ハワイアンキルトを始め布小物やバッグなどなど手芸全般お教室やってます。 楽しいアイデアで常に新しいサンプルを提案させていただいてます! 恵比寿・大泉学園で教室開催中。

ノクシカタのキットを制作(お魚)

カテゴリ:
初歩のワークでは教わらなかったのですが、ノクシステッチという、目をずらしながら進むなみ縫いがあるのです。

日本でいうところの一目刺しの矢羽みたいな感じです。

こちらのステッチで魚の中を刺しています。
思ったより簡単にできました。

少しずつずらすのがポイントです。
最初に案内線を書いておくとそんなにずれないかもです。

こちらのキットはベースの布が草木染らしい。これだけしかなかったのですが、在庫の中から出してもらいました。

こんな風に魚の下絵だけが書いてありました。
(魚のモチーフの意味があるそうです。子孫繁栄だったかな?)

これ、ノクシカタ専用の布でとてもとてもやわらなものです。
間にダブルガーゼなどを挟むといいそうです。

今回はさらしのあまりがあったのでそれをはさみました。
柔らかなさらしです。


お魚エリアが縫い終わったところです。

縫い縮んでますね。
わざと縫い縮めるように縫うようです。
ワッフルっぽくなるのを狙っているようですね。

この後にエコーキルトみたいに周りをぐし縫いして縮めながら縫います。
外側から中に向かって縫うそうです。

刺し後のふちの飾りは波の模様にしましたが少し見えにくい色を使ってしまいました。
青が綺麗なのですけれど。


もうひとつ、自分の手持ち材料で作ってみました。

エイティの未ざらしは柔らかいのでそれで試したけれどぜんぜん大丈夫そう。
これでも行けますな〜

糸は刺し子用に買ってあったのですが、織物用の細めの綿糸です。
これも1本でばっちりでした。

キットの糸は細すぎて2本どりでやるとなってましたが。
太さを使い分けるようです。
地縫いは1本どりでよさそうでした。

絵は自分で適当な模様を描いてみました。
画像検索してそれっぽいのをさがしてみたのですが、全然違う物になってます(笑)

あとひとつ、象のキットもあるのですが、それもかわいいので楽しみながらゆっくりやりたいなぁ〜♪

ノクシカタ、日本の刺し子よりとても自由で楽しいです。
きっちりが苦手な私向きかもしれない(笑)

やってみたい人はよかったらリクエストしてね〜〜(^◇^)




piyos手芸部開催(友安製作所カフェ・浅草橋)

カテゴリ:
24日の水曜日、piyos手芸部開催しました。

人数が増えてしまったので、カフェの方にお願いして、午前と午後の両方を使わせていただきました。

6人くらいまで出ないとやはり目が行き届かないので(^-^;


この日は、刺し子と刺繍の人が多かったです。

午前中クラスの人はランチをいただいたり、午後クラスの人たちはお茶タイムにケーキセットをいただきました。

ケーキ、初めて食べましたけれどけっこう、かなりおいしかったです。

ランチもハヤシライスを食べたけどこれもなかなかでした。

来月も第4水曜の28日、午前・午後と開催予定です。
人数にもよりますけれど。

良かったらいらしてくださいね〜

レッスンフィー3000円+飲食代は各自清算

お申し込みは私に直接お願いします。

やりたいものができます。
刺し子や刺繍などもお持ち込み可能です。

材料の購入などは事前にメールでアドバイスできます。

ラインアカウントはpiyosmadeですので、そちらにお申し込みもお待ちしております。

前回のカフェレッスンの様子です。

6名でしたが、皆様違うことをされています。
やりたいことがある人はリクエストしてくださいね。

ない人はキットなどもご用意できますので、お選びいただけます。

ノクシカタという刺し子

カテゴリ:
友達のMさんが見つけて誘ってくれましたので、ノクシカタのワークショップに行ってきました。

日本橋三越のデパート出店だそうでしたが、ロシュンさんというフェアトレード団体の主催でした。

はじめの一歩なので、この簡単なくぐり刺しの模様をいくつか習いました。

最初に一目ずらしてランニングステッチを刺してその中をくぐらせていくというやり方です。
刺し子にも共通のやり方なので、なんなくできます。

これはノクシカタの時は、ボーダーのふち飾りなどに施すやり方だそう。

このほかにもキットを買ってお家での楽しみ用にします。

チクチクのことを、クチクチなどというそうです。

ノクシカタとは、今のバングラディシュで行われている刺し子ですが、古くなったサリーや白い薄い木綿を重ねて縫い、タオルケットや赤ちゃんのおくるみなどに使っていたものだそうです。

