2013年10月

2013年10月28日

瀬戸内国際芸術祭2 豊島

setouchi2-1



















はーい、瀬戸内国際芸術祭の2回目でーす。

アート祭の間は、宿泊施設がいっぱいだったので、小豆島で泊って、早朝に豊島に向かって出発です。




setouchi2-2



















豊島につきましたぁ。

さて。豊島のアートツアーを最大限楽しくしてくれたのが、このマイクロEV!

アート祭の間、豊島限定で実験的に行われるレンタカーサービスです。

超小型で、ちっちゃな島めぐりをするには、ぴったりなんね。

おともだちと一緒に2台、借りちゃいました。




setouchi2-3


























こんな風に、くまでも運転できまーす。

とっても軽量で、ゴーカートに乗っているような感じなんね。

島はバスの本数も限られているので、ぐんぐんと好きなところに行けるのがいいよね。

このEVに乗っていると、あちこちでクッキーが人気者になるんよねぇ。

小学生のオトコのコにちょっとだけ、サービスで乗せてあげちゃいましたっ。




setouchi2-4



















豊島で、一番の見どころがこの「豊島美術館」です。

地中に埋めたUFOみたいなところなんだけど、すばらしいの一言!!

異空間で、空気感と音を体で感じるアートです。

中は、写真はダメなんで、外からだけね。




setouchi2-5


























島では、古民家を改装した素敵なカフェがあるんね。

素敵なのんびりしたところで、クッキー、和んでしまうよねぇ。

クッキーを撮影していると、小学生のオンナのコに、「あのくまかわいい〜!」って言われたよぉ。

クッキー、かわいいくまだもんねっ!




setouchi2-6



















古民家でのご飯は、お家で食べるごはんみたいね。

うーん、お昼寝をしてしまうわぁ。ぐ〜!




setouchi2-7



















最後は、廃校アートね。

とってもちっちゃい学校なんよね。

廃校って、思い出がたっぷりつまっているから、懐かしくて大好きっ!


こんな感じで、今回も、たっぷり瀬戸内のアートを楽しみましたっ。

秋は、まだまだアートがいっぱい!


住人たちの日記へ〜 瀬戸内国際芸術祭2 豊島


puchikumafamily at 21:26|PermalinkComments(4)

2013年10月21日

瀬戸内国際芸術祭1 犬島

setouchi1-1



















はーい、秋がたっぷり深まり、アートの秋がやってきたよねぇ!

3年に一回、開催される「瀬戸内国際芸術祭」に行ってきましたぁ。

瀬戸内海の11の島と3つの地域で開催されるアートのお祭りです。


直島の他、今まで行っている島があるんで、今回は、行ったことのない2つの島をご訪問しました。

まずは、犬島のご訪問ね。



setouchi1-2




















犬島は、人口50人の島で、ちっちゃくて、歩いても島をまわれるところね。

ちっちゃなのどかな集落の廃屋アートめぐりが、ゆったりとしてたのしいんよねぇ。

お家アートがあったけど、お家より、お庭が素敵すぎるわぁ。

クッキーは、テレタビーズのお庭にいるみたいね。



setouchi1-3




















んん?お庭アートに、看板にゃんこがいるわぁ。

うーん、クッキーとにらみあっているよぉ。



setouchi1-4




















おっきなわんわ〜ん!!

もう、管理人、大興奮です!

お家から、にょきっとわんわんのアタマがつきだしているよぉ。

わんわん大好きなんで、巨大化したわんわん、かわいい〜!

ヤッターワンみたいなお顔しているわ。
(↑ふるっ)



setouchi1-5


























のどかな町並みの中に、ガラスの巨大アートだぁ。



setouchi1-6


























港のまわりは、整備されていて、青い空と芝生と海がとってもきれい〜!



setouchi1-7



















さて。ここからが、犬島のメインの見どころです。

犬島では、1909年に銅の精錬所がつくられて、その跡地が美術館になっているんね。

100年以上前の精錬所の煙突が、朽ちかけていて残っているんね。



setouchi1-8


























この精錬所は、たった10年間だけ稼働して、その後は、ながーく廃墟になっていたんね。

管理人は、廃墟マニアなんで、遺構の廃墟感がたまらないんねぇ。

遺構めぐりが、めちゃたのしいんよぉ。



setouchi1-9


























こんな風に、製錬所内の発電所跡が、威風堂々とそびえています。

うーん、すばらしい!

世界遺産に登録できないのかなぁ。


こんな感じで、次回も瀬戸内国際芸術祭のご紹介をしまーす。


住人たちの日記へ〜 瀬戸内国際芸術祭1 犬島

puchikumafamily at 21:48|PermalinkComments(8)

2013年10月06日

うんぱく

unnpaku1



















はーい、今日は、めちゃ暑い一日だったわぁ。

関西は、なんと32度!真夏みたいじゃーん。

暑い中、クッキーは、お出かけに行ってきたよぉ。




unnpaku2



















やってきたのは、地元の工業地帯の中にある「うんぱく」というイベントです。

工場街の中に流れる運河は、遊歩道などで整備されていて、水にちなんだイベントがありました。

遊覧船や、カヌーの他、こんな風にパドルボードもありまーす。




unnpaku3



















パドルボードがたっぷりね。

うーん、どうも不安定そうで、落ちる人がいるんじゃないかなぁと思うんね。

100人に、3人位は、落ちるそうです。


クッキーは落ちたら、ぶちキレて怒るので、水系の挑戦は、ちょっとご遠慮ね。




unnpaku4


































運河は整備されていて、こんな工場街で、誰が散歩するんだぁと思うんだけど、立派な遊歩道の橋がかかっています。

三方の運河をつなぐ橋で、現代アートのようなモニュメントのような橋だよねぇ。




unnpaku5


























遠くからみると、こんな感じです。

工場街って、近未来SF映画の撮影所みたいで、たのしいわぁ。




unnpaku6


































運河の端には、水門があります。

水門の中は、水流が安定しているので、パドルボードにぴったりね。

クッキーは、オトコのコのくまなんで、巨大機械モノが大好きね。


さて。うんぱくに行ったのが夕方だったため、飲み物が売り切れだったわぁ。

クッキーは、ちょっとご機嫌ななめねっ。


住人たちの日記へ〜 うんぱく


puchikumafamily at 21:18|PermalinkComments(4)