2009年08月

2009年08月30日

大地の芸術祭3〜「十日町エリア〜松之山エリア」

kumo1大地の芸術祭の第二回目のアップです。
今日はちょっとこのお祭りのコンセプトの紹介ね。
ここは廃屋再生アートの蜘蛛の糸のお家です。

朝早くに行ったので、お当番の地元の老夫婦とたっぷりお話ができました。
このお祭りは地元と人たちとともにするというのがコンセプトで、お祭り期間中は地元の人たちがお当番で店番をしているそうです。
地元の人たちの協力がなくては、成り立たないイベントとなっています。
ほんと朴訥とした気持ちのいい老夫婦との会話だったよぉ。

「大地の芸術祭」は2000年からはじまり、3年毎に開催されているので、今年で4回目です。
ここの廃屋は10年契約でアーティストが借りているそうです。

継続した地元の人たちとアーティストの交流が生まれるというのがいいところね。



kumo2さて。蜘蛛のお家にはいったクッキーはむいむいに絡まれたくまみたいで、ぐるぐるしているわぁ。

クッキーはアートにふれて興奮しているのか、絡まっているだけなのかどちらでしょうかねぇ。



fukutake1お次は旧名ヶ山小学校跡のFUKUTAKE HOUSEです。
ここは、撮影はダメなので入り口の大看板だけなんだけど、いろんなアーティストが学校の教室や体育館を使って展示をしています。

この校舎にかけてある入り口のロゴだけでもアートだよねぇ。




fukutake2ここはFUKUTAKEHOUSE近くのエリアで畑の中にあるアートです。
豪雪地帯の新潟ではこういう三角お屋根の倉庫をたくさん見かけます。
ドーム状の丸いお屋根の倉庫とか、機能美が生み出すアートな建物だよねぇ。

クッキーはアート作品へと突進しているよぉ。扉にど〜ん!



fukutake3、、、として中にはいると、井戸みたいにぐっと掘りこんでいるよねぇ。
写真では綺麗に撮れなかったんだけど、天井にある映写機が穴の底に、ひまわり畑などの映像を映し出すというアートがみれましたぁ。

クッキー、穴におちるよ。



washi1お次は、和紙のアートです。お家の中が和紙でいっぱいの日本的な伝統を生かしたものね。







washi2こんな感じで時間によってライトの色がかわり、お家の中にはりめぐらされた和紙のアートが幻想的な空間をつくります。
ちぴくんは空間アートによっているよねぇ。

ここの和紙のお家はくま用のお家もあるよぉ。



住人たちの日記へ〜 大地の芸術祭3〜「十日町エリア〜松之山エリア」

puchikumafamily at 21:35|PermalinkComments(10)

2009年08月26日

大地の芸術祭2〜「十日町エリア」

ubu1第1回目はテツな話題だけで終わったんで、今回からいよいよ大地の芸術祭のはじまりです〜。

大地の芸術祭とは新潟県十日町市を中心に東京23区とほぼ同じという広大なエリアに、370ものアート作品が展示・体験できるというものです。

うーん、あまりにも見所がありすぎて、ぼちぼち編集しているんだけど、あと5回くらいでアップできたらと思うところです。

大地の芸術祭のコンセプトはすばらしいので、作品と一緒にすこしづつ紹介していきまーす。

大地の芸術祭では廃校や廃屋を再生してアートな空間として生まれかわるというのが主なものとなっています。
最初に訪れたのがこの「うぶすなの家」です。

茅葺の屋根が懐かしい感じのするところだよねぇ。



ubu2こんな感じでお家の中はアート作品がいっぱいです。
クッキーもこんなところに座っていたら、アート作品と思われるじゃんねぇ。

地元で出会う人たちはとっても気持ちがいい人たちです。
おじいちゃんやおばあちゃんがいいんよねぇ。
みんな誰にでも挨拶するしさ。

地元のおじいちゃんはこのうぶすなの家をみて、「昔はみんなこんなんじゃったわ、なんでも芸術なんじゃわな」とのこと。
確かにそのとおりよねっ。



mashita1お次は廃校アートです。大地の芸術祭では全部で13校もの学校が廃校アートとして再生しています。

ここは旧東下組小学校で、今回の廃校アートとしては珍しいコンクリート校舎です。

ここでのアートで一番お気にだったのが、引きこもる人間の姿のアートね。
机の上にちっちゃな机を乗せて引きこもりの子がいっぱいいるよねぇ。

他にも部屋のあちこちにこのフードのかぶった子がいて、かくれんぼを探すように楽しめるよぉ。



mashita2あらら。ひとつ席が空いていたのでちぴくんもアートに参加ね。
くまもアートだよねぇ。
ちぴくんは引きこもり系じゃないから、いぢめられるのぉ!?

