ハワイアンキルトを始め布小物やバッグなどなど手芸全般お教室やってます。 楽しいアイデアで常に新しいサンプルを提案させていただいてます! 恵比寿・大泉学園で教室開催中。

草木染め(ログウッドとクチナシ)

カテゴリ:
午前中は天気も良かったので洗濯や掃除をして家事がはかどりました。

ついでにキッチンで草木染しようかなと思って。

この前買ったログウッドも試したかったのでさっそくやってみました。



ログウッドは草木染の中でもかなりメジャー選手なようでよく聞く名前です。

生えてる状態ではよくわからない草なのでググってみました。

染料屋さんでは紫系に染まるということでしたので、やってみましたが、とてもきれいな紫に染まって感動です!!

今まで葡萄の皮や赤紫蘇ではどうしてもきれいに染まらなかったのですが、これ使えば簡単なのだったのですね。
初めから適した染料を使えばよかったのね〜〜

染料すごい!
やっぱり草木染は先人の知恵がありきなのですね。

おみそれしました。


こちらの黄色いボールはクチナシです。

お正月準備用の栗きんとんの色付けに使われているといえば一番わかりやすいですね。

こちらもとーってもよく色が出ました。

5個いっぺんに使っちゃいましたのでけっこう黄色くなっていますよ。


今回は糸もさらしもあらかじめ濃く染まる用の液体につけてから染めましたが、それも必要ないくらい濃い染料だったみたい。

あとからログウッドにその処理をしていない白の刺し子糸を漬けたら、きれいに紫色になってました。

やっぱり白の方が染めあがった後がきれいなのかもしれない。

今度白を買っておこうかな。
まだ生成りがたくさんあるのだけど。

今回は太糸も染めてみましたよ。

あと、黄色と紫の染めわけもしてみました。

どんなグラデーションが出るか楽しみです。

今日の染色は成功かな〜〜(^◇^)

米の花刺しでコースター

カテゴリ:
小さなものですが、端切れでコースターに作ってあったものを刺しました。

茨城遠征でドライブのおともに持って行ったものですが刺しかけだったので完成させました。

2枚一緒に縫っていますので裏まで糸が通っています。
かなりしっかりします。

布は普通のシーチングです。

茶色を2色使うのが好きです(^◇^)

ホビーラホビーレの薄茶が色が好き♪

おやつのどら焼きと使った刺し子糸です。

これくらいだと大して減りません(笑)

富士山のは紙皿です。
最近ダイソーの和雑貨がかなりかわいいです。


そんなに使わないのに付箋紙とかシールとかを買ってしまうのでした。

富士山と神社の柄のマステはもう買わずにはいられなかったの(笑)
たまる一方なのに・・・





これはランチマットなんだけど、和風〜っていう感じの縞模様です。

メイドinインディアでした。

ちょっと和風に見えますよね〜

これを生地として使ってもいいんじゃないかなと思って買ってみたのでした。



アイヌ刺繍ステッチサンプラー

カテゴリ:
アイヌ民族文様集という本から制作中のサンプラーですが、出来上がりました。


こちらはチェーンステッチで形を作るもの。

左下の真ん中の丸いのはサークルボタンホールステッチです!
かわいい!


こちらは、アイウシという名前で棘を表現しているようです。

着物の裾や縁周りに施してあるものが多いです。

袖や裾、襟首から魔物が侵入するのを防ぐという目的もあるようです。


銭刺しのがま口

カテゴリ:
刺し子のがま口を作りました。






オリムパスさんから出ている、ドット付きの布があるのですが、これはふきん向けのものではなく、ややしっかりした厚手の布なのです。

で、がま口とかポーチなどにいいかなと思って早速お試しかねて作ってみました。





刺しあがったところです。

横幅15センチくらいの口金につけるものです。

前と後ろは同じ柄で、銭刺し(6文銭)図案です。
糸は以前に桜の落ち葉で染めたピンク系の糸。

黒っぽい色だときれいにピンクに見えます〜


プリントしてある布は水でさっと洗ったら落ちました。

長いこと手で触ってたら落ちてしまいそうです。

さくっと刺さないといけませんね。

また何か作ろうっと(^◇^)


がま口の作り方がよくわからない人、型紙を自分で作りたい人、はめ方がよくわからない人などなど、いらっしゃいましたらお教えしますので、自宅クラスまたはカフェレッスンにお申し込みくださいね!

