フグweb

ハコフグとフグと海水魚の飼育日記
飼育記
フグ飼育日記フグ飼育まとめ飼育日記(フグ以外)
60?OF立ち上げ記タンクデータ動画劇場

タンクメイト
FishCoralShrimp&Clab
HermitcrabsShellリスト

その他の記録
ハコフグ図鑑
採集記フグ基礎知識愛用品と愛読書
Shop ReportShop Links雑記

フグ、ハコフグはとてもかわいい魚ですが、経験上、飼育難度は高い海水魚だと思います。とくにハコフグは泳ぎが遅いので混泳が難しい、大食漢なので水を汚しやすい、白点病にかかりやすいなどの「特徴」があります。さらに豆サイズ(1センチ)で購入できても、成魚はおおむね20〜40センチ(水槽下でも15cmぐらい)。自分も四苦八苦しながら飼育にいそしんでおりますが、外見に惑わされず、飼育が難しいことをご理解ください。 フグweb管理人@UMIHITO

2008年07月28日

Googleページランク!

 またもハコフグともフグとも海水魚とも関係のないネタですが……リンク先の、というのもはばかれる、サンタマルターエイジさん運営の大御所サイト「1.023world」にて、GOOGLEページランクについてのネタがありました↓↓

多くのサイトでページランクがアップ!

 というのを見て自分も興味もってGoogle PageRank Checkerで検索してみたところ……おぉ! ページランクが「3」じゃないですか〜(^_^) エイジさんのブログには23のサイトが「3」判定ということですので、ウチもそのうちのひとつでしょうか。今回2→3になったのかわかりませんが、まあいままで3ってこともないでしょうから、たぶん今回“おこぼれ”にあずかったんでしょうか。

 と喜びつつも、これが3だろうが2だろうが1だろうが別にサイトとしてまったくなんの問題もないし、逆にどんな基準で3なのかもわからないので意味がない、といえばそれまでではあります。でもなんかうれしいですね。基準が不明なので「4を狙おう!」とは残念ながら思えませんが、長く続けるのもひょっとして秘訣でしょうか? っていうか更新もきちんとしてかないとダメなんでしょうね(汗)

2008年07月25日

見た目が変わりましたが……

 いまのところまったく深い意味なしです。更新がんばろうかな、という意思表示をちょっとしたデザイン変更で表してみましたが、でもまあ、たぶん……このままかも(爆)

2008年06月11日

テレビへの登場機会逃す

 ということでまた数ヶ月ぶりの更新。ちなみにEUROの合間に書いております。って仕事じゃないや。
 さて表題の件、実はブログ更新してない間一切メールチェックもしておらず、昨日久々にチェックしたところ……某テレビ局の某テレビ番組からまた映像使用のご連絡が……。
 ただしちょうどそのネタは放送が終わってしまったばかり。きちんとメールチェックしていたらまたテレビに出ることもあったかも知れません。残念というかなんというか!? ちなみに登場できなかったので番組や登場“予定”だったこは秘密です〜。

2008年06月09日

海水魚ショップリンク集(08.6.09追加)

 海水魚、サンゴの販売をしているマリンショップの「一言付き」リンク集(参考程度に)。リンクはすべて新窓で開きます。[頻]=よく通う、利用するショップ、[利]=まあまあ利用しているショップ、[訪]=訪問はしたことがあるけど未利用もしくは1〜2度のみ利用、[未]=未訪問、未利用のショップ、[通]=通販のみ利用したショップです。
 今後、さらに追加していきたいと思っているのですが、最近利用したことあるお店が閉店したり、海水魚の取り扱いをやめたり……うーんその分、新規店オープンしてほしいけど!! 都内のトリトンさんが閉店、埼玉のナガシンさんは小鳥専門店に変わりました。。。同じドメインでの復帰を願い、リンクはそのままにしておきます。  新規は岐阜のアクアインテリアビューさん、愛知のマリンテクニックさん、兵庫のアクアモンスターさん、マリンメイトさんを追加しました。

続きを読む

2008年04月09日

コンゴウフグ -ハコフグ図鑑-

 ミナミハコフグ更新後ずっと滞ってましたが、第2弾は「ハコフグ定番3種」(勝手に命名=コンゴウフグ、ミナミハコフグ、ラクダハコフグ)のうちでももっともポピュラーなコンゴウフグくんでも。それなりに大きく育っていますが、とはいえ例によって成魚写真まではないのでそういうのは他サイトで(苦笑)間違いあれば速攻でご指摘ください(爆)

