2010年07月21日

キャッシュイン型パター

 すぐに思いつたのがゴルフを始めたころセットで買った中に入っていたキャッシュイン型のパターを引っ張り出し、ヒール部分を絨毯につけシャフトを傾けてみると、なるほどシャフトがターゲット方向を指し、トウの部分がターゲットラインと直角になる、ほう!これでうまくボールがヒットできればほぼ完成と思いきや、兄はからんや、ヘッドが揺れるシャフトがヘッドのセンターに入っていなくて少しトルクが発生しているようだ、力を入れて振るとトルクが顕著に出る、しかもブレードの厚みがボールの半分しかなくヒットするのに心もとない。

 そこで今までやってきたモノづくりの経験を生かしステンレス製の板を加工溶接して幅約5cm、長さ約10cm、厚みやく2cmの箱を作り、ゴルフクラブの規格にフェイスの長さはその奥行きより同じか長くなくてはならないとあるので、10cmのほうをフェイス面に見立て、シャフトをその箱の重心にフェイス面からみて約15度の角度をつけ取り付けた、四角い箱ですからヒールの部分に対して、シャフトは直角に付いていることになる、キャッシュインパターの幅広版であるこれにグリップを付け振ってみると何とスムーズにストロークができる、絨毯の上ではまっすぐにうまく転げる。つまりフェイス面で打たずにトウの部分でボールを打つのである、打つこと自体は何ら問題はないが、ヘッドの形状に少し疑問が残った。パターはどんな形状をしていて、上記寸法以内であればOKだが、打面は2面までで同じ性能が要求される、それと嘘はいけない、四角い箱なので打面は前後に2面持っているが、実際打つところはトウの部分で、3面目が存在することになる、どうもいかんなと思いつつ、ラウンドする日が来た。

 ラウンドした後、そのパターでもって練習グリーンで試打していると、そこのメンバーらしき人が寄ってきて、「面白い打ち方をしているね、そのパターどこで売っている?」と聞くので、「自分で作った」と答えると、玉に伸びがあるので、「特許を取っといたほうがいいよ」とアドバイスをくれました。練習グリーンでもうまく思った方向へ走ってくれたものの、疑念が残ったのでその帰りゴルフショップへより、打ち方を説明して規格に合うかどうか聞いてみた、はたしてその答えはNOだった。縦に振ることは問題ないが、そのことを意図して作ったクラブはシャフトのライ角は90度でしょうという意見だ。また振り出しに戻る!。


驚異の確率で入るパター『PTSniper』  





Posted by ptsniper at 23:18│Comments(0)TrackBack(0)開発日記 | 開発者

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ptsniper/375603

コメントする

名前
URL
 
  絵文字