今月はカフェレッスンは来週土曜日25日1時半からです!

水戸偕楽園とアイヌ展示見学

カテゴリ:
土曜日に茨城へ遠征してきました。

主な目的はアイヌ刺繍展示を見ることですが、ちょうどその日から梅まつりも始まりましたので、偕楽園にも行ってきました。

去年もいったのですが、全然花が開いていなかったのでした。

今年は五分咲きといったところでしたが、けっこう香りもただよいいい感じでした。

かわいらしいお着物の梅大使のお嬢さんたち。

振袖にも梅の柄でとてもあでやかで美しかったです。

うちの旦那丼は一緒に撮影してました(笑)




偕楽園のお隣にある常盤神社には徳川光圀公が祀られています。

ちょうど観梅参りということで、限定御朱印いただきました。





梅のお茶も配られていたのでいただきました。







アイヌ刺繍展示はこちらの茨城歴史館で開催中です、3月20日までと会期も長いので行けたら行ってみてください。

国内から集められた50点ものアイヌの衣服が展示されています。

これはなかなかの見ごたえです。

図録も1400円で販売されています。
すごいボリュームです。
もちろん買いました。

アイヌの方が作られたという衣装も3点ほどあり、外のエリアで着て撮影させていただけます。

これも手にとってよく見てみたかったので、ついでに撮影もさせてもらいました。
至近距離で撮影したらよかったわ。

旦那丼は嫌がってきてくれなかった・・・( ;∀;)



図録とステッカーを買いました。

帰ってから図録を読みましたが、とても読み応えのある素晴らしい資料でした。


アイヌ刺繍のサンプラー制作中

カテゴリ:
新しく購入した本が大変よい本で、刺繍の種類が大変多く紹介されていました。

インスタでアイヌ刺繍好きのお友達から教えていただき購入しました。
ミナさん、ありがとうございました。

そして、ページの中ほどにある、アイヌ刺繍のステッチの種類を書いてあるページのその通りに刺して、
名前も書いてサンプラーを作ってみました。

というよりは刺しただけなんですけど。

今までやったことのなかったステッチもあり、大変面白かったです。

このシルバーのペンは、水性ボールペンですので、洗うと落ちます。
濃い色の生地の場合は図案描きにも便利です。

使用糸は刺し子糸です。(小鳥屋の白)

こちらは小さなモチーフの形のサンプラーです。

こういう形のものもあるのね〜〜と勉強になりました。

アイヌ刺繍というよりは、アイヌ民族模様となっており、北海道のアイヌだけというよりは大陸や樺太のアイヌの模様も含まれているようです。

そのせいか、普通の欧風刺繍でも見られるようなステッチが多いです。

全然違うものもありますね。

でたらめに刺すエタラカというステッチはアイヌ刺繍ならではの面白い刺し方だと思います。
この本ではエタラカとは呼ばれていませんが。


あと2枚刺す予定です。

現在開催中のアイヌ刺繍の展示会に明日車で行く予定です。
茨城なのでちょっと遠いんですけど、何しろ行った人がすごくいいと皆様口をそろえておっしゃいますし。

図録も販売されているとか、その図録ももちろんほしいところです。
今回の展示は古い作品が多いようです。

古い作品の自由な作風を生で見られるなんて。
北海道に行くよりは断然近いのですね。

水戸の茨城県立歴史館で3月20日までの開催です。

昨日の自宅クラスの途中経過

カテゴリ:
昨日の午前中は自宅クラスでした。

こちらは徳田さんのイリマのタペストリー80センチ。

お花が付きましたので、キルトラインを書いて綿入れをしました。
これからキルトですが、1か月くらいで終わりそうです。


こちらも同じく徳田さんの、プルメリアを散らしたポーチ。

これからキルティングです。

このほかにも同タイプで、あと4枚作られています。
プレゼント用だそうです。

これが一番お花が多いです(^^♪
かわいいポーチができそうです。


こちら久保田さんの制作中です。
ラウアエのタペストリー、大きさは110×150です。

柔らかな色調でということで完成したらリビングにかけたいそうです。

大きめなのですが、2か月くらいかな〜とのことでした。

自宅生とさんはペース早めです〜〜(^^♪

皆様、ハワイアンキルトを楽しんでいらっしゃって大変うれしいです(^◇^)


