S2000と365日

愛車はHONDA S2000 そのオーナーは95年生まれの若造。 クルマ道楽的なブログです。

image
【県道55号線 群馬の山中にて】

ハッキリしない今年の梅雨空を見かねて、また走って来ました。(笑
それにしても今年の梅雨は雨がまともに降りませんね。。気候もなんだか、梅雨前の5月より涼しくて初夏っぽい。(笑 雨が続くだろうと決めつけて、仕事に精を出そうなんて意気込んでいましたが、ここまで晴天続きだと仕事に身が入らんです(--;) 出掛けたこの日に限って曇ってましたケド。

この日の走りの舞台は群馬県の吾妻郡。群馬県西部は走りごたえのあるワインディングがあって無意識に足を運んでしまうんですねえ。(笑 (ホントに不思議だ)
ツーリングマップルでオススメされている、県道55号線を初めて走りました。国道292号線と国道353号線を結ぶ県道で、1.5車線のタイトな区間と2車線の快走区間が複合していました。
そのあとは
R353→R145(中之条)→K36→R17(沼田)→R145→R292 の順で帰宅。
とにかくこの日は「無心」でした。(笑 なので写真もほとんど撮ってませんし、トイレ休憩で中山盆地の道の駅に寄っただけ。。 帰りは吾妻渓谷通って帰ろうと思ったら、八ッ場ダムの建設で既に通行止め。。そうとは全く知りませんでした。

image
先週から終日通行可能になった志賀草津道路。完全に雲の中で、視界が全くありませんでした(汗

帰宅後、謎の体調不良に襲われ(笑 週明けの仕事を早退してしまうという、社会人としてちょっとよろしくないなと反省。しばらく大人しくしてますかね。
image

白馬(正確には大町市)から日本海のある糸魚川市へは、国道148号線が通っている。その昔、日本海から信州への海産物の流通路として機能していたこともあり「塩の道」と呼ばれたりと、物資輸送の主要な交通路だということが分かる。

白馬まで来たら海へ下って8号線で上越廻って帰る、というルートが自然とアタマの中でプランニングされ、国道148号線を北上します。

image
山は見慣れた「長野県民」ではありますが、(笑)「日本の屋根」と称される北アルプスの雄々しい佇まいには、目を見張るものがありますなぁ。やっぱり風格が違うぜっ。北アルプスをバックに河川の上流を眺める写真て撮ってみたかったんだよな~。(時間帯はかなり厳しいけど。。)緑鮮やかな河原と残雪を被る山脈は、初夏の信州を謳う風物詩といっていい。

途中、白バイと覆面をも巻き込んだ単車の暴走族とすれ違う。台数は、ざっと100台オーバー。隊列の先頭に白バイがペースカーの如く先導して、列の合間合間にまた白バイと覆面が引っ付いて暴れようとする軍団達を抑制していた。(笑) 流石の爆音にサイドウィンドウを上げたけど効果無し。(当たり前だ)片手で片耳塞いでその場凌ぎ。←凌げてないけど。、(笑)

image
image
国道の脇にひっそりある南小谷駅。数年前までは、新宿からの直通特急列車の定期運用もあったようだけど、とてもそうは思えないくらいローカルな駅。駅前には酒屋さんが一軒。かなり狭い駅前広場には時よりバスが出入りして、そのデカイ箱形ボディーでかなりスペースをとっていました。バスの運ちゃんも大変ね。。

image
駅の構内には何故か除雪機。(笑) 通年そこにいらっしゃるのかい(・・?

国道148号線は、姫川の渓谷に沿って糸魚川を目指します。が、渓谷と言っても道路は長いトンネルやら、スノーシェルターが大半を占めるため、景色はほぼ見えないという。。。おまけに大型トラックなど通行量も多くいので延々と隊列を組んで走るしかありません。(涙) 長いトンネルでトラックの後ろに付いてしまったら、排ガス浴び放題でオープンカーにはツラい。。。
視界が開けたときには、既に山を下り終えているので、峠道走って来た感はあんまり無いです。

image
山脈と日本海の間には、田園風景が広がっていて、穏やかな風が吹いていました。

image
image
梅雨入り前のアルプスから日本海まで走りきりましたv

image
小川村を過ぎると県道31号線は、南に進路を変える。ぼんやり走っているとそのまま直進してしまうので、注意が必要だ。
もちろん直進してもK33かK324があるので、白馬に行くことは可能ですが、僕のドライブではその時の気分と匂い(←謎)で走る道路が決まるのでね。(笑)

image
この日は基本的に隊列を組みながらの、マッタリとした締まりの無いドライブが続くのでありました。。 写真を見る限りじゃ「走り放題じゃん?」てお思いでしょうが、この道路かなり交通量が多かったわけで、、 

image
そうこうしているうちに、大糸線と交差してから国道148号線に出ます。隊列組んできたクルマ達は、みんなこぞって松本方面に曲がって行った。。僕は白馬方面に。
写真は木崎湖を背景に一枚撮ったもの。長野在住の身ではありますが、クルマで白馬に来るのは初めてなんです。(笑) その前はと言うと、中学生の時かなぁ。(恥)学校行事で「登山」という設定があり、屁理屈言いながら登らされたじゃなくて、登ったな~(懐)
他県の学校には登山という設定はあるのかな。。

その先に進んでいくと、青木湖があるので国道からそれて湖岸を走ってみました。。

image
1.5車線くらいの道もなかなかの味わい。国道がかなり単調だったこともあってか、狭路が途中にあっても気にならず。

image
木の葉の影からエメラルドブルーの湖面が見えました。うぉぉぉ、超綺麗だぁ~ってつい口に出してしまうほど。不思議と湖が多いこのエリア。キャンプ場の看板もちらほらあったけど、人っ子ひとり居やしない。。。

image
image
初夏の爽やかな風が湖岸を吹き抜ける。サラサラと肌触りが心地よいオープンエアーを感じながらドライビングを楽しむ贅沢な時間。人もクルマも皆無と言っていいほど見なかったけど、自然豊富なこのエリアを独り占めできたと思えば悪い気はしないね^^

このページのトップヘ