ハワイアンキルトを始め布小物やバッグなどなど手芸全般お教室やってます。 楽しいアイデアで常に新しいサンプルを提案させていただいてます! 恵比寿・大泉学園で教室開催中。

アップリケ刺繍をがま口に

カテゴリ:
がま口が続きます。

今日はこんなのを仕立てました。

以前アップリケ刺繍をしてあったもの。
デザインは樋口愉美子さんの本から。

使った生地と刺繍糸の色は好みで変えました。

刺したまま放置してあったのですが、これもがま口にしました。

というのも今日は、茨城の友達が東京に来ていて、うちの自宅クラスにがま口のはめ方を習いに来ていて、ちょうど一緒にやっていたからなのでした。

彼女も刺繍が大好きな人で、手もきれいです。

左は樋口愉美子さんのデザインから。
右はビーズがかわいい刺繍ステッチから。

どちらも素敵ですが、右の方のリネンの生地が厚手でとてもいい感じでした。
最後の紐に苦戦してましたけれどきれいに出来上がりましたよ。

終わってからおやつを食べてちょっとおしゃべりして。
楽しんでいただけたようでよかったです。

自宅クラスでも随時お教えしておりますのでがま口で困っている方はぜひやりに来てくださいね。

去年も好評をいただいた、紫陽花刺しの葉っぱのマットです。

今年もリクエストがありましたので一つキットにしました。
紫陽花の季節の前に作ってもいいですね(^◇^)

おっとその前に桜ですね。

桜のデザインを描いたものを刺さなくちゃ。
まだ手を付けていませんが。

また明日もいい天気だといいなぁ〜〜
この頃あったかくていいですね、もう春だなぁ〜〜♪

刺し子のがま口とメガネケース

カテゴリ:
今日は月に一度の平日カフェレッスンでした。

今回はがま口を入れるのをやりたい人が3名いらっしゃいましたので、こちらのがま口を使って、入れ方の説明をしつつ、デモストレーションをさせていただきました。

3名の方にはあらかじめ刺し子や刺繍などをした袋を仕立ててもらって、入れるばっかりにしたものを用意していただきましたので、説明のすぐ後にやってもらいました。

がま口の制作の苦手ポイントなど説明しつつ、口金だけある場合の型紙の作り方の考え方なども伝授させていただきました。

皆様熱心にメモを取られたり、撮影したりと、ホワイトボードも活躍(笑)
めったにないことだけど。

カルフールは貸会議室なので、ホワイトボードもあります。
たまには使わないとね。

みんな無事にきれいに入れ終わりました。

あとほかの3名さまは、刺繍をされました。
イーラーショシュの方がとても大変そうで苦戦されていらっしゃいました。
あれはなかなか難しいですから。
私でもそんなにうまいことできるタイプの刺繍というわけでもありません。

こちらは入れる直前の状態です。

前に刺した紫陽花刺しのさらしを使いました。
2枚重ねなのでほどよく厚みがでますので、がま口にもできますね〜
でも接着芯は貼ったほうがいいです。




昨日製作したメガネケースです。

シンプルな四角い袋状ので、できるだけかさばらないものをということでしたので、寸法を測ってつくりました。





黄色が菜の花で、ピンクのが花筏です。
花刺しの斜めを一目増やしました。



立涌と桜の花びらを組み合わせた図案を考えてみました。

どちらも刺し子の図案でよく見るものです。

桜の季節に桜を刺すのは楽しいものです。

カロチャ刺繍をしたバッグ

カテゴリ:
以前これと同タイプの紺のベースのものを作ったのですが、今回生成りでオーダーいただきましたので、また制作しました。

生成り布は、11号帆布ですので、かなり厚手です。
枠はしないで刺繍をしています。

図案はハンガリーの旧い本からお借りしています。


内袋は右の黒ベースのフォークフロアっぽい生地にしました。

御朱印巡り(亀戸・王子・白山)