こんな感じで、大地の芸術祭は写真撮影が自由なところがほとんどで気兼ねなく楽しめます。
参加型のアートもたくさんあるのね。




sanada1お次は懐かしい木造校舎の旧真田小学校です。
教室がそのままアート展示室になってます。

校長室が食堂になっていて、地域の人たちが地元のお野菜でお料理をつくってくれて、お昼ご飯を楽しむことができます。
廃校アートののどかなところで、おいしいごはんで最高!


sanada2ここでは、校舎の中のいたるところにこんなアートがひしめいています。
むいむいみたいな子がいっぱいで、現代アートの好きな管理人は大好きだけど、クッキーはちょっとこわいこわいかなっ。

さて。学校でこわいものと言えば、やっぱアレだよねぇ。。。
廃校アートらしく、こんなものがあったよぉ〜。クッキーこわいこわい〜。


住人たちの日記へ〜 大地の芸術祭2〜「十日町エリア」

puchikumafamily at 07:22|PermalinkComments(14)

2009年08月23日

大地の芸術祭1〜「寝台急行きたぐに」

kitaguni1はーい、おひさしぶりです。
お盆の時期をちょっと外して、旅行にいってきましたぁ。

旅行おカバンに入ってクッキーが行くそのご旅行とは、新潟県の越後妻有で行われている「大地の芸術祭」です!
どんなイベントかというのは、次回以降で少しづつ紹介していきますが、シリーズ第1回目の今回はテツな話題です。



kitaguni2テツのクッキーのご意向+管理人がお仕事をあまりお休みせずに効率よく行くために選んだのは寝台列車です。
大阪を11時過ぎに出発して翌朝に直江津に着く寝台急行「きたぐに」ね。

やっぱ、この列車がはいってくる瞬間がたまらないよねぇ。
写真を撮っている管理人の姿は、テツなのかクマなのかわからないけど、アヤシイヲタであるのには違いありません。。。



kitaguni3さて。寝台列車の中にはいってみると、こんな感じで両サイドが3段ベットになっています。

クッキーは興奮して走っちゃうよねぇ。





kitaguni4クッキー専用に1段のベットの指定をとっています。
検札が楽しみだねぇ。
(↑どんな溺愛くまか!っとつっこみたくなりますが、ウソです)





kitaguni5クッキーはうれしくて、ばぁ〜しているよねぇ。
こんなテツなおおはしゃぎのクッキーだけど、寝台列車の旅はいかがだったかなぁ〜?





住人たちの日記へ〜 大地の芸術祭1〜「寝台急行きたぐに」

puchikumafamily at 19:45|PermalinkComments(10)

2009年08月18日

ぬいぐるみシャンプー2

shampoo1今日はくまにとってはこわ〜い話題です。
以前に紹介した『ぬいぐるみシャンプー』ねっ。

ながーい梅雨みたいな夏がやっとあけて、プチくま家の女の子のくまたちはおっ天気なんで、きれきれいしないとねぇ。
バンビーナとタビタちゃんは今から、何が起こるかわかっていないようだよぉ。



shampoo2「あらっ、ちょっと何するのよ!」(byバンビーナ)
バンビーナが脱がされているじゃんねぇ。きゃっ。

ちょっとファンのためのサービスショットです。
たまにはファンサービスしないとねぇ。



shampoo3さて。。。あれ〜〜!
一気にぬいぐるみシャンプーを吹きかけます。
みるみるとバンビーナは白くまになるよねぇ。
消火器をあびたくまみたいじゃーん。





shampoo4シャンプーで汚れを浮かしたあとは、さっと乾いたタオルでひとふきです。
くまはタオルでふきふきしているところがかわいいよねぇ。
バンビーナはくまの子って感じでしょ!





shampoo5タビタちゃんも一気にスプレーねっ。
IKEAの量産型くまでシャンプーしてもらっているのは、タビタちゃんだけかもしれないよねぇ。
タビタちゃん、プチくま家にこれてよかったねぇ。

さて。シャンプーの後と言えば、やっぱり日向ぼっこねっ。
ちょっと普通の日向ぼっことは違うけど、お気にめすかな!?


