写会人日記

2023年07月31日

大阪日日新聞 最終日 サヨナラと総括

大阪日日新聞最終紙面01
大阪日日新聞最終紙面03-01

大阪日日新聞がきょう7月31日付をもって休刊する。一面の片隅に休刊のお知らせが入っているが、紙面の内容は通常通りだ。履正社が甲子園を決めたという記事。天気予報も災害拠点病院の3割が浸水域という記事、ビッグモーター新たな不正の記事もある。潮騒には各記者の2〜3行のお別れの文があるが、しかしなんともかっこいい。淡々と通常業務をこなしている感が伝わってくる。それでも中面にはラジオで大阪日日新聞の記事を紹介し続けた浜村純さんのインタビュー記事や、各記者の担当してきた記事への思いやエピソードを綴った「日々是好日 また会う日まで」という紙面も。その中で10年半500回続いた「大阪モデルコレクション」の誕生秘話を松村記者が「ギネス級?連載終了に涙」と書いている。読んでこちらも泣きそうになった。これね、もうね、大偉業といっていいと思う。まだカメラは置かないと思うので(置かないが落とすことがある)、松村記者のいつかどこかで501回を、というもくろみもあながち無謀と言えなくもない。いややっぱり無理かな。いやいけるかな。思い迷う年頃なのである。大阪日日新聞最終紙面03-01-2

浜村さんのインタビュー記事、すごくいいので載せときますね。
大阪日日新聞最終紙面02


psharuky at 13:00 │