カテゴリ:
日曜日に旦那丼が行きたがるので、御朱印活動してきました。

午前中に用事のあった旦那丼と12時に池袋で待ち合わせ、そのあと亀戸へ向かいました。

亀戸へは何度か行ったことがあったのですが、御朱印活動を始めてからは行ったことがなく、御朱印をいただく気満々で行きました。

まずは腹ごしらえに、教わったとんかつ屋さんへ行ってきました。
お肉屋さんがやっているそうで、とてもおいしくて安くてボリュームがたっぷりで驚いちゃった。
右側にラーメン屋さんがあって、同じお店だそうです。
また行きたいです。

おなか一杯になって、亀戸天神へはタクシーで行ってみました。
タクシー安くなったので、すごく近い場合はバスよりお得だったりするよね〜
ってことで使ってみたのですが。
ワンメーターでは間に合わず、ひとつ飛び出しました。
でも490円。
前よりは安いですね〜

亀戸天神社は梅の季節が終わっていたのでそんなに混みあってなく、お参りもすぐにできて程よく撮影もできていい感じでした。

池に亀がたくさんいました。

そのあと、王子に行きたいという旦那丼、駅に戻って日暮里行きのバスを見つけたので載ってみることにしました。
たまにはバス移動もいいものですよね。
終点まで載っても210円ですし、移動距離が長いほうがお得です。
40分くらい乗ってました。
途中で居眠りしたり(笑)

日暮里からは京浜東北線で王子まで。

駅からの道がよくわからなかったらしく、飛鳥山公園の方まで行ってしまい、歩道橋を渡ってぐるっと一回りしてしまいました。

歩道橋の上から都電荒川線を見物したり。
かわいいです、都電。

やっと王子神社にたどり着きましたが、もうだいぶ日が陰ってきました。
この時すでに3時半。

さらにもうひとつ白山神社に行きたいというのですが、あたしは無理なんじゃない?といったのだけど、近いからと行くことに。

駅が本郷三丁目からだったので、また15分くらい歩いたのでもうくたくたになりました(笑)

このとき4時になっていて、お参りはできましたけれど、御朱印帳受付は終わっていました。
4時までのようです。
たいていの神社は5時までなので、やってるかなと思ったのですが終わっていました。

やはり午後からだけで3つも回るのはちょっと無理だったかな?

私はここ白山神社で東京10社が全て廻り終わりました。
しかし御朱印が最後だけないので、また行かんなくちゃです。

そして、旦那丼は自分はここで終わりと思っていたようですが、赤坂日枝神社の御朱印がないということにあとから気づいていました。

というか私が指摘したのですが、私が行ったときはまだ彼は始めていなかったのでもらっていないはずと思ったらやっぱりそうでした。

というわけで、また白山と赤坂見附にはいかなくちゃなりませんね。

この日は満願成就とはいきませんでした。

そして、かなりへとへとだったのですが、喫茶店もなくお茶もできずにそのまま家路につき、池袋のからの各駅停車にわざと乗って爆睡して帰りました。

最寄り駅でようやくドトールでコーヒーにありつけたのですが、過酷な半日でした。

御朱印巡りもやりすぎると疲れるのでした。
これからはあんまりスケジュールを詰めすぎないようにと旦那丼に反省を促しました(笑)

ファブリックパネル

カテゴリ:
クロバーさんからファブリックパネルを作れるキットが出ていると知り、買ってみました。

大きさはいろいろありまして、組み立て式なので好きな寸法にできます。

これは横長の30センチと40センチですが、真ん中のまっすぐなのを取り去ると30センチにも変えられます。

薄い生地で透けるのを防ぐための厚紙も入っていますので、けっこう薄い生地でもいけます。

2枚目の写真は、インテリアクロスで少し厚めでした。

仕組みは裏側にある溝に布を挟んでロープでぐりぐりと突っ込んで固定します。

四隅は溝が切ってあるので、布を挟むことできれいに仕上げられます。

タッカーもボンドもいらない、なんてお手軽ないいファブリックパネルなんでしょう!!!
すばらしい!

