御覧の通り、私は運動をします。ただ、痩せる為に運動しているわけではありません。強いて言えば、いつまでも活発的でありたい願望からでしょうか。下手の横好きでなんでもやりますが、特に好きなのが有酸素運動が中心です。BMIや体脂肪率なんかも、まぁ普通の域だと思っています。基礎代謝量は通常よりはやや多いかもしれません。そんな感じなので、普通の人よりも多めに食って、週3,4程度運動すれば体重を維持できます。特に痩せたいという願望も無いので無理に食事制限はしませんし、食べるのも好きなので食べ、多ければその分動くという感じでやってきています。


■用語
ここで取り上げてきた中で、何のことだか解からないという言葉もあると思いますのでおさらいしておきます。

・基礎代謝量
特別に運動をしない普段の生活で消費されるカロリーの事で、体重により変動します。また、筋肉が多いとより多く消費するため、同じ体重でも筋肉が多い人の方が痩せやすい事になります。

・BMI
体重と身長から計算した指標のような数字です。体重(kg)÷{身長(m)^2}で求め、22あたりが標準と言えます。この値が少ないほど「痩せている」、多いほど「太っている」と言えます。また、標準から離れるほど病気になりやすいと言えます。あくまでも体重という曖昧な要素でしか見ていないので筋肉が多い人はこの限りではありません。また、標準体重でしたら、身長(cm)−110で大体の標準体重も出ます。

・体脂肪率
身体に占める脂肪の割合です。これは専用の機械(「IN BODY」が有名)を用いて計ります。

・ダイエット
健康を維持するための必要十分な栄養を取り、且つ取り過ぎない事を言います。痩せる、脂肪を落とす、といった意味はありません。世の中では間違った言葉の、効果を助長させる使い方がありふれています。


■遺伝?体質?
太っている人は自分が太っている事に対してよく言い訳をします。(女性ほど多いです)

「両親も兄弟も太ってるから遺伝なんです」
「私は太りやすい体質なんです」
→遺伝や体質で太る民族は日本では存在していません。アフリカの少数民族でその遺伝子は発見されていますが、海外でも非常に珍しいです。サッカーのマラドーナがまさにそれですが、繁栄時はサッカーという激務として標準体型を保っていましたが、引退と同時に小錦級に太ってしまいました。遺伝子や体質が原因ならこうなる筈です。

「頑張ってるけど痩せれません」
→一体何を頑張っているのでしょうか。太るという事は、摂取カロリーが基礎代謝量と運動での消費カロリーの和よりも多いから太るのです。実に単純な計算です。

「デスクワークだから太ってしまいます」
→大半の人がデスクワークです。身近にいる人は全て太っていますか?そんなわけないでしょう。仕事の合間やトイレ等で少し身体を動かしたり、仕事中の間食を無くすだけでも効果はあります。


■○○ダイエット
手を変え、品を変え、毎日のように様々な方法が紹介されますが、そのほぼ全てがやるだけ無駄(=金を出すだけ無駄)であると確信しています。過去に太っていた時期が長かった人ほど、こういった物に簡単にコロリと騙され購入してしまい、さらにリバウンドするという悪循環を繰り返しています。現に、数年前に流行った方法を誰が今尚やっているでしょうか・・


■ダイエット食品って何よ?
栄養素をバランスよく集め、カロリーを抑えた食品の事です。勿論、バランスよく集めただけで摂取すべき必要量には及ばないため、不足していると言えます。摂取すべき必要量に合わせるとカロリーオーバーになりやすいです。何故かって、それは食べやすいように味付けされているのでその分カロリーが余計に増えるからです。


