写会人日記

2019年05月22日

より道、わき道、まわり道「お初天神今昔物語」

 今年1月に亡くなられた橋本治さん。窯変源氏物語を上梓されたとき橋本さんと比叡山に登り撮影したことがある。その30年前のネガフィルムを探し始め(ようと思って)4ヶ月。倉庫の整理されていない資料を前に捜索作業は遅々として進まない。というかほとんど探す時間がとれない。探し始めると思いがけないプリントやフィルムが出てきて、それを眺めたり、こんどはその関連の捜索を始めたりするものだから、進まないのはあたりまえだ。そのうちおもいがけない”それ”を見つけるのが楽しくなり、なにを探してたのか忘れてしまう始末。人生と同じだ。むしろその寄り道こそが大切なのかもしれない。わたしらくらいになると”探しもの”からでも人生を語れるのであるな。「より道、わき道、まわり道」これ大切かもしれん。人生と同じ。本道から外れたところに大切なものがある。このタイトルでなんか作りたいね。
 で、今回出てきたのは30年前のお初天神を撮影したネガ。お初天神境内には終戦直後から約30ほどの飲食店があってその飲食店が立ち退きを迫られた当時の写真だ。それを紹介しときます。またそれを出すなら現在と比べたほうがよいから、今の様子を撮影しなきゃ。という具合に広がっていくから、進むことなどまったくかなわぬ。

というわけで「お初天神今昔物語」です。順次追加していくかもしれません。発見の状況次第で。

左が30年前。右が現在。
_BCD4257
IMG_7703





_BCD4246
IMG_7701





_BCD4247
IMG_7865



_BCD4251
IMG_7853