治蝶の俳句の散歩道(ちょっといい話)お勧め順

◎ 俳句紀行中での話題などを掲載しています。(不定期)

雷門について


◎ 「雷門について」 《治蝶の俳句の散歩道(ちょっといい話 その四百五》

● 平成三十年十月六日 土曜日
○ 八月日々折々 その十七 秋晴

秋の旅神谷バー前右折して
秋小旅妻と雷門通り
秋の午後二人し向かう雷門
秋小旅雷門は目の前に
秋の旅二人し潜る雷門
秋の旅大提灯の下くぐる
秋小旅仲見世通りを二人して
秋の旅仲見世通りに人あまた
秋晴に国内外の客あまた
秋の旅雷門の国際化 
旅の秋雷門の国際化 
秋の旅佃煮屋により土産買う                 飯島 治蝶

(八月下旬 浅草観光と浅草サンバカーニバル③)

 「雷門について」

 雷門(かみなりもん)は、浅草寺の山門。東京都台東区浅草一丁目2番 - 3番地に位置する。正式名称は風雷神門(ふうらいじんもん)であり、「雷門」と書かれた提灯の逆側には「風雷神門」と書かれている[1][2]。日本を象徴する風景として、外国人向けに日本を紹介するパンフレット、お土産のレリーフなどに採用されることが多い。
 門に向かって、右側に風神、左側に雷神が配される、朱塗りの山門である。門の中央には、重さ約700Kgの提灯が吊りさげられており、浅草のランドマークとなっている。(フリー百科事典『ウィキペディア:Wikipedia』より転載)

東武スカイツリーラインについて


◎ 「東武スカイツリーラインについて」 《治蝶の俳句の散歩道(ちょっといい話 その四百四》

● 平成三十年十月四日 木曜日
○ 八月日々折々 その十五 秋空

秋の旅先ず松戸より北千住
秋小旅北千住にて乗り換えて
秋に乗る東武スカイツリーライン
秋の旅次第に近づくスカイスリー
秋の旅目の前にスカイツリー駅
秋の旅駅前に大きスカイツリー
秋空を背にして高きスカイツリー 
秋空にすっくと東京スカイツリー                  飯島 治蝶

(八月下旬 浅草観光と浅草サンバカーニバル①)

 「東武スカイツリーラインについて」

 伊勢崎線(いせさきせん)は、東京都台東区の浅草駅から群馬県伊勢崎市の伊勢崎駅を結ぶ東武鉄道の鉄道路線である。2012年3月17日より、浅草駅 - 東武動物公園駅間・押上駅 - 曳舟駅間には「東武スカイツリーライン」という愛称がつけられた[1][注 1]。
 駅ナンバリングの路線記号は浅草駅 - 東武動物公園駅間および押上駅 - 曳舟駅間がTS、和戸駅 - 伊勢崎駅間がTI。(フリー百科事典『ウィキペディア:Wikipedia』より転載)


浅草サンバカーニバルについて


◎ 「浅草サンバカーニバルについて」 《治蝶の俳句の散歩道(ちょっといい話 その四百三》

● 平成三十年十月四日 木曜日
○ 八月日々折々 その十五 秋空

秋晴に浅草サンバカーニバル
秋の晴妻と縁者の応援に
秋の晴観光兼ねて応援に
秋晴に妻連れサンバカーニバル
秋晴に妻と一緒に浅草へ
秋の晴正午過ぎ妻と浅草へ
秋の晴松戸駅より浅草へ                    飯島 治蝶

(八月下旬 浅草観光と浅草サンバカーニバル①)
 

 「浅草サンバカーニバルについて」

 浅草サンバカーニバル(あさくさサンバカーニバル)は、東京都台東区浅草で行われるサンバのパレード及びコンテストである。第1回は1981年に行われて今日まで続いている。日本で最大のサンバカーニバルのコンテストとして知られる。
 概要[編集]
 浅草サンバカーニバル実行委員会による主催で、毎年8月の最終土曜日に開催される。約50万人の人出がある。
 各サンバチームの規模に応じてリーグ制によるグループ分けがなされている。リーグ制はこの数年にいくつかの変遷があったが、2007年では出場順から、地域のブラスバンドなどによるコミュニケーションリーグ、企業チームによるテーマ・サンバリーグ、S2リーグ、S1リーグの4つのリーグに分けられている。このうち、S1とS2リーグではパレードの内容をコンテストで競う。
 S1及びS2リーグでは、リオのカーニバルになぞらえて、パレードの内容を審査員や沿道の観客によるモバイル投票などの採点方式により順位や優勝が競われる。その年にS1リーグで最下位となればS2リーグへ降格、またS2リーグで優勝したチームはS1リーグへ昇級、翌年にまたそこで順位や優勝を競うことになる。(フリー百科事典『ウィキペディア:Wikipedia』より転載)


プロフィール

治蝶

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