2009年11月

2009年11月28日

プチくま家四周年記念ご愛顧フェアー!

logo


kanbachi1


















はーい、今年もやってきました!
今日はプチくま家のはじまった、プチくま家のお誕生日です〜。
ということで、恒例となったプチくま家のご愛顧フェアーねっ。

なんと早もう、4周年にもなるんよねぇ。
4年間もこんなくまなことを続けていたと思うと早いのやら、長いのやらすっかりくま中心の毎日です。

さて。今年のご愛顧フェアーは何かというと、「カンバッチ」です。
プチくま家の看板イラストとなっているクッキーとバンビーナのカンバッチのプレゼントというなんともまた懲りずに親バカな企画ね。



kanbachi2カンバッチ作成マシンをネットで購入しましたぁ。

クッキーはどんなバッチができるのかとわくわくねぇ。

カンバッチの材料キットに自分の好きなイラストを入れて、キリキリとレバーを回してつくります。

超アナログな作業でまさに家内制手工業です。
仕上がりはこんな感じで、ちょっと遠目に見れば市販品みたいかなと自画自賛ねぇ。
クッキーもご満足かなっ。



kanbachi3さっそく、クッキーとバンビーナにつけてみましたぁ。

うーん、得意げなお顔のおふたくまだよね。
ますます溺愛くまになって教育上よろしくないよねぇ。


さて。申し込み方法はプチくま家ホームの右上の管理人宛ての「メール」で「プレゼント希望しまーす」とか、以前に申し込みしてくれた方は住所がわかるのでコメントにカキコをしてくれたらOKです。
みなさんにプレゼントです。募集おまちしてまーす(^o^)丿

プチくま家ホーム




presentもう、ひとつ話題を。

いつもプチくま家を応援してくれている熊王子&ユミさんから管理人へのお誕生日プレゼントということで、おサンタくまとくま耳かきをプレゼントしてもらいました。
いつもいつもありがとうねぇ。

くま耳かきはやっぱくまのために使うものだよねぇ。
早速あのお方が使ってみましたぁ。


住人たちの日記へ〜 プチくま家四周年記念ご愛顧フェアー

puchikumafamily at 19:52|PermalinkComments(20)

2009年11月23日

おっ誕生日

birthday1はーい、われながらで恐縮なんですが、今日は管理人の3x歳のお誕生日です〜。

管理人のお誕生日はハッピーマンデーでの祝日の移動がないので、いつもお休みなのねぇ。

さて。これは今年の管理人のお誕生日プレゼントね。

絵本にくまにくまの服だよぉ。



birthday2まずは、絵本ね。
管理人の前の職場のおともだちとのお出かけ会で、サプライズお祝いをしてもらえたよぉ。

管理人が絵本好きということで、絵本のプレゼントね。

おじいさんとハトのうるうるなお話です。



birthday3お次は、ニューヨークのお土産なんだけど、お誕生日のプレゼントということにしちゃいましたっ。

おなかにハートのマークというと、神戸の女子高生で大流行のくまのブーフが有名だけど、このコはブーフじゃありませーん。

「アップル」って命名しちゃったよ。



birthday4お次は、くまの服ね。ちょっとこのセーターはおっきいよなぁ。
誰にぴったりかな、、、おっとペタに合いそうじゃないですか!

ビックサイズくまのペタは、意外と既製品が合いやすいのかもねぇ。



birthday5こんな感じでよいしょよいしょと着せてみるとぴったり!
これからの季節はクリスマスベアーになるよねぇ。

ペタかわいい〜と絶賛です。
うーん、でも、かんまりかわいがるとあのお方の機嫌がわるくなるかな!?