インドのカンタとも同じようなもので、カンタはただなみ縫いのみがおおいですが、ノクシカタは刺繍できれいに模様を施してあるものだそうです。

もともとはノクシ・カンタだそうした。

カンタは柄物が多いですが、ノクシカタは無地の白い布に刺すことが多いようです。
刺しゅうで表現するものは、いろいろあり、幾何学模様もありますが、ベンガルトラや象など身近な動物や人物もあるそうです。

とても種類が多いのはその家に伝わる模様や、誰かが新しい図案を感がついてそれを施すからでしょう。

家によっても違うところはハワイアンキルトの模様と似ています。

コレドの前にある福徳神社へもお参りに行きました。

友達にも御朱印帳を持ってきてと前もって言っておいたので(^◇^)



刺繍の展示も見てきました。
これは午前中で日比谷ギャラリーでした。
こちらも素晴らしい刺繍がたくさんでした。
カウントものが多かったです。

ハーダンガーやプントアンティコもありました。

さらに田園都市線で一本なので、二子玉に移動してリネンバードへ行ってきました。

キットは買いませんでしたが作りたいものの布がほしかったのでリネンだけ買いました。

刺繍糸キットもたくさん売っていたので、それだけでも楽しめました。

そのあとは、ご一緒したFさんの知っている面白そうなお店にご案内してもらったり、最後はコーヒーゼリーでしめたり(笑)

とても楽しい1日でした。

籠バッグのカスタマイズ

カテゴリ:
シンプルな籠を買ってきたので、持ち手に端切れをぐるぐると巻いてカスタマイズしてみました。
カラフル系のハギレなので、なんとなく明るく感じに(^◇^)



ヒトデのお飾りとタッセルもつけてみました。

タッセルはなんとダイソーもの。

意外と使えますよ。
フェイクスウェードです。
3つ入り。



インスタの方で切り絵のとても上手な方がいらっしゃって、頼んでつくっていただきました。

金魚がとってもかわいいのです。

あたしのあいぽんがピンクなのでいまひとつわかりずらいんだわ・・・


白背景の方がとてもいい感じです。

白い紙を挟もうと思ってたんだった。




樋口愉美子さんの新刊が出ました。

表紙のがま口は小さそうであんまりそそられないのですが、中のがま口たちはとってもかわいいのです。

がま口を作ることに特化した本ですね、これ。

リネンバードでの新作展示会も行ってきましたら、今回はキットが充実していました。
それでも人気のものは売り切れてましたけれど。



新刊からサクッとひとつ刺してみました。

これはサテンステッチの花ですが、カロチャ刺繍の花にも似ていてとてもかわいいです。

サテンステッチを6本どりで刺したことがないのでどうなるんだろうと思っていたのですが、糸のよりを治すのがすごく大変で難しい刺繍でした。




がま口に仕立ててみました。

裏は無地です。

もう1枚刺しましたので、もう一つ作れそうですが。

小さいのですぐに作れます。

刺し子のリネンパンツ(麻の葉)

カテゴリ:
裾周りに麻の葉模様を刺したリネンのパンツを作りました。

いつものモンペのパターンなので比較的ゆったりして夏の服にいいです〜

糸は先日ホビーショーで買い求めたものでカーキっぽい色がありましたのでそれを使ってみましたらなかなかいい感じでしっくりきました。


さっそく履いて出かけました。


先週の日曜日に、玉前神社へ。

上総一ノ宮です。
九十九里の海がもうすぐそこ。




海で足をつけて遊んだり、砂浜でゆっくりしたりととても気持ちよかったのでした。

裾をまくって膝まで足を出して遊んでたんだけど少し濡れちゃった〜〜






お昼はいさりび食堂さんで、ハマグリを焼いたものや、定食をいただきました。

二階のお座敷が船の形をしたお食事処なので外からもよくわかります。
そちらからの海の眺めも最高ですよ。
お味もおいしいですのでお勧め。

ずっと前ですが一度来たことがあって覚えてました。
おそらく20年くらい前。
船の形に見覚えがありました。



ハワイアン刺し子ふきんの図案

カテゴリ:
ハワイアンキルトの図案のような刺し子ふきんのデザインを描きました〜

なんか売ってるのもあるんですけどいまいちピンとこなくて、あたしの自由なデザインでやりたかった〜(笑)