こちらは久保田さんがお持ちになられたレッスンバッグです。
以前作られましたが、とてもいいそうで、よく出先の習い事などにお持ちになって褒められるそうで、私もうれしいです。

そして軽くていいわぁ〜とのことでした。

レッスンバッグは大きいですし、クッション2枚分くらい作る感じの分量ですのでやや大変ですけれど、出来上がると使う機会も多く大変重宝します。

けっこうたくさんの方が作られます。

皆様作ってみてくださいね〜♪

DMCの展示と染料店へ

カテゴリ:
水曜日にカフェレッスンがあったのでそのあと、渋谷のDMCの展示を見に行ってきました。

東急本店の裏の方のビルでした。
小さな展示でしたがなかなかの迫力の品物が展示されていましたよ。

話題の純金の糸もありましたが、けっこうな人がいたにもかかわらず、誰も見ていませんでした。
ま、高すぎるしねぇ〜〜
よっぽどのお金持ちかもの好きでないと買えないよねぇ・・・
だって使えなさそうだしね。

アンティークの刺繍などの展示はすばらしいものでした。
刺繍だけでなく、フィレレースや、bobbinレースなどもあり、刺繍なのか何なのかよく区別がわかっていない人がこれは刺繍なのかしら?などとお話しされていました。

ボビンレースの旧いものを見られる機会はなかなかないのでお好きな人にはたまらんと思います。
サンプル帳みたいなものです。

さらに染め物材料を扱うお店に異動して、買い物してきました。

ビニール袋の木材などはカフェレッスンに参加してくれた方からいただきました。
いちょうとあんずの枝です。
いとだまさん、ありがとうございました(^^♪

杏子は黄色オレンジみたいな色が出るそうです。
イチョウはどんな色がでるのかな〜〜?

買った液体ですが、濃く染めるための助剤です。
最初に処理しておけば草木染では色が付きにくいものも濃い目に色がつくそうです。

これがあれば薄めの色のものが濃く染まります。
主に草木染に使います。

大きなボトルは錫(すず)という物質が溶かしてある媒染液です。
アルミ(みょうばん)媒染よりさらに明るい色に定着するようです。
化学変化ですね。
このあたりのことは私にはさっぱりわかりませんので、店員さんにお聞きしつつ買い物しました。

こちらの田中染料店さんですが、渋谷店は3月いっぱいで閉店らしくて、ショックです。
初めて行ったのに〜〜

そして閉店セールが3月の7〜9日に開催されるようですのでそのころにもう一度行っておきたいところです。

草木染だけでなく染め物用品全般ありますし、材料もあります。
布や半製品のバッグやシャツ・シルクのストールなどなど。

半額の時に買いたいわぁ〜〜(^-^;

明治通りで発見したサトちゃんの大群です。

相当の数があります。
なので思わず撮影しました。



やおちゃんからおみやげもらいました。

マステはお嬢さんから、私がすきそうだと思ってと、カロチャ刺繍の模様のマステでした。
かわいい〜〜♪

民芸品クリップも超かわいいです。
こっちもツボ♪

やおちゃん、いつもありがとうございます〜〜(^^♪



セカンドポーチまたはバッグinバッグ

カテゴリ:
徳田さんのリクエストで3つ一気にカットしたものが出来上がりました。

もちろんアップリケとキルトまでは徳田さん。

私は仕立ての担当です。

これ、ぐるりと6センチくらいのマチがついていますので、けっこうたっぷりと入ります。

横は26センチくらいで、長財布と携帯・ハンカチなど貴重品入れとしてもいいかもね。

バッグinバッグや大ぶりのポーチとしても使えそうです。

ファスナーはきっちりとではなく、はみ出しているので大きく開くので使いやすいかもしれません。

ハワイアンでなくてもかわいいかも。
刺し子や、刺繍のこういうのも作ってみたいところです。

生徒さんでやってみたい方はリクエストしてくださいね〜

手縫いでも仕立てられます。


明日の水曜日は11時からカフェレッスンです。
まだ間に合いますので来たい人はご連絡くださいね!