お値段もそんなに高くないです。

そして、これって、刺繍用のフレームにも使えそう!
Qスナップにもそっくりです。

挟んで固定して刺繍してもいいよね〜
リュネビルにも使えそうだ。

壁に飾るのも軽いのでプッシュピン1本で飾れます。
うらにそれ用の穴があいています。



このファブリックパネルは、うちのリビングに飾ってあるもの。

何年か前にいろいろ作りましたが残っているのはこれだけ。

このときはカルトナージュ方式で、2ミリボードを使って作っています。
厚みも2ミリボードをカットして好きな高さにボンドで貼って作りました。

布はタッカーで留めています。

タッカーは大きいホチキスなので、外せばまた布として使えます。

この布はスウェーデンのインテリアクロスで、かなり厚めです。
バッグにしてもよかったんですが、このカラフルで大柄な布は大きなファブリックパネルにぴったりだなと思ったのでした。

サイズはA2くらいでやや大きめ。

春のインテリアのイメチェンにもぴったりですね!!


ハワイアン刺し子ふきん

カテゴリ:
前にも作っていたハワイアンな絵の刺し子ふきんなのですが、今回新しくモンステラのパターンを書き直しまして、大きくしました。
インパクトあるでしょ〜♪

グリーン一色で刺してみましたよ!

お弁当を包むには少しちいさいけれど、組ひもで留めたらいいかもね!
2枚目の写真にあります。
クリックでインスタグラムに飛びます。


デザインの絵はこんな感じです〜

でーっかい葉っぱを一枚にしました。





プルメリアは前のままです。
かわいいですね。自画自賛。

プルメリア部分を何色にするか悩みますね。

ほかにも何パターンかありますので、よかったらハワイアン刺し子でタグ先を見てみてね!

下絵付き・仕立て済みふきんを1枚400円でお譲りしています。
糸はつきません。
ご希望の方はご連絡くださいね!

麻の葉のがま口と革指貫

カテゴリ:
こちらの配色でオーダーいただいていました。
こちらで制作は3つ目になりました。

人気ですね〜

お値段は3500円ですが、オーダーしてみたい人はどうぞご連絡くださいね。

ほかの色や、刺し子の模様も変更可能です。

がま口の口金もカーブタイプもあります。
これは直線タイプですが。
口金サイズは10センチです。(大きい方の横幅です)



きれいなグリーンの革の端切れを買ったので、こんな感じで指貫を作りました。

といっても切って穴をあけて紐とかゴムで結んでいるだけですが。

中指は太いので、市販のだとかなり短いので自分用として作っています。
ほしい方いたらあげています。
生徒さんとか、お友達とか。

革はあまり持たないので擦り切れて来たら指を刺してしまうので注意してください。




普段キルトの時は金属のものを使っています。
かかる力が強いので。

ダイソーのキッチンペーパーがいいと聞いたので(インスタで見た)、キッチンペーパーを買ってきたのですが、箱なしのティッシュみたいな感じでしたので、使っていなかったふきんでくるんでみました。

方眼という柄なのですが、裏の糸渡りが長すぎてちょっとお皿をふくのには不向きだなぁと思っていたのです。

ホビーラホビーレの付近はちょっと一目刺しのサイズが大きいのです。

そして、ふきんとしても横長タイプで、ランチマットくらいあるので、包むのにはちょうどよさそう。

くるっと包んで要所要所を縫いとめていますが、安全ピンでもいいと思います。

飽きたら変えたり洗ったりとできますので清潔です。
季節に応じて変えるのも楽しそうですね。

一目刺しの方が似合うかもしれません。
桜が前面に模様があるタイプなんかもこの先の季節としては似合いますね〜

これ用に新しく刺す場合は、底の部分には柄は来ませんので、長いほうの辺の両側に模様がくるようなデザインを考えるといいかもしれませんね〜

ダイソーのキッチンマットですが、やや厚めです。
丸いのより取り出しやすいけれど場所をとるかなぁ〜〜(笑)


