2016年09月06日

「タイ国際結婚の現場から」06092016を更新しました。


今日の「タイ国際結婚の現場から」のお題は「国際結婚ができる男性とできない男性」 です。

タイ人女性の紹介の詳細とお申込みは、下記の弊社のウェブサイトをご覧下さい。 
 会社のロゴ
弊社のWeBサイトはこちらからご覧ください。 
 
読んで頂いた後、ポチッと押してくださると嬉しいです。                  
      ↓↓↓↓↓↓↓↓

  1. にほんブログ村
  2. 人気ブログランキングへ





弊社のフェイスブックです。会社の業務内容や情報を発信して
います。BRING LUCKCo.,Ltd









pts999 at 16:56コメント(0) 

2016年09月05日

「タイ国際結婚の現場から」を更新しました。


今日の「タイ国際結婚の現場から」のお題は「難しい時代だからこそ、国際結婚かもしれない」です。

タイ人女性の紹介の詳細とお申込みは、下記の弊社のウェブサイトをご覧下さい。 
 会社のロゴ
弊社のWeBサイトはこちらからご覧ください。 
 
読んで頂いた後、ポチッと押してくださると嬉しいです。                  
      ↓↓↓↓↓↓↓↓

  1. にほんブログ村
  2. 人気ブログランキングへ





弊社のフェイスブックです。会社の業務内容や情報を発信して
います。BRING LUCKCo.,Ltd









pts999 at 17:06コメント(0) 

2016年07月18日

私がラオスへ行った理由-1

 7月12日〜15日までラオスのビエンチャンへ行ってきました。バンコクから飛行機で1時間20分なので、あっという間に着きました。

 空港に降り立ってまず感じたことは「静かだな」でした。むっとする熱気の洗礼もなく、只々静かな佇まいの空港でした。

 イミグレーションも問題なく通過し、空港ロビーでタクシー頼んだ。空港の外で タクシーを待っているとボロボロの車がやって来た。

 26年前、初めてバンコクに来て、ドンムアン空港でリムジンタクシーを頼んだら、ボロボロのクラウンに乗せられたのを思い出した。

 ビエンチャン空港からホテルまで300バーツ。空港でもタクシーの運転手にも、 タイ語が通じたので少し気分的に楽になった。

 1日目はホテルの近くにあったカフェで夕食を取り、楽しみにしていたラオスビールも飲まず、明日のビザ申請のために就寝。

 今まで一度もビザを切らしたことがなかったのに、今回はある出来事がきっかけでビエンチャンへ来なければいけなくなったのでした。

読んで頂いた後、ポチッと押してくださると嬉しいです。                  
      ↓↓↓↓↓↓↓↓

  1. にほんブログ村
  2. 人気ブログランキングへ




会社のロゴ
弊社のWeBサイトはこちらからご覧ください。    

弊社のフェイスブックです。会社の業務内容や情報を発信しています。


pts999 at 19:32コメント(0) 

2016年07月10日

夜はいつまで電話をして良いのか。

 今回はオジサンの昔話ということで。

 今日タイ人スタッフから「女性会員の申込みで、朝6時に電話がかかってきた」と 聞いた。そんなに朝早く電話をしてきて、非常識なと思ったのだが、そういえばタイでは、何時に電話をしたらいけないとかあるのかな?とふと思った。

 私は父親から夜8時を過ぎたら、人の家に電話をするなと言われていた。それは電話をした相手が「何か悪いことでもあったのか?事故でもあったのか?」と心配するからだと教えられた。

 今は携帯電話の時代だから、そんなことを言う人はいないだろう。でもそう教えられたので、今でも夜8時過ぎの電話は、するのも気が引けるし、かかってくると「何かあったのか?」と身構えてしまう。

 その点タイの人は、余り相手の時間を気にしないで電話をするような気がする。 皆が皆そうではないが、深夜、早朝構わず、自分の気持ちや気分でかけてくる人も 多い。

 携帯電話が普及して数段便利になったが、便利さの故に昔は感じなかったストレスを感じるのが、現代社会なのかもしれない。 

 読んで頂いた後、ポチッと押してくださると嬉しいです。                  
      ↓↓↓↓↓↓↓↓

  1. にほんブログ村
  2. 人気ブログランキングへ




会社のロゴ
弊社のWeBサイトはこちらからご覧ください。    

弊社のフェイスブックです。会社の業務内容や情報を発信しています。


pts999 at 20:38コメント(0) 

2016年07月07日

計算しましょうよ。

 昨日は入国管理局へ行ったのだが、撃沈されて家に戻った。事の顛末は、もう少し時間がたってから、書きます。

 タイでは車の価格が高いので、5年とか7年の車のローンを組む人が多い。まぁローンが長くなれば、長くなる程、利子が多くなるので、なるべくローンの期間は短い方が良いと私は考える。