刺し子などの簡単なキットもご用意できますので(^^♪

気づけばバレンタインデー

カテゴリ:
気の利いたチョコレート画像がないのでこれを。

この前妹が家に遊びに来た時にくれたチョコです。
口紅みたいなパッケージに入ってて、バータイプのチョコでかわいいったらもうたまらんね。

高級品らしいので味わって食べないと。
まだ食べてないけど。

バレンタインデーだからといってあまりチョコを買わない私ですが、チョコ自体は大好きなんです。

妹がペヤング焼きそばのチョコ味を食べたらしいけど、あんまり興味わかない(笑)


しかし、こっちはすぐに買っちゃったりして。

今日のランチに食してみましたがとてもおいしく、普通にシーフードヌードルと言ってもいい感じ。
やや濃いめでミルク感が強いのでシチューみたいな味。
ややとろっとしてます。

しかし、このパッケージ。

外国人向けのお土産だよね?

っていうぐらいの盛りだくさんな和の絵がついてる(笑)

オキシクリーンを使ってみた!

カテゴリ:
インスタで見かけたオキシクリーンという洗剤らしきものを買ってみました。

ドンキまで行って探したのになくて、練馬のクリエイトっていうドラッグストアにあった(;'∀')

こんなポップまでついてたから思わず撮影しちゃったよ(笑)

というわけでこちらを購入してやってみることにしました。


漬け置きがいいらしいということで、ちょうど焦がして内側の色も変色しているルクルーゼが出ていたのでこれで試そうと思ってやってみました。

普段は重層で火にかけて汚れを落としているんだけど、オキシの方が格段にきれいになる。

これは一晩放置してこすった状態です。
けっこう前の汚れまで落ちてるし。
蓋の内側がすごくきれいになってる。

ほかのルクでも試してみなくちゃ。


インスタでよく写真を見かけるシンクにまるごとお湯を張って漬け置き洗いっていうのをやってみました。

ご覧の通り排水溝に蓋をして、口切いっぱいまでお湯をためました。
溶かす温度は60度が最適とか。
熱湯すぎるとだめらしい。

給湯器の温度を最大に上げて溶かして1時間つけ置きました。

魚焼きグリルや、五徳・鍋・フライパン・排水溝のバスケットなどなど
いろいろとつけ置いてみました。

全体によく落ちます。
いつも使っている重曹に似ていますが、さらに強力で漂白作用が強いようです。

重曹にハイターが入った感じで、さらに無臭な感じ。

これ、中国産の日本向けのオキシですが、コストコにはアメリカのオキシがあるらしい。

どうやらそれは洗濯に主に使うものらしいんですが、お風呂や濃い目の溶液で洗濯槽のクリーニングができるらしい。

そっちはぶくぶくと泡が立つらしく、洗剤要素が強そう。
界面活性剤も入っているらしい。

でも強烈に落ちるのはそっちらしい。

そう聞くとやっぱりほしくなるよねぇ。
アマゾンでも買えるらしいから、コストコに行かなくても買えるんだって。

うーん。しばし悩もう。

そしてこのあと、家じゅうのグラスやマグカップ・タンブラーなどなど、汚くなってそうなものをかき集め、オキシ漬けにしました。

グラス類なら10分程度でいいらしい。
ハイターっぽく使う感じですな。

少量の水で練って、タイルの目地に張り付けて、黒カビ退治なんかもできるらしい。

アメリカ製を買うことにしたらお風呂と洗濯槽をやりたところだけど。

トイレの黄ばみなんかも落とせるみたい。

重曹よりパンチがあるな〜〜。
これから愛用したいと思います〜〜

ハイターより高いのがちょっとアレだけど(笑)

アイヌ文化実践上級講座成果発表会

カテゴリ:
金曜から開催中のこちらに金曜に行ってきました。

日曜日までですのでご興味のある方はお早めに!!