御朱印巡り

カテゴリ:
先週の日曜日に旦那丼と何か所か行ってきました。

まずは品川へ。
品川神社です。

私はここは3回目です。
この登り龍の鳥居がとても素晴らしいです。

古い古い神社です。


次は芝大神宮へ。

私はここは2回目でしたので御朱印はもらいませんでした。
東京10社巡りをしたいという旦那丼に付き合っています。

ここはそんなに好きな神社ではないかな〜〜
なんでだろう。



門前仲町へ移動して、富岡八幡宮へ。

おお、ちょうど骨董市をやっています。これは楽しい♪
お参りと御朱印をいただいている間に、ささっと藍染めの古布を買いました。
けっこう高いね(^-^;

久留米絣の小さいハギレも。


境内の左側に深川めしのお店がありまして、旦那丼がここに行きたいというので入りました。
ちょうど空いてて、入れましたが普段は行列しているそうです。

汁かけタイプのアサリご飯は初めてでしたが、かなりしょっぱかったので、最後の方は食べるのがつらくなってきました。

けっこう高かったのにな〜??
なんでだろ?名物なのに?

最後は深川不動の方へもお参りして。

門前の出店で倉敷デニムのお店が出ていたのでちょっと寄りました。

ここで、風神雷神の絵のついた半纏を買いました。
(父へのお土産にするつもり)
お買い得だったので寒い日に来てほしいなぁ〜♪

この日はおなか一杯過ぎておやつの和菓子などは買わずに帰りました。
珍しい(;'∀')

帰りの電車では爆睡です。
いい運動になるねって旦那丼が今更言うんだけど(笑)

組ひもにハマる(^-^;

カテゴリ:
組紐の初心者向けの本を少し借りてきました。

右の本を見つつ、少しやってみましたよ。

こちらの写真はその前に作った青と赤の紐を裁縫籠の留め具として巻いているところです。
なかなかいい感じです!

気に入りました。
これの木のリングのもう少し小さいのがあるといいなぁ〜

黄色と青系の綿のサマーヤーンです。

なかなかかわいいです。
12Zスパイラルという組み方。
少し長く作れました。

これが一番組みやすくてきれいにできます。


ダイソーのジュートヤーンで平たい紐を作ってみたかったのでやってみたのですが、少し太すぎたようで今一つです。
太すぎ(笑)

模様はいい感じに出ていました。


どんどん組み方と糸を試したくなってしまい、続けてやってみました。
ハマるこれ(笑)




そろそろちゃんとした長いものを作ってみようと思って、本気でやることに。

長い紐は絡まるのでちゃんと巻かないといけません。

金属製の洗濯ばさみがたくさんあったのでこれに巻きました。
ある程度の重さがあり、とても便利だわこれ。

中心にははさみとか爪切りとかちょっと重いものをぶら下げるときれいにできます。

左手でディスクをもって、割れ目に挟みながら進むのでなかなか大変で時間がかかります。

いい感じにできました。長めの1メートルぐらい。

作りたい長さの1.5倍の紐を組んで、このくらいになります。





手首にも巻けました。

ボタンは手芸屋さんで売っている大きめの既製品ボタンです。
糸が渡してあって面白いボタンです。





ディスクを使わないでやる丸い木の台で作るやり方をなんとかできないものかと思って、考えたのですが、梅酒などを作る保存瓶があったので、それの上にディスクをおいて、溝に挟まないでやる方式を考えました。

両側に重りをつけたら問題なさそうです。

少し試してみました。

両手で持って組み替えられるタイプなので、とってもスムーズに組めます。
もちろん洗濯ばさみで重しはしています。
ガラス瓶にあたるので少しうるさいけれどこれは使えそう!!
重りを下側にもきちんとしないと紐がぶよぶよになりますけど。

左側2つはアクリル毛糸だったので、かなりぶよぶよしましたけれど、なんとか組めていました。

これでばっちり!!
ビバ!梅酒瓶!!

