写会人日記

2020年12月21日

観ずに死ねるか アニメ「ジョゼと虎と魚たち」

IMG_8645
IMG_8282
IMG_8283
IMG_8286
IMG_8287
IMG_8285
IMG_8644
「田辺聖子さん、知っていますか」ディレクターの崔さんから聞かれた。10年ほど前韓国観光公社の仕事で訪れたソウルでのことだ。知ってるどころかずっと撮影させてもらっている」と答えると「それはすごいです。映画『ジョゼと虎と魚たち』がソウルで人気で、原作者の田辺聖子さんも有名です」日本で大ヒットした映画だが、韓国でもヒットしていたのだ。主演の妻夫木聡もなんどもソウルに来てイベントやラジオに出たりしていたらしい。なんとなく誇らしかったのを覚えている。
 田辺聖子さんは昨年の6月お亡くなりになった。(わたしは現在まで喪中)。その後大阪、東京のお別れの会や、ほかの様々なメディアにわたしの撮影した田辺先生の写真が使われている。日本を紹介するフランス語の新聞にも載った。人物としては藤田嗣治、宇野千代に継いで3人目だそうだ。この際新聞写真ものっけときます。
 で、青春恋愛小説の代表とも言うべき名作「ジョゼと虎と魚たち」が、今度はアニメとなって12月25日にロードショー公開されるというのが本題。そのパンフレットの中の田辺先生の写真もわたしなのだなこれが。だからというわけではないけれど、必ず見に行くのだな。その手はずを整えるのだ。そんな大層なであるが。大層なのだ。合言葉は「鬼滅よりジョゼ」、うーん、いや「鬼滅もジョゼも」ですかね。それがいい。「ジョゼー」必見です。