 でもタイの人を見ていると、この辺りを考えずにローン会社の人に進められるまま、長期ローンを組む人が多い気がする。

 その点を指摘すると「ローンの期間が短いと月々の支払が多くなる」と言うが、 きちんと計算してみたと聞くと、していないと答える。

 人それぞれ考えがあるので何とも言えないが、私はローンの期間は短い方が良いと考えるので、できるだけ頭金を貯めてから車を購入しようと考える。

 まぁこれだといつ頭金が貯まるかも分からないので、この車買いたいと思っても、すぐには買えない。でも「それはそれで仕方がないな。今、お金が足りないから」と私は考える。

 しかしタイの人の多くは「今、欲しい。買いたい」となり、長期のローンを組み、まずは現物を手に入れるのである。

 先日、弊社の社員とそんな話をしていて、利子を計算してあげたら、本人も「そんなに利子を支払うんだ」とビックリ仰天していた。そしてもう一度ローンの期間を 考えると言っていた。

 「うん、その方が良いよ。利子が減った分、お母さんへの仕送りが増やせるよ」と話す。皆で賢く生活しようよ・・・、と言いたかったが、タイ語が直ぐに出ませんでした。

 読んで頂いた後、ポチッと押してくださると嬉しいです。                  
      ↓↓↓↓↓↓↓↓

  1. にほんブログ村
  2. 人気ブログランキングへ




会社のロゴ
弊社のWeBサイトはこちらからご覧ください。    

弊社のフェイスブックです。会社の業務内容や情報を発信しています。


pts999 at 22:04コメント(0) 

2016年07月04日

昼と夜のパッポン

 今日の昼休みは、パッポン通りを抜けて用事を済ませに行った。昼はどこか気の抜けたような気怠い感じが、この通りには漂っている。

 これがタニヤ通りだと日本食店が昼から営業しているので、まだ活気がある。夜の 喧騒とは正反対の間の抜けた感じは、私が働いていた名古屋駅西口の映画館の周辺に 似ていて懐かしい。

 夜の準備のためにお酒を納品している業者がいたり、お店の開店まではまだまだ時間があるのにメニューを持って、ダラーとお店の前に座っているおばさんなど、私にとっては、昔見たことのある風景である。

 パッポン通りの中ほどにタイ料理の一膳飯屋があった。ちょっと覗くとおかずの入ったトレイが、たくさん並べられていた。そう言えばソイカーボーイにも、こんなお店があった。

 夜は外国人の旅行者や男連中で溢れる通りだが、昼間にこんな一膳飯屋が開いているのも、タイらしい気がする。

 きっと周辺の会社員やOLを狙ってのことだろうが、繁盛していた。きっとおかずも、美味しいのだろう。今度ここに食べに来てみよう。

 読んで頂いた後、ポチッと押してくださると嬉しいです。                  
      ↓↓↓↓↓↓↓↓

  1. にほんブログ村
  2. 人気ブログランキングへ




会社のロゴ
弊社のWeBサイトはこちらからご覧ください。    

弊社のフェイスブックです。会社の業務内容や情報を発信しています。


pts999 at 23:58コメント(0) 

2016年07月03日

やっと社会が成熟してきたのかな。

 バンコクの渋滞が酷いのは、皆さんが知っていることである。この渋滞が起こる 理由は、バンコクを走っている車の量が多いのと、タイ人の運転マナーの悪さが一番の原因であると私は思っている。  
 
 その渋滞を見ていていつも思っていたのは、例えば急病になり救急車に乗っても、病院に着く前に死んじゃう人が多いのではないかなである。  

 それは日本のように緊急車両が通る時は、左に寄り、緊急車両を通しましょうと いうルールが、タイ人運転手の間に浸透していないからである。  

 だから救急車が渋滞に阻まれ、動けない光景をバンコクでは良く見ることになる。  

 しかし最近「救急車が通る時には、左に寄りましょう」キャンペーンのCMを見て、ようやくここまで考えるようになったのか!と感慨深いものがあった。  

 でも本当にやれるのかな〜?と思っていたら、今朝、救急車がサイレンを鳴らしながらやって来ると、前方の車が左に寄って道を開け、救急車を通していた。  

 「オー、早速キャンペーンの効果が出ているじゃないですか。タイ人はすごい素直だな」と涙が出そうになった。  

 そう一人で感動して、救急車の行方を見ていたその時・・。救急車を通すため左に寄ろうとした車の進入を防ごうとスピードを上げ、車間距離を詰めた車がいた。  

 「フー、まだまだ時間がかかるね」と流した涙も引っ込んだのでした。

 読んで頂いた後、ポチッと押してくださると嬉しいです。                  
      ↓↓↓↓↓↓↓↓

  1. にほんブログ村
  2. 人気ブログランキングへ




会社のロゴ
弊社のWeBサイトはこちらからご覧ください。    

弊社のフェイスブックです。会社の業務内容や情報を発信しています。


pts999 at 20:12コメント(0) 

2016年07月02日

いい加減にしろ!