こちらは、ハイビスカス。
王道な感じですよ。




モンステラ。
ちょっと大きかったので90%縮小したらいい感じでした。





プルメリアも描きました。

昨日来てくれた生徒さんがプルメリアも描いて〜っていうのでね(笑)





ドルフィン。





波間のクジラ。






最後はシェルをちりばめたもの。

この真ん中のシェルはこれだけでポーチとかにするととてもおしゃれになります。
リバースアップリケがおススメ。

ハワイアンキルトの図案とも共通で使えますので、こちらをそのままアップリケしてキルトすることも可能です。

35センチくらいです。

ご希望の方はご連絡ください。

下絵付きのふきん(600円)または、図案のコピーを送ります。(コピーしたA42枚になります)

楽しく図案描けたのですが、これを全部刺すのは無理かしら・・・・??

どなたかが刺してくれたらご紹介します〜(^◇^)

ソーイング

カテゴリ:
関西方面のお友達Tちゃんから生地をお預かりしていろいろ作ります。

まずはこれ、スモックブラウス。

生地はリバティです。
リバティでお洋服作るとやりやすいですね。
柔らかい高級な生地ですが、適度に張りもあるし、すごくきれいに縫えると思う。
高いけど難しくない布です。
端切れも使いたくなりますしね〜

こちらはお預かりした型紙で作ったので、私のオリジナルではありません。

黒のリネンでロングパンツも作りました。

これは私のモンペ型紙そのまま使ってます。
つまりお尻サイズが同じくらいってこと(笑)



キュロットタイプ。

丈を少し短めの70センチにして、裾を少しだけ広げました。
これも型紙は流用です。

ゴムウエストなので簡単です。
ポケットも四角いのを張り付けてるだけですが、あったほうが便利だしね。


レフアの御朱印帳袋

カテゴリ:
レフアのモチーフをアップリケしていますが、全体に刺し子ステッチで仕上げ、レフアの内側は刺繍をして、フレンチノットなども入れて、ハワイアンと刺し子と刺繍の融合した作品になっています。

これこそ私のやりたいことだ!!
っていうのができました。

楽しかった〜〜(^◇^)

インスタに飛ぶと数ページの写真がありますのでよければご覧くださいね。

これからも融合作品をたくさん作っていきたいなと思います〜〜

それでこちらは販売用にと思って作ったのですが、もう売れてしまいました(^-^;
また作りたいけど今度は違う柄でね(^-^;

オーダーなどもお受けできますので、変わった御朱印帳袋を探している方はどうぞ〜

お寺用と神社用の2冊が軽く入る大きさです。
35センチの大きな正方形からできています。


ハイビスカスとゲッコーのポーチ。

こちらは生徒さん作品です。




プルメリアとロケラニのクッションカバー50センチ。

生徒さんの作品です。

2枚セットでかわいいです。




昨日の自宅クラスにて制作。
ビニコのペタンコバッグです。

この生地懐かしいですね〜

生徒さんがお家保管でまだ残っていたそうです。

お友達へのちょっとしたプレゼントにするそうです。
ペタンコで大きなバッグ。便利ですね〜

持ち手も太くて使いやすそう。


便利な道具のネタです。

濃い色の生地だと白い描くものが必要になると思うのですが、チャコだとすぐに消えてしまうと不便ですよね。

この銀のインクの水性ボールペンがとても便利です。

なかなか落ちないし、洗うと落ちます。

ユニボールの銀が超絶おススメ。

ダース買いしたいくらいです(笑)