住人たちの日記へ〜 ぬいぐるみシャンプー2

puchikumafamily at 21:56|PermalinkComments(16)

2009年08月13日

十三花火

donut1今日は、ちょっと前に行った大阪・十三花火の話題です。

まずは、ちょっと花火までに小腹がすいていたんで、立ちよったのはミスタードーナツさんです。
このあまーいドーナツはくまにはたまらんのよねぇ。
(↑晩ごはん前におやつだなんて、メタボくままっしぐらのパターンです)
新作のボンデ抹茶ミルククランチがおいしっ!



donut2ちぴくんが選んだドリンクはメロンソーダです。
うーん。どうみてもカキ氷の原液みたいだわっ。
お味の方もカキ氷のタレじゃんねぇ。
舌が緑色になるわ。。

くまはこういう体に悪そうなものが大好きなんよね。もっ。


fireworks1さて。いよいよ花火大会のはじまり〜!!

実はこの花火鑑賞はぬっくのお友達の十三にあるお店からの鑑賞なんです。
お部屋から見える花火はリッチな気分よぉ。

阪急電車が行き交うのが見えるので、テツにとってもお勧めスポットね。


fireworks2お店の中はいろんなお友達が集まってのパーティーね。
タンドリーチキンを焼いてくれての大振る舞いです。

あ〜!ちぴくんはタンドリーチキンに、がっつきそうなんだけど、お顔がベトベトになっちゃうよねぇ。
ちぴくんはわんわんじゃないから「待て」ができないのね。
くまだねぇ。


fireworks3さて、焼きあがったタンドリーチキンをのせてのタコスです。
いろんな具がはいっておいしい〜!!
なんて、リッチな花火鑑賞会かと思うよねぇ。

でも、このタコスってなんだか具が多くない〜!?


住人たちの日記へ〜 十三花火

puchikumafamily at 07:51|PermalinkComments(10)

2009年08月08日

京都大原2〜「三千院」

ohara4はーい、京都大原の続きはいよいよ三千院です。
うっそうとしたみどりのトンネルと清流の音を聞くだけで、一気に気温が5度下がったような感じになるよぉ。
バンビーナはうれしくて、タビタちゃんみたいに走っているよねぇ。


ohara1
川沿いの木陰いっぱいの道を奥深くいくと、立派な山門が山の奥に現れます。
ここで記念写真を撮っているが多いけど、くま撮っているのは管理人だけよねっ。




ohara2いよいよ三千院の中にはいりまーす。
おお〜っ、みどりいっぱいの庭園で風流な感じね。
縁側にすわると、♪きょうと、おおはら〜、さんぜんい〜ん♪というメロディーがあたまに浮かんでくるよっ。

バンビーナは傷心旅行にきたくまみたいじゃんねぇ。


ohara3さて。これは有名な三千院の中の苔の生えたお地蔵さんです。
けっこう、ひっそりと苔に埋もれていてなかなか発見しにくかったのね。
あ、バンビーナもお地蔵さんみたいじゃん!?

観光のあとはおやつねっ。


住人たちの日記へ〜 京都大原2〜「三千院」

puchikumafamily at 08:43|PermalinkComments(14)

2009年08月02日

京都大原1〜「くまガール」

ohara1はーい、ひさしぶりの更新です〜。
しばらくぶりのパソコンをひらいたところで、ちょっと以前のお出かけ話題のアップです。

ここは、♪きょうと、おおはら〜、さんぜんい〜ん♪です。
関西の老舗の避暑地ということで、ふと思い立ってのお出かけね。
ロハスなくまということで、今回のお出かけはバンビーナです。
みどりいっぱいの気持ちのいいところねぇ。


ohara2「森ガール」っていうのをジャンルのファッションのコを知ってるかな?
森にいそうな女の子ということでの命名で、リネン系の服をきたロハス系の女の子のことだけど、
自称ロハス系バンビーナも「森ガール」に憧れています。

「森ガール」にあやかりバンビーナは「くまガール」かなっ。
「森」が抜けて「くまガール」だと、ただのくまの女の子じゃんというつっこみがありそうですが、「森くまガール」や「くま森ガール」だと語呂が悪いので「くまガール」ということで!


ohara3ランチはたぬきがいっぱいあるお店のオープンカフェね。
水の流れる音がして、ビジュアル的に涼しさを感じるよねぇ。

バンビーナはたぬき系なんでたぬきにモテモテなんかな!?おっと、バンビーナに怒られるわっ。




ohara4大原のはずれの苔がびっしりと生えたお寺です。
観光地に行くと開放感があるのか、人目もはばからず撮影できるのがいいよねぇ。

緑の中にいるとまさに「くまガール」よねぇ、バンビーナ!


住人たちの日記へ〜 京都大原1〜「くまガール」

puchikumafamily at 20:42|PermalinkComments(14)