写会人日記

2021年08月07日

菅、もうええやろ

菅慰霊式典02
「ひろまし…原発…し、ぼつ者…」慰霊式典冒頭からやってくれました。顔をあげずにずっと原稿読んでてこれだ。噛んだとかいう問題ではない。な〜んも伝わらん。それは菅がいま何をしているかが全くわかってないからだ。自分が何をしにきたのか、ここはどこかさえわかってないのではないか。そして小賢しさだけは残っていて、スピーチの肝心要の"核廃絶への決意"の部分をすっ飛ばし、「糊でひっついていてとばしてしまいました。お詫びします」と小学生のガキでも言わないような言い訳。とばした部分はこれだ。

「……広島および長崎への原爆投下から75年を迎えた昨年、私の総理就任から間もなく開催された国連総会の場で、「ヒロシマ、ナガサキが繰り返されてはならない。この決意を胸に、日本は非核三原則を堅持しつつ、核兵器のない世界の実現に向けて力を尽くします」と世界に発信しました。我(わ)が国は、核兵器の非人道性をどの国よりもよく理解する唯一の戦争被爆国であり、「核兵器のない世界」の実現に向けた努力を着実に積み重ねていくことが重要です。
 近年の国際的な安全保障環境は厳しく
(※太字は、首相が読み飛ばした部分)、核軍縮の進め方を巡っては、各国の立場に隔たりがあります。このような状況の下で核軍縮を進めていくためには、さまざまな場の国々の間を橋渡ししながら、現実的な取り組みを粘り強く進めていく必要があります」
そのせいで、「核兵器のない核軍縮の進め方を巡っては…」とわけわからん内容になってしまった。
もうええやろ、菅。
前日には感染拡大についての会見で「不要不急の外出の徹底!」と強い言葉で決意を語っていた。
ほんまにもうええやろ、菅。




psharuky at 23:49 │