手ぬぐい使いのハンカチ刺し子

カテゴリ:
ホビーショーの時に買った手ぬぐいハギレの利用法として。

刺し子のハンカチです。


さらしを一枚当てて、七宝つなぎの図案を、裏面の朝顔の色と合うような糸で刺してみました。

前に自分でグラデーションに染めたものです。

インスタに飛ぶと裏側も見られます。


こちらは、マス目に沿ってひたすらまっすぐに縫いました。

格子の柄を利用しました。
ハンカチとして使って、最後はお台拭きなどにしてもいいかもですね。
吸水性抜群で、ハンカチとしても優秀です〜



麻の葉の型染の生地をいただいたものが残ってたので、旦那丼の新しい御朱印帳入れを作りました。

高尾山の天狗の黄色の御朱印帳がとっても素敵なの。
こちらのおそろいの袋があったのだけどとても高かったのでした。

この布、やや厚手なのですが接着芯を貼って裏もつけてただの袋にしたものです。
すっきりシンプルでいいらしいです。



さらに余った布を見ていたら、むらむらっと麻の葉を刺してみたくなり、このサイズに合わせた図案を描いて、赤の糸で刺したらめちゃ可愛くなりました。






スケジュール帳のカバーに仕立てました。

ちょうどいいサイズだったのでした。
和布で藍染めの型染したものをいただいたのでした。

大切な布なので最後まで使いきれてとてもよかったのでした。


アイヌ刺繍(るうんぺ)

カテゴリ:
ウルンペの小作品を刺しました。

このあとバッグに仕立てます。




チューリップの針を2種類試してみたら、最近出た細めの刺し子針がよかったです。

針先も鋭く、針穴が細いので刺し子糸でも糸抜けがいいです。

おススメ!




デニーズのマンゴーパフェ。

もう終わっちゃったかな〜
もう1回くらい食べたいな(^^♪

刺し子の花ふきんとかもんぺとか

カテゴリ:
オリムパスの下絵付きのふきんを購入してあったのを刺してみました〜

自分で染めた糸を使ったのですが、藍色に映えていい感じです(^^♪

これは気に入りました。
大事にしよう♪
(お茶碗拭くのはやめよう・・・)

こういう細かく刺した一目刺しのふきんは飾りふきんとしてしばらく使うのがよいですね。


縦列を刺し終わって横列に入ったところです。

このように刺していきます。

長い針を使うとスムーズにたくさん縫えます、これはふとん針。
糸は自分で黄色から緑に染めたもの。
小鳥屋さんの細糸がベースです。


昨日、ホビーショーで習ってきたつまみ細工の復習をしてみたんだけど、あんまりうまいことできずに苦しみました〜
手がボンドでべたべたになったのが敗因かもしれん。

手をふきながらやらないとダメなんだよねたぶん。



スウェーデン刺しゅうの四角いサンプル刺しをコースターにしました。

いつものフェルトで挟むタイプ。

これはしっかりできて縁の始末がいらないので簡単。


ボンドで留めてからミシンで縫っています。


昨日はもんぺも1枚縫いました。

これは妹にあげよう。
ピンク好きだし。



厚くなってきましたね〜

コメダ珈琲でコーヒーゼリーのソフトクリーム乗せ食べました!

すごくソフトクリームが大きくてたくさん入ってておいしいです(^^♪

スウェーデン刺しゅうの練習

カテゴリ:
アマゾンに注文していたスウェーデン刺しゅうの本が届きました〜ワクワク。

左の本は図書館で借りた本なのですが、もう販売されていないのです。

右の本はここ最近発売になった本なのでいつでも買うことができます!
それにセンスがよくて今風でかわいいです。おススメ!



少し練習してみました〜






さらに練習〜

大き目のジャバクロスだと、普通の25番刺繍糸が12本どりくらいがいいみたいです。
6本どりのままを2本て感じですね。

これだとお子様でもできそうです。




美女と野獣の2回目を見てきました。

今回は吹き替え版。

英語版と同じように素敵でした。

舞踏会シーンの岩崎宏美さんの歌が素敵でした。
今回の野獣は知的でやさしくて本当に恋をしてしまいそうですよ。

王子になってちょっとがっかり〜的な(笑)

大人の女性でも十分に楽しめるエンターテイメントでした。



刺し子の花ふきん(変わり麻の葉・桜の一目刺し)

