいます。
私はこの場で誓います。新政府は5.18民主化運動とろうそく革命の精神を重んじ、この地の民主主義を完全に復元するでしょう。光州の英霊が安らかに眠れるよう、成熟した民主主義の花を咲かせます。
私たちの社会の一角では依然として、5月の光州を歪曲して毀損しようとする試みがあります。容認できないことです。歴史を歪曲して民主主義を否定することです。私たちは多くの人々の犠牲と献身で成し遂げられたこの地の民主主義の歴史に自負心を持たなければなりません。
新政府は5.18民主化運動の真相を究明するのに、大きな更なる努力をします。ヘリコプター射撃まで含めて、発砲の真相と責任を必ず突き止めます。5.18関連資料の廃棄や歴史歪曲を防ぎます。全南道庁(*1)の復元問題は、光州市と協議して協力します。
完全な真相究明は進歩と保守の問題では決してありません。常識と正義の問題です。私たち国民みなが共に培わなければならない民主主義の価値を保存することです。
5.18精神を、憲法前文に盛り込むという私の公約も必ず守ります。光州の精神を憲法に継承する真の民主共和国の時代を切り拓きます。5.18民主化運動はやっと全ての国民が記憶して学ぶ、誇らしい歴史として位置付けられます。5.18精神を憲法前文に盛り込み、改憲を完了できるようにこの場を借りて国会の協力と国民の皆様の同意を丁寧にお願い申し上げます。
尊敬する国民の皆さん。
「あなたのための行進曲」は単なる歌ではありません。5月の血と魂が凝縮された象徴です。5.18民主化運動の精神、そのものです。「あなたのための行進曲」を歌うのは犠牲者の名誉を守り、民主主義の歴史を記憶しようということです。今日「あなたのための行進曲」の斉唱はこれまで傷ついた光州の精神をもう一度蘇らせることになるでしょう。今日の斉唱でもって不要な論争が終わることを望みます。
尊敬する国民のみなさん。
2年前、珍島・彭木港に5.18の母が4.16の母(*2)に送った横断幕がありました。「あなたの無念がよく分かる。頑張ってください。倒れないでください」という内容でした。国民の生命を踏みにじった国家と国民の生命を守れない国家を痛烈に叱る叫びでした。二度とこのような無念さが繰り返されないようにします。国民の生命と人の尊厳を天のように尊重します。私はそれが国家の存在価値だと信じます。
私は今日、5月の死と光州の痛みを自身のこととして世に知らせようとした多くの人々の犠牲と献身も共にたたえたいです。
1982年光州刑務所で光州真相究明のため、40日間の断食ののち、獄死した29歳、全南大学の学生のパク・ガンヒョン。
1987年、「光州事態責任者処罰」を叫びながら、焼身自殺した25歳、労働者のピョ・チョンドゥ。
1988年、「光州虐殺真相究明」を叫び、明洞聖堂教育館4階から投身自殺した24歳、ソウル大学の学生のチョ・ソンマン。
1988년、「光州は生きている」と叫び、崇実大学の学生会館の屋上で焼身自殺した25歳、崇実大学の学生のパク・レジョン。
多くの若者が5月の英霊の魂を慰め、身を投じました。責任者処罰と真相究明を促すため、命をかけました。国家が責任を放棄している時、すべからく明かして記憶すべきことのために自身を捧げました。真実を明かそうとしていた多くのジャーナリストや知識人も強制解雇されて投獄されました。
私は5月の英霊らと共に、彼らの犠牲や献身を無駄にすることなく、これ以上、悲痛な死と苦難がない大韓民国へと進みます。誠(真実)が嘘に勝つ大韓民国へと進みます。
光州市民にもお願い申し上げます。光州の精神で犠牲となり、生涯を生きてきた全国の5.18をともに記憶してください。もう差別と排除、銃刀の傷跡が残した痛みを踏まえて、光州が正義の国民統合の先頭に立ってください。光州の痛みが痛みにとどまらず国民みんなの傷と葛藤を抱く時、光州が差し出した手は最も丈夫で、強い希望になるでしょう。
尊敬する国民の皆さん。
5月の光州の市民らが分かち合った「おにぎりと献血」こそ私たちの自尊の歴史です。民主主義の本当の姿です。命が去来する極限状況でも、節制力を失わず、民主主義を守り抜いた光州の精神はそのままろうそく広場で復活しました。ろうそくは5.18民主化運動の精神の上で国民主権時代を開きました。国民が大韓民国の主人であることを宣言しました。文在寅政府は国民の意思を尊重する政府となることを光州の英霊の前で宣明します。
互いが互いのために、互いの痛みを労わう大韓民国が、新しい大韓民国です。常識と正義の前に手を差し出す人たちが多くなるほど、崇高な5.18精神は現実の中で生きる価値として完成することでしょう。
もう一度、謹んで5.18英霊らの冥福を祈ります。
ありがとうございます。

* 2016年冬、ソウル・光化門では連日、朴槿恵氏の弾劾を求めるデモが行われた。「ろうそくデモ」と呼ばれるものだ。だが、朴槿恵氏の弾劾要求デモ以前にも、同じ場所で遺族や市民団体などがセウォル号の真相究明を要求してきた。イエローリボンはセウォル号事件の追悼の象徴だが、光化門には今でもイエローリボンのモニュメントが置かれている。
*1 光州事件当時、市民が占領したのが全南道庁だった。
*2 セウォル号事件のこと。
ハフポスト韓国版より翻訳・加筆しました。


以上ハフポストJP「文在寅大統領「現代史の悲劇だった」 民主化運動を弾圧した光州事件から37年」より