緑の服の方はどうだろう〜。。。


住人たちの日記へ〜 おっ誕生日

puchikumafamily at 16:41|PermalinkComments(22)

2009年11月21日

「神戸ビエンナーレ2009」2 〜 「お船でアート」

biennale5アップが遅れましたぁ。神戸ビエンナーレの2回目のアップです。

神戸はいえばやっぱり港町!
ビエンナーレの会場その2はなんと海の上で、お船に乗っての観覧ね。
神戸にいながら、なかなか港めぐりっていかないんだよねぇ。
お天気もよかったので、風をきってのお船はたのしいよぉ。

お風はくまのリハビリにぴったりかな。



biennale6クッキーが乗ったのは、みなとめぐりにぴったりの中型のお船です。
船長さんお帽子があるんだけど、クッキーには大きすぎるよねぇ。
くま用のお帽子のサービスはないんかな。

日差しキラキラの神戸港はおっ洒落ぇね。

さて。思わず圧倒されて写真撮り忘れていたんだけど、このお船では船上パフォーマンスがありました。
いきなり、ガイドをしていた人が音楽にのって、お船の中でお客の間をぬって、現代舞踏をしはじめるのです。
うーん。現代アートのイベントのビエンナーレらしく、目のまん前でアヤシイ踊りをするのにはびっくり!

しかし、ふと思うと、お芝居していた時分の管理人も、お顔白塗りしておなじようなことをしていたなぁ。。。



biennale7こんな感じで、湾内にある防波堤などで、アートが見れます。

防波堤の上に一人取り残されてゴキちゃんみたいな格好をしてパフォーマンスしている人がいたよぉ。
お天気のいい日でよかったけど、寒い日だとかなりつらいような気がするなぁ。


住人たちの日記へ〜 「神戸ビエンナーレ2009」2 〜 「お船でアート」

puchikumafamily at 11:12|PermalinkComments(8)

2009年11月14日

「神戸ビエンナーレ2009」1 〜 「コンテナアート」

biennale1はーい、またまたひさしぶりのアップになりましたぁ。

最近、お出かけ不足ですっかり「くま」になりかけているクッキーを連れて行ってきたのは、「神戸ビエンナーレ2009」です〜。

ビエンナーレとはイタリア語で2年に一度という意味で、神戸に芸術文化の力を結集して発信の機会にするという、2年に一度、神戸で行われるアートなお祭りです。

現代アートが大好きな管理人は早速行ってきましたぁ。
2回にわけて紹介しますね。


biennale2さて。メリケンパークのメイン会場で、展示されているのは、港町神戸にちなんで、輸送用のコンテナをつかってのアートです。

狭いコンテナのスペースをつかって各アーティストたちが作品を展示しています。
現代アートのいいところは体験して楽しむアートっていうところね。

ここは、幻想的な感じのアートです。
クッキーもアート作品の一部になるよねぇ。



biennale3














これはちまたでひそかに話題になっている「つみきのいえ」のアニメーションです。
これも、ビエンナーレに出展されていて、コンテナの中で上映されています。
これを観にきたってのがひとつの目的ね。

前から気になっていたんだけど、すばらしい作品で管理人、号泣です。
映画館とかに行っても、管理人は感動したらすぐ泣くんよねぇ。
終わったあとが大変です。
泣くとお顔が真っ赤になりなりやすく、なかなか赤みが引かないのでもう、うつむいてくま握りしめて、風で乾燥させないといけないんよねぇ。



biennale4さて、ごはんを食べるところもコンテナです。

こんな感じで斜めになったコンテナなんだけど、中は階段状に机がおいていて、アート作品の中でごはんを食べているみたいなんよねぇ。

ぬっくがコンテナの前で遠目に写っているわ。ちょっとだけね。


住人たちの日記へ〜 「神戸ビエンナーレ2009」1 〜 「コンテナアート」

puchikumafamily at 21:57|PermalinkComments(19)

