プレアシードジャパン株式会社 経営指標・フレームワーク

プレアシードジャパンのスタッフが財務分析用の経営指標や経営戦略用のフレームワークをまとめていきます

フレームワークに関する記事しか書いていなかったので、経営指標についても基本的なものをまとめておこうと思います。今回は「収益性分析」です。

収益性分析(しゅうえきせいぶんせき)は、財務分析の分野の一つ。企業がどれほどの利益を獲得しているかを分析するものである。 
引用:『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』
https://ja.wikipedia.org/wiki/収益性分析

【ROA (Return On Assets)=総資産利益率】
ROAとは、総資産利益率とも言われ、事業に投下されている資産が利益をどれだけ獲得したかを示す指標です。また、ROAは事業の効率性と収益性を同時に示す指標(後述しています)としても知られています。ちなみにROAは、Return on Assttsと英語で表記し、リターン・オン・アセットと読みます。
ROAの算式は以下のとおりです。
ROA= 当期純利益 ÷ 総 資 産 

【ROE(自己資本利益率)】
ROEとは、自己資本利益率とも言われますが、株主の持分である自己資本に対してどれだけのリターン(当期純利益)が生み出されているかを示す指標です。ROEは英語でReturn on Equityと表記され、リターン・オン・エクイティと読みます。
ROEの算式は以下のとおりです。 
ROE= 当期純利益 ÷ 自己資本 

【総資産回転率】
総資産回転率(総資本回転率)とは、事業に投資した総資産がどれだけ有効に活用されたかを示す指標です。
販売目的の資産である棚卸資産以外の資産が直接的に販売されて売上獲得に貢献することはありませんが、会社に存在する全ての資産が直接的に売上獲得に貢献したと仮定して、売上高が総資産の何倍あるかにより企業が調達した総資本の有効活用度合いを示したものが資産回転率です。
総資産回転率の計算式は次のとおりです。
総資産回転率= 売 上 高 ÷ 総 資 産

【財務レバレッジ】
財務レバレッジとは、自己資本を1としたときにその何倍の大きさの総資本を事業に投下しているかを示す数値です。
財務レバレッジの計算式は以下のとおりです。 
財務レバレッジ= 総 資 本 ÷ 自己資本

【 損益分岐点】
損益分岐点とは、利益も損失も発生しない、利益と損失の均衡した売上高をいいます。
損益分岐点の計算式は以下のとおりです。 
損益分岐点= 固 定 費 ÷ (1-変動比率) 

 
どれも非常に基本的な指標です。
でも、ご自身の会社やお気に入りの企業の数字を当てはめてみたことがある人は多くないと思います。
年度で比べるだけでも多くのことが見えてくると思います。

プレアシードジャパン株式会社 会社概要  
 評判 評判 評判 
プレアシードジャパン プレアシードジャパン
 

 
 
 

イノベーションinnovation)とは、物事の「新結合」「新機軸」「新しい切り口」「新しい捉え方」「新しい活用法」(を創造する行為)のこと。一般には新しい技術発明を指すと誤解されているが、それだけでなく新しいアイデアから社会的意義のある新たな価値を創造し、社会的に大きな変化をもたらす自発的な人・組織・社会の幅広い変革を意味する。つまり、それまでのモノ・仕組みなどに対して全く新しい技術や考え方を取り入れて新たな価値を生み出して社会的に大きな変化を起こすことを指す。
引用:『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』
https://ja.wikipedia.org/wiki/イノベーション

改善(かいぜん)とは、日本の製造業で生まれた工場の作業者が中心となって行う活動・戦略のことである。日本国外でも通用する言葉であり、本来の意味と区別するためにカイゼンKaizenとも表記される。
引用:『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』
https://ja.wikipedia.org/wiki/
改善


伊賀泰代さんの『生産性---マッキンゼーが組織と人材に求め続けるもの』(ダイヤモンド社)という本を読んで日常業務のあり方を「イノベーション」と「改善(インプルーブメント)」のどちらだろうかと考えてみました。


作業だけでなく、意識も含めて、そのほとんどすべてが「改善(インプルーブメント)」に該当するものでした。
・無駄の排除
・効率化
・スキルアップ など

一方で、社会の状況は日々大きく変化しています。
そのような環境においては「イノベーション(革新)」による生産性の向上が重要だと言われています。
・新技術
・パラダイムシフト(発想の転換)
・ビジネスプロセスの再構築 など

簡単なことではないのだと思いますが、せめてイノベーションを意識して行動していきたいと思います。



プレアシードジャパン株式会社 会社概要  
 評判 評判 評判 
プレアシードジャパン プレアシードジャパン
 

 

 

5W1Hは、一番重要なことを先頭にもってくるニュース記事を書くときの慣行である。欧米ではふつう「Five Ws」、「Five W's and One H」、または略して単に「Six Ws」と呼ばれるが、日本では更に「1H」を足して「5W1H」(ご・ダブリュ・いち・エイチ)とし「六何の法則」とも呼ばれる。
引用:『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』
https://ja.wikipedia.org/wiki/5W1H


 英語の授業で習ったような・・・気がしますが、これは物事を具体化するために使われる手法の1つです。
日常の「報・連・相」や事業の計画作成、システム開発の要件定義などビジネスの様々な場面で欠かせないフレームワークと言われています。
【When】:いつ
【Where】:どこで
【Who】:誰が
【What】:何を
【Why】:なぜ
【How】:どのように 
これらを明確にすることで、物事を具体化できます。
『抜け・漏れ』を防いだり、『納期・期限』を意識したりできるでしょう。
チームや組織のタイムマネジメントもかなりスムーズにできると思います。
『当たり前』『例年そうしている』などの枕詞がつきそうな物事・案件などには特に有効なのではないでしょうか。

私自身も現在のプロジェクトの5W1Hをしっかりと確認したいと思います。

プレアシードジャパン株式会社 会社概要  

 評判 評判 評判 

 

↑このページのトップヘ