というわけで組み紐研究は続きます(笑)

いくつか作っておいて御朱印帳ケースなどに巻くのもいいよねぇ〜
ブックカバーのしおりにもいいし。

細い絹糸で作るのも繊細でいいし。

前に組紐用といってもらった絹糸がまだけっこうな量あるのでした。
それを使いたいなと思いますがうまくつかえることやら。


組紐をやってみたくて。

カテゴリ:
少し前にブックオフで組みひもの本を見つけたのです。

左は皮テープを織る本です。

組紐をやってみたくてほしかった組紐ディスクがついてる!!
これは買うしかないなと思って。

これはアクセサリーを作れる分の紐とビーズが入っています。

一昨日トライしてみました。

組紐ディスクというのはこういうのです。

ハマナカから出ていて単品売りもあります。

四角もあるそうです。

これは円形タイプ。
8本で作る組紐のやり方が1種類だけ載っています。

さっそく細い糸でトライしたら、細すぎたらしくてきつきつになってしまった・・
5番刺繍糸でした。


そのあと、もう少し太めの糸がいいかもねと思って。

イーラーショシュ用の糸があったので、それを2本どりでしてみたら、おおいい感じ。
求めていた感じの紐になりました。

これは丸いウッドの輪っかに通してから編み始めています。



こんな感じのくるっと巻いて留める紐がほしかったんだよね〜

たまに手芸の時に紐がほしいシチュエーションがあるんですけど、なかなかかわいい紐がないの。

巾着とか、道具入れなんかの時ね。
あと御朱印帳入れもくるっとしてもいいよね〜

というわけで紐を作ってみたいとは前から思っていて。
この組紐ディスクも買おうかな〜と思っていたんだけどそのままになっていました。

昔一度厚紙で作ったことがあったのです。円形ディスク。

7本の紐をどんどん回して作るタイプの簡単なバージョンを刺繍糸で作ったものを、老眼鏡用の紐として使ってます。

っていうかその老眼鏡が行方不明・・・(笑)

老眼鏡の紐の新しいやつ作ればいいじゃん。

というわけで、図書館にあった素敵な感じの組紐本を借りてみました。

さすがにすごくたくさんの種類が載ってます。

最初から借りた方がよかったね。

左の本なんて、アンデス地方の組紐の事が載っています。
組紐は世界中にあるらしいんだけど、日本とアンデスでとても凝った造りに発達したようです。

興味深いですね〜〜
アンデスの組紐って知らなかったです。

また、組紐という沼にずぶずぶと落ちそうです(笑)

組紐用の丸い木のアレ、誰かくれないかなぁ〜

そういえば、君の名はという映画を見たときにも組紐って素敵〜って思ったんでした。

おばーちゃんがやってた機織りみたいは組紐はほんと素敵で萌えた!!!

味噌の仕込みといちごパンケーキ

カテゴリ:
今年の味噌づくりは例年より遅れまして、3月5日でした。

材料の調達が遅れたので、配送が3月2日になったのでした。
今回の材料は、楽天で見つけたのですが、鈴木こうじ店さんというお店だったのですが、全体的にすべてがいいです。

材料の丸大豆も北海道産でとても粒が大きくて、茹でると甘くておいしかったです。(一粒味見(笑))

また、こうじも生こうじで、麦麹のセットもありました。
今回10キロコースを頼んで、半分を麦麹にしました。
いつもそうやってこうじの半分を麦にして作っています。

少し甘めのお味噌ができます。

というわけで、5日に味噌を仕込みました。

妹も呼んで2家族分10キロを仕込みました。

味噌の仕込みが終わったのでお昼頃にいちごを買いに行きました。

近くのいちご農家がやっている直販でその日に摘んだいちごを販売されているのです。

品種は章姫と紅ほっぺでしたが、紅ほっぺを買ってきました。

ここはいちご狩りはやってなくて、販売だけです。

10時から売り始めてなくなったらもう終わりだそうでした。また買いに行きたいなぁ〜

せっかくなので妹とパンケーキ屋さんごっこです。

パルシステムのホットケーキミックスを使ってホットケーキを焼いて、生クリームを絞り、いちごを乗せました。

いちごの型を紙で作り、粉糖を振って、ステンシルをしましたら、とってもかわいい桜の絵ができました。

こりゃ、お店のみたいだなぁ〜(笑)

いちご自体がとっても甘くてお店のよりおいしかったのでした。
朝摘みいちごはおいしい!!!