アイヌ文化の刺繍や木彫りなどありました。

本を執筆されていて、札幌のヴォーグでも教えていらっしゃる津田命子先生の制作風景のビデオ上映がありました。

先生が手を動かされているところを見られるのは大変貴重な経験でしたので、勉強になりました。

展示されている作品も素晴らしいものでした。

こちらはアイヌの人たちが習えるそうで、普通の人は習うことはできないということでした、残念。

日比谷公園の中にある、日比谷図書文化館というところです。

果実園リーベル(新宿店)

カテゴリ:
いちごのシーズン到来ですね〜〜!!

果実園リーベルへ行ってきました。
今回は新宿店へ。

東京駅店舗より数倍広いです。
そこに女の人がぎーっしりいましたよ。

12時前についたのですがぎりぎりでウェイティングリストで3番目。

ここでショーケースにかじりつき、どのケーキを頼もうかと物色。

こちらは、旦那丼の頼んだもので、季節のパルフェです。
イチゴばかりいろいろな種類がお皿の上に乗ってて、内側にアイスクリーム2種類。
イチゴソースがかかっていました。

運ばれてきた直後に謎の中国人マダムが飛び掛かり気味に走ってきて無言のまま撮影していくというハプニングがあり、あっけにとられたのでした。

確かにお皿も大きくてゴージャスなパフェでしたけれど(笑)
だんなと苦笑いでした。



私はショーケースの中にあったあまおうのズコット(聖職者の帽子という意味らしい)ピスタチオクリーム。

緑色がちょっとアレですけど、ピスタチオが好きなのでこれにしました〜
あまおうのズコットは1200円。
珈琲が300円でセットにできます。


ランチ時でしたけれど、ご飯食べてたら完食は無理でした。
大きいケーキなので最後の方はもう苦しくなってきて(笑)

おなかすいた状態でちょうどいいと思います。

新宿の南口で、広い店舗でとてもおススメです!


帰りに思い立って、東長崎駅で途中下車しました。

目的はこちらのお店。

大分の焼き物である小鹿田(おんた)焼きの専門店です。
インスタでも人気の器で、ひとつだけもっていたのですが、こちらには10軒すべての窯元の作品があるということで、見てみたかったのでした。

もうお店の外の大鉢で萌え〜となりました。

飛び鉋のこの模様が特徴的でこれが美しいなと思います。

そして思ったより軽くて、取り扱いがしやすいです。

数十分滞在して選んだ来たのはこの2つ。

ご飯茶碗を探していたのでこのちょっと大きめのお茶碗。
これの小さいサイズがなかったんですよね〜〜

釉薬がグリーンがかっていて、かなり一目ぼれしました。

小皿はちょっとしたお漬物などに豆皿的なものです。

お湯のみとか、ぐい飲みとかほしかったけど気に入るのがなかったのでした〜
焼き上がりの入荷のタイミングの時に行かなくちゃだわ。

同じ沿線なので、ちょこちょこ行きたいなと思っております。

土物の器がお好きな方おススメです(^^♪

朝ご飯の時に使ってみたんです〜
しっくりきた〜〜!
ちょっと大きいけど軽くて持ちやすいし、薄い。

割らないように注意しないとだけど(^^♪

卵焼きを乗せているのが1番初めに購入した小鹿田焼きで、備後屋さんでした。
ちょっとお高めです。

あそこにも素敵な片口鉢やどんぶりなどありましたよ〜

刺し子糸を買いに行ったときに見つけたんでした。

民芸品が集まっているお店でそちらもおススメです。

銭湯へ行ってきた!

カテゴリ:
昨日の夜に銭湯へ行ってきました。

妹が遊びに来ていて、近くの温泉へ行こうと思ったのだけれど、あそこ混んでるしなぁ〜土曜日だとなぁ〜
などと考えていたら、はっと思いついたのでした。

車で通りかかる近くの銭湯へ行ってみたかったことを。

そこは歩いても10分もかからないところで、うちから石神井方面へ向かうまっすぐな道の道沿いなのです。
車で一度行ってみたけれど駐車場もなさそうなので、歩いて出直すことにしました。