フグwebハコフグ図鑑:コンゴウフグ名前:コンゴウフグ
英名:Longhorn cowfish
学名:Lactoria cornuta (Linnaeus, 1758)
全長:20−40cm前後(自然)
生息域:主に西部太平洋〜インド洋。日本近海にも分布
分類:フグ目-ハコフグ科-コンゴウフグ属

続きを読む

2008年03月26日

顔が真っ黒になりがちなシマウミスズメです

シマウミスズメ 昨年10月にウチにやってきたシマウミスズメです。シマウミは前にも飼いましたが、この子は他のコよりもだいぶ成長が早いと感じます。とはいえ2cmぐらいでウチに来て、いまようやく4cmぐらいではありますので絵自然から見ればフツーの速度なのかもしれませんが……。
続きを読む

2008年03月21日

今現在のフグ水槽です

080319フグ水槽全体 数ヵ月ぶりに水槽晒してしまいますが(苦笑)
 なんだかひっじょうに寂しい感じがするのは気のせいでしょうか? 60cmなのでそりゃ大きくないんですが、んにしても小さく見える。増えまくったディスクコーラルを一括処分した際にライブロックもだいぶ破棄してしまったのでそのせいかな?それとも水槽上方から撮影したからでしょうか?それともフグたちが大きくなったからかな? 最大のコンゴウフグは全長10cmぐらい、ミナミハコフグは7-8cm、ラクダハコフグの大きい方はなぜかあまり大きくなりません。。。
続きを読む

2008年03月19日

なんと3ヵ月ぶりの更新なんてことに……

 みなさま、なんていってももう見ている人が何人いるかも???なフグwebですが、おひさしぶりでございます。管理人のUMIHITOです。なんてことをのんきに書いてる時間でもないんですが(爆)

 本日、なぜか3ヵ月ぶりのブログ更新!っつっても、中身はとくにないです^^;
 ブログはずっと更新してませんでしたが、ハコフグ&フグ飼育は当然続けておりますのでご安心?ください。うれしい話も悲しい話もありました。また、おいおい……。先日、本当にひさーしぶりにショップに行って、また飼いたいフグや魚も出てきたので、ひそやかにブログも更新していこうかなと思います。

 ところで久々すぎて忘れていましたが、いまは3月。ラクダハコフグのベビーの季節ですね。今回行ったお店2ヵ所で豆豆ラクダ発見。いまウチにいる2匹のラクダにもこんな小さい時期があったんだな〜なんてちょびっとだけ遠い目(つっても大きいほうでまだ3年です)。ミナミハコフグもコンゴウフグも豆サイズ入っていました。ベビーシーズンのいま、もうちょっとお店行く回数増やそうかな? ウチは水槽が小さいのなかなか簡単には増やせませんが、見ているだけでも楽しいっすからね。

2007年12月17日

たいへん更新が滞りました(汗)

 皆さん、大変ご無沙汰しております。UMIHITOです。
この週末まで海外に行っておりまして、ノートPCは持って行っていたのですが、しばらくネットから離れた生活を送っておりました〜。
まだ帰国したばかりでぼけ〜っとしておりますが、またブログも再開予定なので今後ともよろしくです! 誰も使ってないですが、掲示板も止まってましたので、再開しました。

 フグたちはだいたいみんな元気なんですが、留守の間にハリチュウ(レティキュレイトボックス)が急に拒食症になってしまったようで、帰国時は生きていたんですが昨日亡くなってしまいました。。。ちょっと原因は不明なのですが虚飾になるまでは餌もよく食べていましたし、とくにこのあいだで環境の変化があったこともなく……水槽内にストレスの原因があるということでしょうから、同居魚の問題かもしれません。やはり小さな水槽でフグの複数飼育は無理があるのか……と悩んでいるところです。

2007年11月04日

HAKOFUGU RINGに登録しました

 このブログ開設当時からお世話になっているいんちょさんがこのたび、ハコフグ飼育者サイトをつなぐHAKOFUGU RINGを作成されたとのことで、早速、登録させていただきました〜。
 まだ仮登録段階なのでHAKOFUGU RINGのほうではウチのブログの存在は確認できませんが(苦笑)。当ブログではページ左側下のほうに掲載しております。
続きを読む

