写会人日記

2024年01月09日

愛の終着駅

八代亜紀07-4-2
八代亜紀11-2-3また訃報。ええかげんにせーよ、だ。八代亜紀さんがお亡くなりになった。73歳。わたしと同い年。もう辛すぎる。先日は友人の、4歳下の辻純治さん。周りがおらんようになる。八代さんはキュートで人柄最高、しかも歌も上手い。(←ネタです)。舟唄、おんな港町、雨の慕情とヒットはたくさんあるが、大好きなのが愛の終着駅。♪ 寒い夜汽車で膝を立てながら書いたあなたのこの手紙……泣きたくなるよな名曲だ。ただこの歌でわからんことがあった。それを本人に直接聞く機会があった。35年前、婦人公論のモノクログラフ5ページで彼女を撮影した。場所は梅田コマの楽屋(写真)。「愛の終着駅好きなんですよ」「(嬉しそうな顔で)そう、わたしも」「聞きたいんですが、夜汽車に乗って手紙書いてるのは誰ですか」なにくきねんなという顔で「彼じゃないの、もう。"あなたのこの手紙"ってあるでしょ」「やっぱり。あなた宛のこの手紙と思ってました」二人で大爆笑。「ばかねぇ」と可愛くいう彼女の言葉に愛を感じた。間違いなく惚れました。
また眠れぬ夜になりそう。♪文字の乱れは線路の軋み…現代では考えられないいい情景だ。どうせ寝れないならどっぷり悲しみに浸かるのがいい。愛の終着駅を一晩中聴いてやる。







psharuky at 23:55 │