2017年02月17日

年は取りたくないと思うとき

 最初に谷口ジローの漫画を読んだのは、20代の前半だった。その頃、関川夏央の書き物が好きで彼の著作を探して読んでいる中に谷口ジローの「事件屋稼業」があった。

 それから谷口ジローの描く絵が好きになり、今度は彼の描いている漫画を探して読むようになった。特に好きだった漫画は「事件屋稼業」、「犬を飼う」、「坊ちゃんと その時代」、「青の戦士」だった。

 「事件屋稼業」は物語が終わるまで数年かかり、最終巻は随分と柔らかい顔になった主人公の深町と黒崎の絵には少しがっかりしたが、何度も読むうちにその絵も味わい 深いものだと思えるようになり、それからもずっと彼のファンだった。

 そんな谷口ジローが先日、亡くなったというニュースを聞いた。「年を取るという ことは、人の死に目に多く会うことだ」と父が言った言葉を思い出した。

 松方弘樹といい谷口ジローといい、私の好きな人たちが、どんどん亡くなっていく。映画や漫画の世界でも、新しい才能が出てきているのは知っているし素敵な人も多い。

 しかし新しい才能や人では、埋められない私の思いが、その役者や映画、漫画にあるのである。だから「アー、嫌だ嫌だ訃報を聞くのは」となってしまう。

 谷口ジロー氏のご冥福をお祈り致します。

 BRING LUCKでは、タイ国で先に結婚登録をされるお客様に特別料金で手続きを  させて頂く、プロモーション中です。
  ご興味のある方は、下記のウェブサイトか、otani@bringluck999.comへお問い  合わせください。

 日本人とタイ人の結婚手続きの詳細は、こちらからご覧ください。

 タイ人女性の紹介の詳細とお申込みは、下記の弊社のウェブサイトをご覧下さい。 
 会社のロゴ
弊社のWeBサイトはこちらからご覧ください。 
 
読んで頂いた後、ポチッと押してくださると嬉しいです。                  
      ↓↓↓↓↓↓↓↓

  1. にほんブログ村
  2. 人気ブログランキングへ





弊社のフェイスブックです。会社の業務内容や情報を発信しています。
BRING LUCKCo.,Ltd








pts999 at 21:13コメント(0) 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
livedoor プロフィール
最新コメント
Archives