カテゴリ:
ホビーらの下絵付きふきんを刺しました〜

こちらはドライブのおともに始めました。
そんな時は下絵つきが便利ですね。

旦那丼が急にどこかへ行こうってこのごろ度々言うもんだから、車で遠出の時には刺し子のふきんがちょうどいいです。


これは変り麻の葉っていう名前なんだけど、どーにも刺し順が難しいやつでした。
2度目です。
これはいただいたもの。

糸は小鳥屋さんのえんじ色です。濃い目の紫にも見えます。

こちらは昨日刺しあがったもので、桜の一目刺しのふきんです。
こちらも下絵付きのもの。

オリンパスさんの新製品です。
菊の花も買っておいたのですが、これもドライブのお供でした〜

月曜日に筑波山へ行っていました。
そちらも御朱印巡りです、男体山と女体山の両方とも頂上へ行きお参りしてきました。

疲れて死にそうでした〜(笑)

そのあと食べたパンケーキがおいしかったのでした。

筑波大学の近くでした〜
若い女性がたくさんいました。

ふわふわしたパンケーキで人気なのがわかります。
整理券システムでしたので1時間待ちました〜(笑)



カフェレッスンの生徒さんがかわいいバッグの写真を送ってくれました〜

花十字刺しはとってもかわいいのですね♪
わきの布も古布で素敵!

さくっと素敵なものを作られる方です。

私の手助けはほとんどいらないの。
素晴らしいです〜(^^♪

ホビーショー2017

カテゴリ:
1年で一番楽しいお祭りの季節がやってきました。

お昼用にスパムむすびを朝から作ってとても楽しみに出かけました。

今年は初日にやおちゃんと行く約束してました。

今年はなんだか入るのに時間がかかって、中に入ったらすでに11時でした。
もういやになっちゃう〜
目当てのものはもうほとんど予約でいっぱいです。

うろうろしてたらチューリップさんのブースで、刺し子のデモストレーションをされている方がいらっしゃったので、いろいろお話を聞いていました。

なんとインスタでフォローさせていただいている作家さんでした〜
古布に刺し子をして、着るものやエプロンなどを作られていまして、糸を染めたものを販売されていたので購入してきました。

飾ってあるものを写真撮りたいと言ったら、着て見せてくれました。
とーってもかわいらしい方で、素敵な方でした。

チューリップさんの刺し子針の新しいものが出ていました。
針の穴のところを小さくして引き抜きやすくしたそうです。

お昼を食べてからうろうろしてて発見したつまみ細工のワークショップを受けました。

けっこう待ったよ、ここのブース、仕切りが悪くてなんかだらだらでした。

予約システムがないようだったし。

でもうまいことできました〜
つまみ細工、初めてだったのですが、切ってあれば比較的簡単なのでしたらすぐにできますね。
これはホビーショー用の簡単なものらしいですけど、今度また作ってみよう。

4時ごろになって、やおちゃんが先に帰り、そろそろ帰ろうかなーって思ってたら、ツイッターでてまりのワークショップの事を見つけたので、そちらに行ってみました。

空いていたので、茨城の友達と一緒に受けてきました。
キット代だけ1000円でした。

一番難しいのを選んじゃったみたいで、2時間かかるな〜と言われましたが6時まで粘っていいところまでできました。

金糸の最後のちどりがけの部分が残ったので家で仕上げました。

これで完成。

指貫よりは大きめなので割と簡単かも。

てまりは増えると大変なので、はまらないと思うのだけど・・・・


今年から終り時間が伸びたみたいで6時になってたので、やれましたが〜
知らなかった〜〜

お買い物は手ぬぐいのハギレと、手染めの刺し子糸などでした。

楽しかった〜〜




スウェーデン刺繡が気になる!

カテゴリ:
前から気になっていて、フェリシモでやってみたりしてたんですが、図書館でこの本を借りてちょっとやってみたのだけど。

家にあったカウントできる布ですが、これ、裏に通しちゃってるから間違ってますね。

ほんとは裏に通さないらしいです。
縦糸のうわっつらだけをすくって模様をつけていくものなんだそうです。

このドビークロスがめちゃ細かくてやりにくいのでした。


ジャバクロスのハギレにやってみたら、やりやすい。
見えやすいしカウントもできるし、こりゃ楽し〜とばかりに4種類もやってしまった

しかし色がめちゃくちゃだけど。


右の本を買いました。

前に本屋さんで見て、ほしかったのだけど。

最近出た本で、とても分かりやすいし、センスもよく、素敵な本だなぁと思ってたの。

これ見てやります!!