なんとも外観もレトロな感じで懐かしいまるっきり子供のころによく行った銭湯そのものでした。

3年前にリニューアルしてきれいにしたらしいのですが、古い板の残っている感じなどはうまく使っていて、いい感じにレトロです。

脱衣籠も古いものをそのまま使っているようで見覚えのある竹製のものです。
すっかり楽しくなってしまってうきうきしてしまいました。

しかしお風呂は熱かったです。ぶくぶくしててなかなか長時間は入れません。
シャワーも昔はなかったのですが、固定式のシャワーがあります。
現代式に改装してますね〜

土曜日なのにまったく混んでいなくて、時間も早かったからでしょうか。数人のお客さんだけでした。

脱衣所の前には中庭があって、縁側もあったりしてなんともよい感じ。
お風呂上りにはコーヒー牛乳もあり、髪を乾かすかぶるタイプのドライヤーもあり。

テルマエロマエのロケはここだったのか??と思わせるそのままでした。

お風呂上りに常連さんらしきおばあちゃんと長椅子ですっかりお話してもらってくつろいでいました。
87歳というおばあちゃんは、一人暮らしでここに通っているそうでお話もしっかりされていて、まったく衰えていらっしゃいませんでした。

こんなおばあちゃんが理想だわ〜などと思いつつ。
お風呂屋さんを後にしました。


歩いてくる途中にイチゴのビニールハウスを発見しました。
イチゴ狩りはしてないらしいけど、朝からいちごの販売をしているようです。
10時からでなくなったら終わりてかいてありました。
今度行ってみよう。

駅と反対側だったのであまり行かない道でしたので、気づきませんでした。

普段いかない道にはまだまだ発見があるようです。

15年も住んでいるのにこの銭湯を使わなかったのはまったくもったいなかったです。

これからもちょこちょこいこう(^^♪

2月のレッスンスケジュール

カテゴリ:
2月のレッスンスケジュールです。

★カフェレッスン(恵比寿・カフェカルフール・東口より徒歩2分)

2月15日(水曜) 11時〜13時  

2月25日(土曜) 13:30〜15:00  (この日のみ会場が取れないため1時間半となりました。)

ワンドリンク制ですので1品飲み物をオーダーしていただきます。

レッスン料金は3000円となります。
内容は、ハワイアンキルト・刺繍・刺し子などでお好きなものをやってください。
ミシンはありませんので、お仕立て方などは手縫いバージョンとなります。

手芸部みたいな感じでやっております。
手芸好きな方、1日だけの参加も可能です。
コメント・メッセージ・メールなどで何をやりたいかなどと合わせてお申し込みください。

キャンセル料金は3日前から発生しますのでご了承ください。
場所を借りてるので、キャンセルができません。

ここからは下は毎月定例開催クラスです。


★マウナロアクラス(恵比寿マウナロア内・4階スタジオ)

第1・3水曜 18:30〜20:30 
第1・3金曜 18:30〜20:30 

こちらは月謝制のクラスになりますので、マウナロアにお申し込みください。
上記の日程内での振り替えなどは無料でできます。

基本的にはハワイアンキルトのクラスですので、パンの木のクッションカバーからのスタートとなりますが、教室内での刺繍や刺し子のアドバイスまたは他の手芸などもご相談に乗ります。


★自宅クラス(西武池袋線大泉学園・リビンオズより徒歩1分・駅からは13分程度ですが、貸自転車あります)

毎週火曜日 午後1時〜3時クラス

毎週木曜日 午前10時〜12時クラス

第1・第3金曜日 午前・午後クラス

第1土曜日 午後1時〜3時クラス

こちらは自由に選択予約できますのでお忙しい方、コンスタントに来れない方も受講できます。
1回ごとのお支払いで、2時間3000円となります。(材料費・道具類などは別途)


何か手芸をやってみたい人、ちょっと空いた時間に刺し子ができたらいいな〜とか
キルトをきれいに作れるようになりたいとか、
キルトのバッグを上手に仕立てたられるようになりたいとか

いろんなご相談お受けします。

よかったらいらしてくださいね〜〜!!