2007年10月29日

ミナミハコフグ -ハコフグ図鑑-

 最近大きな事件?もないので、フグ図鑑コーナーでもはじめてみます。写真はウチで撮ったものですが、成魚写真がないのでそういうのは他サイトで(苦笑)間違いあれば速攻でご指摘ください(爆)

ミナミハコフグ写真1名前:ミナミハコフグ
英名:Yellow boxfish
学名:Ostracion cubicus Linnaeus,1758
全長:30-50cm前後
生息域:西部太平洋〜インド洋(和歌山以南ほかも)
分類:フグ目-ハコフグ科-ハコフグ属

続きを読む

2007年10月06日

[雑誌]コーラルフィッシュ Vol.11

コーラルフィッシュ VOL.11

 いままで初心者向け、中級者向けの記事の多かった同誌ですが、10号も超えて、さらに大きな発展をという感じでしょうか。今回の大特集は「でっかい本格水槽が欲しい」!サイズの大きい水槽の話でなく、具体的にはオーバーフロー水槽の話がメインになっています。必要な知識、必要な器具など、導入を検討しているひとは読むと参考になりそうです。
続きを読む

2007年10月05日

[雑誌]Marine AQUARIST(マリンアクアリスト)45号

Marine AQUARIST(マリンアクアリスト)45号

 今回の大特集は「あの魚、あの水槽は今」。これまで同誌で取材されてきた有名なアクアリスト、水槽の「今」をレポートしています。特筆すべきは、ペパーミントエンゼルを飼育されているご夫婦です!なんと、5年も飼育されているようで、その元気な姿がたっぷり拝めます。いまや日本はおろか世界見渡してもおそらく他にひとりいるかどうか、という希少種ではないでしょうか。ほかにも、ちょっと珍しいところ魚なんかが出てきます。飼育方法の話も参考になります。
続きを読む

2007年10月04日

とってもきれいなインドウニsp

インドウニ なんだか、ゼブラガニがらみでウニ話が続きますが(笑)
 最近なんとなくウニを気にする機会が増えたのですが(主にというか99%はゼブラガニのエサとして爆)、先日こんなにきれいなウニを見つけました。白い体に紫のトゲ。インドウニとして売っていたもので正体不明なのですが、これならエサじゃなくて十分に存在をアピールできるだろうと思わず買ってしまいました。ちなみに頭についてるのはエビの抜け殻です。
続きを読む

2007年10月02日

コクテンフグの仲間は、狗頭=ドッグフェイス!?

台湾の本3 ということで、台湾シリーズ!?第2弾です。先日はハコフグの?中国語表記を紹介しましたが、今回はコクテンフグなど狗頭と呼ばれる種類のご紹介〜。ちなみに肝心のコクテンフグを撮り損ねましたが、コクテンフグは「黄狗頭」と書かれています。この本では黄化固体の写真がメインで紹介されていて、グレー系の個体は「黒白紋型態」と説明がされています。ショップには普通のコクテンフグもいましたが、台湾では黄化固体も多いのでしょうか?ちなみに犬の頭というと、コクテンフグの英名(ってか俗名?)ドッグフェイスに通じるものがありますね。まあ、これだとフェイス=顔じゃなくて頭=ヘッドな感じだけど(苦笑)
続きを読む


Copyright © 2005-2008 フグweb by UMIHITO All Rights Reserved.

フグWebに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。
著作権はすべてフグweb管理人のUMIHITOに帰属します。

++Comments++
++Archives++
++Web Shopping++
ネット通販で海水魚飼育アイテム、生体を販売しているお店。宮古、パウパウ、CPは管理人も利用したことあります。他のお店も有名店を掲載しております。

養殖ライブロックで有名:CP Farm
宮古島の生体:宮古海水魚
都内最大級の総合店:パウパウ

海水魚飼育全般:ブルースポット
格安器具:charm
首都圏の大型店:トロピランド
名古屋の専門店:CEPPO
++Foods++
ウチで実際にフグ、ハコフグにあげているエサです。基本はデルマリンとメガバイトのグリーン&レッド。餌付かない場合は個体の大きさによってコペポーダかブラインシュリンプをあげています。



++Site Banar++
当サイト(ブログ)はリンクフリーですが、もしリンク貼っていただけた際にはご一報いただけますとうれしいです。また、リンクいただく際にバナーを貼ってくださる方は、下記よりお好きなモノをどうぞ(直リンでも構いませんが、できればDLしてご利用くださると幸いです)
banar

banar

banar

banar

++QRコード++
QRコード