でんさんの家ブログ

DENアーキテクツ一級建築士事務所の山内真人が綴る家についてのお話

「DEN HOUSE BOOK」私たちの事務所DENアーキテクツ一級建築士事務所の本が出来上がりました。対話から始まる理想の家づくり。内容も濃いものになってると思います。家づくりのヒントになれば、嬉しいです。http://www.den-jp.com ...

崖に家を建てることはとってもチャレンジなこと。誰もができる事ではありません。そこにはリスクを背負う覚悟が必要です。崖の上に建てる家、下に建てる家、中腹に建てる家、崖を削って建てる家、それぞれ大変な作業ですがその困難を乗り越えるとその建物は誰も手にした事の ...

5月15日号のブルータスの特集に1964年完成のヴィンテージマンション訪問記が掲載されています。文京区春日に有る川口アパートメント。東京オリンピック開催年に竣工した当時の技術では最高の超高級マンション。この次の年にはオリンピックに因んでこれはまたマンションの草分 ...

GW最終日前日、終の住処プロジェクトのスタートとして室内楽コンサートを開催しました。連休始めに建築主さんでもある近隣の演奏家の方と一献酌み交わしているときに家の住処としての役割について家内の思いからの提案。子育ても終わり、家族の単位が小さくなった家。当然 ...

現場に行く足として使用しているスマート。職人さん達の車で一杯な現場でも普通車では止められないちょっとした隙間が有ればなんと駐車できます。 乗り降りもバイク感覚でその気軽さがとても気に入っています。ただ車をコンパクトにするために何をするにも特殊な工具が必要だっ ...

相模湾を望む敷地は約25度の斜面を含む崖地扱いの傾斜地でした。環境や立地が良くてもこのような土地を購入して家を建てるとなるとかなり勇気が必要です。どれだけの予算を用意すれば良いか、地震が来たときはどうなるのか、実際の内部プランはどうなるのか等考えれば考える ...

横須賀の町の一角、解体を前提とした建物の定期借家物件で相談を受けました。依頼主さんはすぐ隣接にファッション・アクセサリーのお店を営業されているのですが、建物がなんとか使えれば移転したいとのお話でした。建物は戦後に廃材を集めて建てられた木造2階建ですが、土 ...

私たちが、ダイニングキッチンを家族が集う“家の核”として大切に考えていることは以前から書いている通りです。それに対してリビングは、例えばスポーツをテレビ観戦しながら家族皆で楽しむスペース、夜、大人だけのゆったりした時間を過ごすスペース、お客様に対応する応 ...

D 建築を志してからいろいろなものを造りたいと貪欲に取り組んできたけれど、今改めて一番造りたいものは何かと考えら、“日本の将来を担う若い人たちがもっと希望を持てる家”なんだよね。今の若い世代は、かなり苦しい時代を生きているからなおのこと、「自分の家族や自分 ...

T 建物の造り方にもいろいろあるけれど、住宅の場合は特に内部のプランが大切で、外観にこだわりすぎると、住宅として成り立たなくなることもある。例えば教会が、まず外観ありきで造るのは、権威の象徴であることが求められるからと理解できる。中で信者が生活するわけでは ...

↑このページのトップヘ