放置中のダブルベッドカバーキルト

カテゴリ:
これは自分の制作中のキルトですが、ずいぶん長い間放置されています。

カットしたのが2009年。

当時は、次の展示会の時までに仕上げたいと思っていたのですが、その展示会も行うことができず・・・でした。

会場に使っていたところがなくなり、会場を探すもほどよいところが見つからず・・・
などとそのままになっていました。


久しぶりに広げてみるとやはり220センチ四方のものは大きいです。
半分くらいアップリケは終わっています。

このモチーフのアイデアソースはドラゴンフルーツでした。

宮古島に行ったときにこれは面白いなと感じたものをそのまま写真からスケッチして、デザインを起こしたのでした。

なのでモチーフ自体はすぐにデザインもでき、とても気に入っていたのですが、途中でしまい込まれてしまいました(笑)


昨日久しぶりに取り出してみたら、アップリケが半分くらい終わっていますので、もしかしてあと数年たつとできるかもしれないなどと思ったのです。


アップリケがしたくなったら取り出してみることにします。

死ぬまでには完成できるかなぁ〜〜


ベッドカバーに着手して完成されていない生徒さんや、元生徒さんも多いと思います。

ダブルサイズは特に大変です。

始めるならシングルサイズがおススメです。

150×220程度で作れます。

スタンプワークの蝶々

カテゴリ:
今年の3月の刺繍スクールの卒業に際し、卒業制作を作っています。

スタンプワークの額絵にしようと思い、蝶々作りたいなと思って試作しました。

これは色がめちゃくちゃですけど、なんとか蝶々になりました。




これはモンキチョウです。

図鑑を見ながら蝶々の色や羽の形を研究して作っています。

3体分できました。
青いモルフォ蝶はサテンのブルーの刺繍糸で刺してみました。


葉っぱのパーツを作ります。

これをまとめたり単体のまま使って、布に挿して使います。



大ぶりの花弁パーツです。

あたしが選ぶ色はいつもこんな派手カラーです(笑)

布は刺繍のクラスの時に教わった、オーガンジーを使っています。

この方が端っこがモケモケしません。
カットしたときにぎりぎりで切ることができます。


仮止め。

花の配置を見てみました。

これは使えそうですね。

ということであと、違う感じのお花を3つくらい作ろうかと思っています。

3月の2週目までに間に合わせないと卒業できないので必死です。
できるだけ早めに終わらせて安心したいと思ってるのですが。






ハワイアンキルト・教室作品

カテゴリ:
ロケラニのクッションカバー、派手バージョン。

あたしが色合わせするとこうなります(笑)

生徒さんが若いお嬢さんにプレゼントするということで思い切り派手目に。

とんがり部分が多くて大変そうでしたがきれいに出来上がりました〜

ベースに使っている青のバティックがとても素敵です。
これは昔ハワイ島に行ったときにキルトショップで買い求めたものです。

アメリカ人はこういう布が大好きなのですよね〜
あたしも大好きなんだけどね(笑)

こちらはイリマのお花がたくさんのタペストリーです。

お嬢さんのお宅の玄関を飾るそうです。

あとはお花をアップリケしたらキルトに入ります。
こちらは80センチサイズ。

カフェレッスンに来てくれてる生徒さんのポーチが完成しました。

この王道な感じの色使いもとても素敵です。

フォッシルファーンの青は素敵な色が多いですね。

白いお花が映えます。

キャラメルポーチからの変化したスクエアポーチです。

作り方は比較的簡単です。

長方形の布一枚から作れます。



幸せ袋(四合わせ袋)

カテゴリ:
コースターを作った時に切り出した布の端切れが、細長く余りました。

松阪木綿だし、もったいないしな〜と思いこんなのを作りました〜

市松と柿の花を部分的に刺してから、底を風車に縫いあわせて巾着に。

幸せ袋っていうんですって。

とても小さな袋ですがかわいくできました〜

口布を中の布はターコイズカラーの手ぬぐいの端切れを使いました。

底の正方形サイズは8センチとなりました。
端切れの幅でサイズは決まります。

今回のハギレは6センチくらいの幅のものでした。
要領はお手玉を作るときと同じです。

口布を赤とか少し目立つ色にするのがかわいさのコツかしら??

小さなハギレでもできますしプレゼントにもぴったりです。
パッチワークの人たちはたくさんこういうのを作るようですね〜(^◇^)

このページのトップヘ

見出し画像
×