2009年11月08日

秋バザー

matsuya1












はーい、今日は秋な話題でバザーのお話です。
お友達の教会のバザーに行ったのと松屋町買出し散策の話題ね。

まずは、松屋町ね。
こんな感じで、秋祭りや夜店で売られていそうな懐かしのグッズがぎっしりと売られています。

ちぴくんがこんなところにいると商品と間違えられて売られるよねぇ。


matsuya2ちぴくんはおやつ大好き!
いかの燻製を一瓶買って、オトナ食い(くま食いともいいますが)したくなるよねぇ。

ちぴくんはガムに埋もれて至福のお顔です。





matsuya3最近はコマも進化していろんなものがあるのね。
コマが回ると遠心力でスイッチが入り、音楽がなったり、光ったりするのねぇ。

これは、バネの力でワンプッシュでまわるタイプのコマです。
くまのおもちゃにぴったりしねっ。



wata1お次は友達のところのバザーねっ。
ぬっくが綿菓子をつくっているよぉ。

テリアは綿菓子ができるのが楽しくて、かぢりついて見ているよね。
そんな近くで見ていて大丈夫なんかなぁ。。



wata2あららっ。テリアは近づきすぎて、頭に綿菓子がついちゃったよぉ。
おじいさんわんわんになったみたいねっ。
頭ごとかぢられるよねぇ。かぷっ。




さて。松屋町で大満喫のちぴくん。ガムはおいしかったかなっ!?


住人たちの日記へ〜 秋バザー




puchikumafamily at 15:46|PermalinkComments(20)

2009年11月04日

「THIS IS IT」

michael1


















先日、ひそかに話題となっている映画「THIS IS IT」を観にいってきました。
これは、50歳で突然死したマイケルジャクソンのロンドンで公演される予定だった幻のコンサート「THIS IS IT」のリハーサルと舞台裏の貴重な映像を収録したものです。

世間では、幼児に関する事件や、とてつもない浪費家というスキャンダラスなイメージの強いマイケルですが、マイケルの天才的でいてかつフレンドリーな姿が描いた気持ちのいい作品です。

音楽だけでなくダンスや映像と、あらゆる舞台芸術のスーパーアーティストとしてのマイケルの天才ぶりがよくわかります。

なんといっても、甲高いそれでいてやわらかいマイケルの歌声が魅了するねぇ。



michael2この映画が終わって、もうマイケルの姿をこの世でみれないというさみしさとともに、マイケルとともにお披露目することはできなかったけど、すばらしいスタッフとのチームワークのすばらしさでなんだか暖かい気持ちになる映画でした。

あまりにも惜しいスーパースターを亡くしましたが、いい歌は永遠に残るもんねっ。
うーん、すでに管理人の頭に中でマイケルの歌がぐるぐるとまわっているよぉ〜。

puchikumafamily at 22:21|PermalinkComments(12)

2009年11月01日

ハロウィン絵本パーティー

ehon1はーい、一日おくれでハロウィンパーティーのアップです!

今年は管理人が忙しくて、ハロウィンらしいことは何も考えていなかってスルーするつもりだったんだけど、なんといつもプチくま家を応援してくれているjunさんところの絵本プレゼント応募に見事当選しちゃいましたぁ〜!junさんありがとう!!

速達で送ってくれてハロウィンに間に合ってくま大満足です。

プレゼントしてもらった絵本というのはページめくりをしてハロウィンのおばけたちを探すというもの。
何が隠れているんだろうねぇとわくわくしてページをめくります。


ehon2こんな感じで木の下にはミイラくんがいるよねぇ。
ハロウィンの時にミイラくんなんか見せたら、くまたちがマネするじゃん。

「バムとケロ」の絵本で「みんなミイラ」っていうトイレットペーパーで家の中のものをぐるぐる巻きにするっていう遊びがあったっけ!
バムケロはくまにとって有害図書だよね。



ehin3さて。懸賞クイズでは、みなさんこのみどりのもじゃもじゃの下の回答はくまでしたが、どうでしょうか。。。

じゃーん。やっぱり正解はくまです。ペタ怪獣が映っていよねぇ。
ちょうどこの枠にはペタのフェイスがぴったりです。

いやいや、お鏡といえばやっぱあの御方かな。
ちょっと、お声をかけてみようかなぁ。。。


住人たちの日記へ〜 ハロウィン絵本パーティー

puchikumafamily at 22:51|PermalinkComments(14)