写会人日記

2021年11月11日

巨星墜つ 瀬戸内先生よ永遠なれ

image
image

もう何も考えられません。一つの大きな時代が去り輝いていた大きな星が墜ちたという感じです。来年の5月15日で百歳。百歳祭をしましょうと言ってたのにね。でも一つ少ない白寿でというのが瀬戸内先生らしいかもしれません。いらんかもしれないけど今年の6月30日に撮った2ショット自撮りを添えて追悼の意を捧げたいと思います。それにしても先生の笑顔は最高です。わたしの知る限り世界一です。「笑顔はその人の一番いい顔」と先生。わたしは”いい顔”ができているでしょうか。今はとてもいい顔はできないけれど、いつか先生に追いつくいい顔ができるように精進したいです。ほんとうにありがとうございました。
寂庵で。
同じ日に撮った自撮り写真を追加しておきます。先生やっぱり最高の笑顔です。

psharuky at 23:59 │