2005年04月15日

“海のチアリーダー”「キンチャクガニ」

キンチャクガニ紹介名称:キンチャクガニ
学名:Lybia tessellata
英名:Boxer Crab
購入日:04年8月頃〜05年4月、05年6月〜06年1月(3代目)
現在のサイズ:甲長1.5
居場所:ハゼ水槽


 「海のチアリーダー」ともいわれるキンチャクガニくんです。夜にフラッシュ撮影したためにちょっと不気味な感じの写真になってしまいましたが、その仕草やとぼけた目で愛嬌のあるヤツです。
 ごらんのようにこのコはメス。実はキンチャクガニは2代目で、前にオスを飼っていたのですが、このコとのバトル?に敗れて、死んでしまいました……。交尾でもしてるのかと思っていたのですが(汗汗)

 ちなみに手に持っている「ボンボン」はカニハサミイソギンチャクという立派なイソギンチャクで、身の危険を感じるとこのぼんぼんを振って相手を威嚇します。この姿が「チアリーダー」なんですねえ。
 このコの前にいたキンチャクガニは両手に持っていたイソギンのうち、片方をなんと食べてしまって(!)しばらく片方にしかイソギンがなかったのですが、ある日見てみたらなくなったはずのほうの片手に小さな小さなイソギンがついていました。分離増殖した、ということ? なかなか生態に謎が多いですね。ちなみに自然下では、イソギンがなくなってしまっている間はウミウシなんかを持っていることもあるようです。

 生態としては完全な夜行性で、昼間はほとんどライブロックから出てきません。ただ、エサを入れると臭いにつられてか、顔を出すこともあります。値段も安価で飼いやすいですし、小型のためにライブロックを崩すような悪さもしませんから、カニのビギナー種ともいえそうです。

<05.05.26追記>
 4月、水槽から甲羅だけ、の姿を発見しました。2〜3日前にはふつーに生きていたのですが……例によって死因は不明です。エサはよく食べていたのに……水質悪化などでしょうか? でも、他の魚たちには影響なし……うーん。

<05.07.12追記>
 先月、また新しく飼ってしまいました。これで通算3匹目。

<06.01.23追記>
 残念ながら3代目も亡くなりました。脱皮中のまま亡くなっていたことを考えると、脱皮している間にヤドカリにおそわれた可能性が高いです。イソギンだけ残っていますが……いずれ消えるでしょう。。

トラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/puffer39/19017754


この記事へのコメント

がーん、姿が見えない……。
ライブロックの間から「甲羅」がひとつ……。

抜け殻だと思っていたら、どうやら「本体」だったらしい。
ランドールの次にわが家に長くいたのに……(涙)

ヤドカリが急にデカくなったのは、ひょっとして!?
Posted by UMIHITO at 2005年04月19日 01:08

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶:
 
 


Copyright © 2005-2008 フグweb by UMIHITO All Rights Reserved.

フグWebに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。
著作権はすべてフグweb管理人のUMIHITOに帰属します。

++Comments++
++Archives++
++Web Shopping++
ネット通販で海水魚飼育アイテム、生体を販売しているお店。宮古、パウパウ、CPは管理人も利用したことあります。他のお店も有名店を掲載しております。

養殖ライブロックで有名:CP Farm
宮古島の生体:宮古海水魚
都内最大級の総合店:パウパウ

海水魚飼育全般:ブルースポット
格安器具:charm
首都圏の大型店:トロピランド
名古屋の専門店:CEPPO
++Foods++
ウチで実際にフグ、ハコフグにあげているエサです。基本はデルマリンとメガバイトのグリーン&レッド。餌付かない場合は個体の大きさによってコペポーダかブラインシュリンプをあげています。



++Site Banar++
当サイト(ブログ)はリンクフリーですが、もしリンク貼っていただけた際にはご一報いただけますとうれしいです。また、リンクいただく際にバナーを貼ってくださる方は、下記よりお好きなモノをどうぞ(直リンでも構いませんが、できればDLしてご利用くださると幸いです)
banar

banar

banar

banar

++QRコード++
QRコード