スウェーデン刺繡には専用の布があります。
ジャバクロスでもできます。

専用布はまだ持っていませんが(^-^;

もんぺを作った!

カテゴリ:
久しぶりの着るものです。
といってももんぺなので超簡単な感じ。

これはパターンが小さかったので横に広げて作ったらワイドパンツらしきものになりました〜(笑)

布はこの前トルコのギャッベを買ったときに一緒に買ったフリークロスらしきインド綿です。
大きな布だったのでまだ余ってるけど。


2つ目はこれ。

シンプルなストライプの木綿を見つけたので、横幅を控えめに伸ばして作ってみたのでした。
裾側の内側も減らして、裾にゴムを入れたらほんとうにモンペになりました。

そして履き心地抜群なのです。
作業着にもパジャマにもいい感じ。

大量に作りたいかも


こちらもインド綿のパッチワーク柄。

すごい好きなプリントです。
たぶんゆざわやで見つけたもの。

少し厚手です。外に履いていってもいけそう。
裾にゴムを入れないと普通のパンツですな。

自分サイズに合わせてるので履き心地よし。

夏場はこういうパンツが大活躍ですのであと何本か作ろうかなっと♪

ちなみに参考にした本はこれなのですが、すべてが変わっているのでもはや別物だと思います。

これのモンペの大人バージョンを参考にパターンを引きました。

このサイズは大人のMからLサイズでしたが、だいぶ細身でしたので(^-^;

御朱印帳袋

カテゴリ:
カンタのようなざくざくとした刺し子をして御朱印帳を入れる袋を作りました。

ケイフ・ファセットのピンクの生地です。

ご依頼いただきました。




私のはブルー系でこんな感じ。


先日作った組紐で留めたらかわいいわ〜♪

日光東照宮へ

カテゴリ:
先週の日曜日に日光へ行ってきました。

天気もよくドライブ日和でした。



補修の終わった陽明門がとてもキラキラでした。

外国人が多く、参拝も時間がかかります。


裏山の家康さんのお墓にもお参り。

御朱印もいただきました。


お隣の二荒山神社へもお参りに。

こっちのほうが静かで空いていて好き。

神社に来た気がしました。(笑)


お昼を食べてから、中禅寺湖の方へ上がり、こちらの二荒山神社の中宮へ行ってみました。

ここや奥宮への登山口があるようでしが、まだ入山制限されていていけません。
4時間くらいかかるそうでしたので、私にはとても無理そうですが。


こちらでは2種類の御朱印をいただきました。


帰りは佐野SAで佐野ラーメンを食べて帰ったのだけど、あんまりおいしくなかった・・・・

刺し子のがま口と刺繍ポーチ

カテゴリ:
プラがま口なのですが、シックな色が最近あるので、刺し子と合わせてみましたが〜〜

けっこう大きめになりました。
たっぷり入ります。
型紙は少し変えて底まちでスクエアタイプにしました。



前に刺繍してあったアップリケのデニムをポーチにしました。

裏面はショッキングピンクの帆布です。
12センチの小さなファスナーです。

お薬とか口紅入れでしょうかね。


金曜日の自宅クラスの生徒さんの文鎮口金財布が仕上がりました。

3回で仕上がったのでちょっと大変だったかな?

お気に入りの表地を使って、気に入ったのができたようです。

インスタに飛ぶと内側も見られますよ。

自宅クラスでしたらこちらもできます〜

ダイソーのデニムエプロンに刺し子

カテゴリ:
昨日の帰りに寄ったDaisoにて発見した、シンプルなデニムの短いエプロン。

これ、刺し子や刺繍入れたらきっとかわいいなぁ〜〜と思って。

ポケットのところに入れようかなと思ったけど縫いにくそうだったので、いったん縫い目をほどいて外しました。


この模様は長井さしこという本から、杯です。

お酒飲むイメージですかね〜(笑)

藍染めの糸と生成りの糸を2色使って縫い分けました。

さかずきというよりスパナみたいですね。
男性のイメージになってしまったわ。

モデルはうちの旦那丼です。

これの逆の色のパターンもあったけど、単にデニムの表と裏です(笑)

こちらは200円商品でした。

このページのトップヘ

見出し画像
×