ハワイアンキルト・小作品いろいろ

カテゴリ:
カードケースを仕立てました〜

生徒さん作品です。

画像クリックでインスタに飛びますが中身も見られます〜


リバースアップリケのプルメリアのポーチたくさん!!





おひとりの方の制作物です。ハイビスカスのパスポートケースです。

こちらも生徒さん作品です。
おそろいの亀さんも制作中です。




こちらもパスポートケースです。

お友達とおそろいにしようと作ったそうです。

インスタに飛ぶと、ゲッコーのポーチも見られます。
それはプレゼント用だそうです。

先週の土曜日の自宅クラスです。

この日に初めてキルトをする生徒さん。
やり方が少し難しいので、戸惑っていらっしゃいましたが、難なくクリアされていました。

体験クラスでやったコースターも無事に仕上がりました。

体験レッスンはコースターを作ります。
材料費込で1500円で自宅クラスのみとなります。

カフェレッスンの場合は3000円となります。


3月のカフェレッスン予定ですが、18日土曜日と、22日水曜日です。

土曜日のみまだ少し空きがあります。
3時から5時です。

よろしければご連絡くださいね〜!

アメリカ製オキシクリーンの威力!!!

カテゴリ:
コストコのオキシクリーンを頼んであったのですが、買ってきてもらえました。

やった〜!!
これでお風呂や洗濯槽の掃除ができるよ!!!


とりあえずお風呂を。

熱めのお湯で溶かしてぶくぶく泡だてます。

このまま沸かすと、配管まできれいになります〜

そして黒いやつが出てきます。

このときに、洗面器や椅子や足ふきマットなども漬けちゃいます。

1日おいてもいいらしいけど、半日くらいで掃除してみました〜
椅子のこびりつき汚れがつるっと取れました。

オキシ、すごい!!

床面の黒ずみもとれるらしいので、排水の穴をラップでくるんで蓋をして、薄くぶくぶくのオキシ水を張ってみました。

床もかなりきれいになります。


シンクも栓をしてお湯をためてぶくぶくにします。
ここにも、いろいろ生ごみ汁受けやら、魚焼きグリルやら、フライパンやら、まな板やらいろいろ突っ込んでます。

しつこい汚れは劇落ち君でこするとするっと取れます。
鍋の外側のこびりつきもとれます。

オキシやめられない〜〜(笑)

ずぼら主婦にはぴったりのオキシクリーン。

なぜこれを普通のスーパーでは売らないのか謎・・・

文鎮口金の長財布

カテゴリ:
刺繍の課題作品が終わって自由になったので、やりたかったことをいろいろやり始めたところです。

まずはもう半年くらい前に買ったキットを寝かせていたものを。

文鎮口金というそうです。
オカダヤでキットを買ったのですが、放置されていましたのをやっと作りました。

模様は十字亀甲で、使った糸はちょっと前に自分で染めた黄色の糸です。(くちなし)

全部刺すとくどそうだったので真ん中10センチだけ。

あとは藍染の布のままにしました。
うーん、なかなかいい感じにシックにできました。

インスタの画像に飛ぶと、開いたところも見られます。
複数投稿が可能になり、大変便利です。

これは刺している途中。

くぐり刺しと言って、刺した目にひっかけて模様を作っていくタイプのやり方の一つです。

一目刺しにはこのやり方がけっこうあり、面白いのですよ。

これはちょっと細かい図案なので、もう少し簡単なのをやると楽しめます。


今まで使っていた蝙蝠ちゃんとはお別れですが。これはこれでいちおうとっておこうかしら。

これも薄くて使いやすくていいお財布でした。

蝙蝠も刺繍したのですが、周りのフェルトの部分が劣化してきたなぁ〜


長財布が好きで今までもいろいろと作ってきましたが。

使い倒したのも使ってないのもいろいろあります。

使いやすさとあまりかさばらないのを考えて作りたいなと思っています。

今回の文鎮口金のキットの型紙だと、この左上のアコーディオンポーチのやり方に相当するのですが、蛇腹部分のところを別布してもう少し薄く作りたいところです。

またちょっと作ってみよう。


春を降り注ぐジョウロ

カテゴリ:
作品タイトルです。

春の素が入ったじょうろをかたげると、春の花や蝶々が降り注がれて、一気に春になるイメージで絵を描いてみました。

そして、花や蝶々たちを立体に刺繍して仕立てました。

この手法はスタンプワークといい、刺繍の一種ですが、立体に仕上げる部分のパーツをそれぞれ作ってから、布に突き刺して裏に縫い付けて仕上げるという手順で作り上げられています。