■カロリー
【摂取カロリー】>【基礎代謝量】+【運動での消費カロリー】

>ならば太り、<ならば痩せ、=ならば現状維持です。とても単純な話です。


■バランスの取れた食生活
必要な栄養素をどれだけ摂ればよいかは厚生省が定めております。この基準値よりも少ないと身体に様々な影響を及ぼします。肌の劣化や集中力の低下等、実に様々あります。バランスよく必要十分なだけの栄養素を取得するようにしましょう。カロリーのみ減らしたところで栄養素が足りなければ何の意味もありません。美味しい食事である程、脂質等太る要素が大きくなります。できればファーストフードも永遠に止めましょう。


■運動
週2,3回程度の適度な運動が必要です。まず、ストレッチをして身体を動かす準備をし、基本的な無酸素運動(筋トレ)、有酸素運動を30分前後行い、最後に使った筋肉をストレッチでほぐしてやります。

ストレッチは様々なモノがありますが、柔軟運動というよりはこれから使う筋肉、使った筋肉をよくほぐしてやるつもりで同じ姿勢のまま30〜60秒くらいは保たせます。基本的な動作でも10種類くらいはあるので、2,30分はかかります。

無酸素運動、つまり筋トレですが、書籍等を見ながら正しい姿勢や動き方を身に着けましょう。はじめのうちはこれだけで十分です。姿勢が悪かったり、自己流でやると効果が無いばかりか、身体を壊してしまう事も多々あります。腹筋にしても10年前と今では考え方が変わっており、正しいやり方で軽い負荷から始めましょう。

有酸素運動は、運動習慣の無い人はウォーキング3,40分を、慣れた人なら1km7,8分程度のペースでジョギング、さらに慣れたらもっと早いペースにしたり、ビルドアップ等色々走り方を変えていくとよいです。尚、エアロバイクはウォーキングよりも効果が無いので運動し始めに5分程度身体を温める分には構いませんが、それを有酸素運動にしたところで大した効果は得られません。膝が悪い人は水泳もお奨めです。水中歩行も負荷がかかるのでお手ごろな筋トレにもなってよいと思います。ウォーキング等負荷の軽いモノでは3,40分、ジョギングや水泳は20分以上続ける事が大事です。ジョギングでLSDという言葉があります。これは、ロング(長く)・スロー(ゆっくり)・ディスタンス(距離)といい、ゆっくりなペースで長い距離を走り続ける事を言います。勿論、早く走ればその分カロリー消費は大きくなりますが、長い時間・長い距離走り続ける事は難しくなります。ゆっくりペースなら長く続けられますのでLSDでやってみると非常に効果的です。

運動後の疲労回復や筋肉痛予防のためにストレッチは入念に行いましょう。

着替え等の時間も含めて2時間程度が望ましいです。


■考え
巷には様々なダイエット方法が紹介されていますが、正解は【正しい食生活と適度な運動】のただひとつだけだと考え、それ以外の方法は全て嘘っぱちだと確信しています。納豆ダイエット、豆乳クッキー、断食、それら全て成功しない方法です。でも、購入者や試す人はあとをたちません。購入者のほとんどは、今まで一切の苦労もせずに太り続け、正常な判断もつかなくなってしまったのですから、目の前に餌を差し出されば疑いもせずに信じ込んでしまってもしょうが無いでしょう。彼らはそうやって大金を搾り取られつつ、脂肪は絞る事なくまた次の「簡単な方法」ばかりに目を移らせていくのです。実に悪循環ですが、間違った認識の区別がつかなくなってしまった以上、常人より非常に苦労しなければ常人に戻れる事は無いでしょう。残念ながら、こればかりは本人の意思に依ります。太り続ければ筋肉は衰え、だるくなり、免疫が低下し、病気になり、早死にします。いくら太っていても【正しい食生活と適度な運動】を【長続き(半年以上)】させれば次第に常人のようになれます。目先の「1日で5kg痩せた」「寝てるだけで10kg減量」等のような餌ばかり追いかけていては可能な事さえ不可能になります。全ては、自身の努力次第で何事も変える事が出来る、そういう事を身につけて欲しいものです。