2005年03月08日

「ランドールズピストルシュリンプ」はヤシャハゼと“ペアルック”

ad0f63fa.jpg名称:ランドールズピストルシュリンプ
学名:Alpheus randalli
購入日:04年05月〜05年10月、05年05月ペア(1匹〜同年9月)、05年12月〜
現在のサイズ:3
居場所:ハゼ水槽


 昨日紹介したヤシャハゼの「パートナー」であるテッポウエビくんをご紹介。共生ハゼと共生する共生エビ(シツコイ!)のランドールズピストルシュリンプです。

 このコとは一番付き合いが長いです(とはいってもまだ1年経っていませんが)。とにかく丈夫ですね。ヒーターを付け忘れた水槽(ごめんなさいm(_ _)m)の中でも1日は何事もなく?生きていました。
 ウチにいる約9ヵ月の間、パートナーもハタタテネジリンボウ(飛び出し)、ニチリンダテハゼ(購入翌日、この子が掘って崩れた石の下敷きに……)と来て、いまいるヤシャハゼペアが3代目の共生仲間。一緒に暮らしてまだ2ヵ月ですが、同じような模様通り?相性もよいようで、せっせと穴を掘っています(っていうか、朝も昼も夜も一日中掘っていますが……いつ寝ているんだろう?)。その姿が見ていて飽きません(*^_^*)。とくにハゼとの共生ぶりは本当に楽しいです。

 といいながら、脚のあたりとか見るとゴキブリに似ているように見えてきて、いつの間にか「ゴキ」と呼ぶように(爆)。でもでも、ちゃんとかわいがってますよ(汗)。一つ難点をあげるとすると、やっぱりなかなか外に出て来ないことですね(笑)

 ちなみに最近?和名が付けられて、その名もコトブキテッポウエビ。ランドール〜は長いから、こっちが定着したほうがうれしい、かな!?

 それにしても、テッポウエビの仲間はいつも「パチンパチン」とうるさいです。同じ水槽にはヤドカリとノシガイがけっこう入っているので、そいつらが巣の穴に近づくたびに「パチンパチン」。とくに殺すようなことはないようですが、夜な夜な鳴ってます。働きもんだねえ。

<05.11.03追記>
 先日ハゼ水槽を掃除したところ、姿が見えませんでした。どうやら……(T_T)

<06.01.07追記>
ペアで購入したうち、1匹が亡くなっています。そして、ニチリンダテハゼの幼魚サイズ購入とともにまた1匹入居していただきまいた(先住とはペアにならず……)

トラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/puffer39/15828408


この記事へのコメント

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶:
 
 


Copyright © 2005-2008 フグweb by UMIHITO All Rights Reserved.

フグWebに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。
著作権はすべてフグweb管理人のUMIHITOに帰属します。

++Comments++
++Archives++
++Web Shopping++
ネット通販で海水魚飼育アイテム、生体を販売しているお店。宮古、パウパウ、CPは管理人も利用したことあります。他のお店も有名店を掲載しております。

養殖ライブロックで有名:CP Farm
宮古島の生体:宮古海水魚
都内最大級の総合店:パウパウ

海水魚飼育全般:ブルースポット
格安器具:charm
首都圏の大型店:トロピランド
名古屋の専門店:CEPPO
++Foods++
ウチで実際にフグ、ハコフグにあげているエサです。基本はデルマリンとメガバイトのグリーン&レッド。餌付かない場合は個体の大きさによってコペポーダかブラインシュリンプをあげています。



++Site Banar++
当サイト(ブログ)はリンクフリーですが、もしリンク貼っていただけた際にはご一報いただけますとうれしいです。また、リンクいただく際にバナーを貼ってくださる方は、下記よりお好きなモノをどうぞ(直リンでも構いませんが、できればDLしてご利用くださると幸いです)
banar

banar

banar

banar

++QRコード++
QRコード