刺繍を始めたころからこの手法に興味があり、卒業作品は迷わずこの手法にしました。

そして、蝶々や昆虫を刺繍してみたかったので、こんな雰囲気のものを作ってみました。

シルバーのアンティーク調の額に入れました。

額装も自分でやりました。
(刺繍クラスの時に習いました)

厚み3センチの額に入りましたので無事に収まりました。
サイズはA3です。

こちらを展示する卒業作品展示会があります。
指導者研究科の卒業生全員の作品が並びます。
卒業式は26日の日曜日ですが、その前の金土日と展示されます。

一般の人も見られますし、卒業生のみの展示ではなく、JACAの先生方や生徒さんたちの作品も並びます。

また刺繍だけでなく、編み物やタティングレース作品も並びます。
面白い作品に出合えますよ。

去年のタティング作品は、仮面舞踏会用の仮面などがあってとても面白かったのでした。

詳細はこちら、日本アートクラフト協会のwebサイトをご覧ください。


場所は日展新会館というところです。
谷中のカヤバベーカリーの近くです。カヤバカフェとセットがおススメ。

鴬谷からめぐりんバスが出てるみたいです。
日暮里からも歩けます。約10分くらい。
谷中墓地を抜けていくのですが去年は桜が咲き始めていてとてもきれいでした。


開催期間 平成29年3月24日(金)14:00〜17:00

             25日(土)10:00〜17:00

             26日(日)10:00〜15:00

開催会場  日展新会館 1・2階  台東区上野桜木2-14-3

                  03-5809-0803



これも課題です。
自由作品で、抽象表現の課題でした。

教わったフレーミングも自分できちんとやるのが課題です。
フレームには入れていませんが、裏側を糸でくくりながらはっていきます。

このやり方を覚えると額装がまったく苦にならないです。

テープよりしっかりきれいに張れます。



刺し子の小物いろいろ

カテゴリ:
麻の葉のがま口。

2つおそろいで作りました。

左の方はオーダーいただきましたので制作したのですが、黒の布を使ってみたくなり同じサイズで制作しました。

こちらもオーダー受けておりますのでよろしければご連絡くださいね。

御朱印帳ケースもオーダーいただいたもの。

ぐるぐると刺し子を入れて、数寄屋袋仕立ての入れ物にしました。

マグネットもつけていますので出し入れは楽です。

蓋部分には接着芯を付けて堅くしています。


千鳥格子の柄が好きなのですが、刺し子の一目刺しにならないかな〜と図案をあれこれひねりながら考えてみましたが、方眼ノートでデザイン考えると意外とできたりしますね。

でも手裏剣みたいと言われちゃったけど(笑)





コースターにしてみました。

前にも作ったものをいろいろ合わせて撮影。

フェルトで挟んでいます。

セリアにあった厚手のがいい感じ。


お正月にお酒を買ったときについていた小さな升に刺し子の詰め物をして、ピンクッションに。

これがなかなかかわいいです。

月桂冠って焼き印が入っていますけどね(笑)

ご自宅用ピンクッションが増殖しまくっています。

この前染めた蘇芳の糸でピンクのお花を刺しました。

インスタでコメントくださった方が、川面に浮かぶ花筏のようですねと言ってくださいました(^◇^)