 今朝は激しい雨音で目を覚ます。今の時期涼しくて良いのだが、タイの雨は日本のようにシトシトと降る雨ではなく豪雨なので、それが困る。

 通勤のために長靴を買おうかなと思う今日この頃。なぜなら豪雨になると、会社の前が洪水になるからである。警備員のオジサンは、そんな時しっかりと長靴を履いていましたけどね。

 「いい加減にしろ」と言ったのは、某緑色銀行のコールセンターの人にである。 先日、別のコールセンターの人の説明通りに申請書を書いて提出したのに、記載ミスがあるから申請を受け付けられないと仰る。

 昔から短気ではあるが、この申請手続きにかかって2週間近く経つのに、まだ終わらないので上記の言葉が出たわけである。

 そしていくら説明してもコールセンターの人は、自分達の仲間が申請用紙記載の 説明を間違えたことについて認めないので、録音した会話のテープを確認してくださいと話す。それも5回ぐらい言ったら、渋々承知していた(いつもは会話録音なんて 気持ち悪いと思っていたが、役に立ちました)。

 2時間後、某緑色銀行コールセンターから電話があり「担当者の説明ミスでした。 早急に申請事項を処理します」となった。

 大きな声で叱らないと問題解決のために動かないタイ人気質を見る度にハァーと ため息がでるのである。

 読んで頂いた後、ポチッと押してくださると嬉しいです。                  
      ↓↓↓↓↓↓↓↓

  1. にほんブログ村
  2. 人気ブログランキングへ



会社のロゴ
弊社のWeBサイトはこちらからご覧ください。    

弊社のフェイスブックです。会社の業務内容や情報を発信しています。


pts999 at 19:28コメント(0) 

2016年07月01日

タイ人スタッフとの仕事

 6月は何となく慌ただしいまま、アッと言う間に過ぎてしまった。会社の決算やお客様が日本から来られたり、労働許可書やビザの延長手続きなど、しなければならないことが一杯だった。

 でもそれが何とか処理できたのも、弊社のタイ人スタッフが頑張ってくれたからである。ここは日本と違い、書類が揃っていれば、全てが順調に手続きが済む所ではないので、色々と気を使う。

 最近、最終的な決断は私がするのだが、私が直接相手先のタイ人担当者と話をしない方が良いなと思う。私がガチャガチャ言うよりは、タイ人スタッフの話し説得した方が、相手のタイ人担当者も良く理解してくれる。

 それができるのも弊社のタイ人スタッフが、私の考えていることや意図することを理解して行動するからである。

 ただそれに私が甘えてもいけないなと戒めるのは、彼女達と私は長く一緒に仕事をしているので「これぐらいは言わなくてもわかるだろう。理解してよ」と私が思ってしまうことである。

 そういう風に思いだすと、いい加減な説明をしてしまうので、タイ人スタッフにも私の思うことが良く伝わらなくなる。そしてスタッフも、きちんとした仕事ができなくなる。

 タイ人スタッフが、きちんと仕事をしない、或いは自分の意図と違うことをしていると思ったら、自分の指示が的確か?タイ人スタッフが、理解できるような説明しているか?を考えた方が良いなと、最近つくづく思うのです。

読んで頂いた後、ポチッと押してくださると嬉しいです。                  
      ↓↓↓↓↓↓↓↓

  1. にほんブログ村
  2. 人気ブログランキングへ



会社のロゴ
弊社のWeBサイトはこちらからご覧ください。    

弊社のフェイスブックです。会社の業務内容や情報を発信しています。


pts999 at 21:10コメント(0) 

2016年06月11日

50の手習い。

 今、密かに計画しているのは、イサーン語を勉強しようかな!である。弊社の社員でイサーン地方出身の女性がいるのだが、その社員に教えてもらおうかと思っている。

 日本人との国際結婚を望むタイ人女性の大半は、イサーン出身である。弊社へ申込みに来るタイ人女性は、標準語のタイ語を話すので、私も聞き取ることができる。

 しかしその女性の両親ともなると、余り標準語のタイ語を話さないので、いつも社員に通訳をしてもらっている。

 通訳をしてくれる社員がいるので特に問題はないのだが、弊社の女性会員になって くれた女性の両親や兄弟姉妹、親戚と、私が直接話をしたいだけなのである。

 イサーン語の特徴は、Chaと発音するところをSaと発音しますと教えてもらった。 つまり象のチャーン(ช้าง)が、サーン(ซ้าง)と発音するらしい。

 また別の思惑では、イサーン語がラオス語に近いと聞いているので、イサーン語を 学べばラオスに行っても困らないかなと考えている(それならラオス語を勉強したらと思うのだが、タイ語しか勉強したくないんです)。

 50の手習いなので、どこまで覚えられるかわからないが、挑戦してみます。来年の 今頃は、イサーン語が話せるようになってたら良いなと、一人夢想しています。

読んで頂いた後、ポチッと押してくださると嬉しいです。                  
      ↓↓↓↓↓↓↓↓

  1. にほんブログ村
  2. 人気ブログランキングへ



会社のロゴ
弊社のWeBサイトはこちらからご覧ください。    

弊社のフェイスブックです。会社の業務内容や情報を発信しています。


pts999 at 19:30コメント(0) 
livedoor プロフィール
最新コメント