格子柄の花の方を花筏と名付けようかと思います。
花刺しのアレンジですけど勝手に格子柄を足してみました。



キルト芯を付けてがま口に仕立てました。

とてもかわいくできました〜

白糸刺繍のドイリー出来上がり

カテゴリ:
刺繍クラスの課題のアンティーク風のやり方の刺繍です。

白糸で全体を埋めるのでけっこう大変です。
最初のころにイニシャルを作ったのですが、最後の方の花が多くて大変でした。

外側のブランケットステッチも飽きちゃうので早めにやったのですが、お花を少し残したまま放置してあったのをやっと仕上げました。

洗って、糊をかけて、アイロンして、ボタンホールステッチの外側をカットして出来上がりです。


これはあと少しっていうところです。

フリクションのグレーのペンで下絵を描きました。

フリクションはアイロンでも白くなりますが、洗った方がいいです。
色が出てしまうリスクもあるので。

こんな感じで刺していました。

蝶々の刺繍も最終段階になってきて、アゲハチョウの羽を4枚刺したところです。

あとは全体にパーツをつけてバランスを見て、足りないところを足して完成間近!の予定です。

御朱印帳ケース

カテゴリ:
これは私が現在使っている御朱印帳と御朱印帳袋です。

ケイフファセットの布を使って、ぐるぐるとした模様の刺し子をして、ちょっとインドのカンタみたいな感じにしています。

それを封筒型にたたんで数寄屋袋風の御朱印帳入れを作ったものです。



東京大神宮の御朱印帳を購入した旦那丼が、御朱印帳入れを作ってというので、あっさりシンプルに作ってみました。

彼のリクエストにより、蓋などはなして、スポットはいるぴったりした邪魔にならないもの。

ということでこうなりました。

ぬくもり工房さんの和木綿の縞柄を使っています。
ちょうどハギレでいいサイズがありましたので。

彼的には地味だそうですが。(笑)

中の御朱印帳がかなり派手で、桜の可愛らしいものなので、外見は男前にしたんですけどね(笑)
桜の御朱印帳は限定っぽかったですよ。

あえてこれを選んだそうです。

都内で御朱印巡り

カテゴリ:
ちょっと前ですが、旦那さんもいよいよ御朱印帳を買って集め始めたいということで、まずは東京大神宮へ行ってきました。

1本だけ咲いていた鉢植えの河津桜が綺麗でした。
メジロが蜜を吸っていました。
かわいい♪

ちょうどやっていた結婚式も見学しましたよ。


さらに六本木一丁目に移動しまして、赤坂氷川神社へ。

今までノーマークだったのですがとてもいい雰囲気の静謐な神社でした。
ここも旦那丼が行きたいというので行ってきました。

さらに六本木駅をはさんで反対方向なのですが、出雲大社東京分銅へも行ってきました。

どちらでも御朱印をいただきました。

さらに、浅草の今戸神社へも行きたいということで、浅草へ移動。

ちょうどやってきためぐりんバスに乗って2つ目の今戸神社へ。

招き猫さんがいっぱいいるな〜と思ったら発祥の地だったのでした。

今はもうほとんど行われていないそうですが、今戸焼という焼き物があったそうです。

帰りはぶらぶらと歩いて浅草方面へ。

最後に、浅草神社へお参りしました。

旦那丼は御朱印もいただいて、この日だけで6つの御朱印が集まりました。
たくさん歩いて疲れたね〜〜



ということで、おやつに甘味処へ。

舟和さんです。
芋羊羹で有名ですが。

粟ぜんざいを食べました。
芋羊羹も一つバラで頼んで半分こしました。

旦那丼は田舎汁粉を食べていましたよ。

大好きな葛餅を買って、帰途につきました。
帰りの電車では爆睡です(笑)

御朱印巡りはいい運動になるというけれど、本当によく歩きます。




粘土のブローチ

カテゴリ:
粘土のブローチです。

友達に教わりつつ絵付けしました。

粘土ももらったので型抜きをして乾燥中です。

焼く方もやってみたいところ(^O^)

またまたやりたいことが増える〜(*≧∀≦*)



恵比寿から渋谷に向かって明治通りをいくとキリムのお店があるんですが、お店の前でセールになっていたギャッベを買いましたん(^O^)

前から欲しくて高くて買えてなかったのです。
ようやく買うことができました。

壁にかけるか座るか(*≧∀≦*)

このページのトップヘ

見出し画像
×