2005年05月29日

白と紫の縞々模様がかっこいい「ゼブラガニ」

b1d3c0ee.jpg名称:ゼブラガニ
学名:Zebrida adamsii
購入日:05年5月〜6月?
現在のサイズ:甲長1.5
居場所:ハゼ水槽


 キンチャクガニが気が付けばいなくなってからしばらく経ち、小型のカニが欲しいなあ、と思っていたときに見つけたコです。2000円ぐらい。値段はキンチャクガニと同じようなものですが、店頭で見る回数はあまり多くありません。買う前には1回ぐらいしかみたことないです。
 とはいえ、このカニはダイバーの方々にはおなじみで、ダイビングされている方々の水中写真を拝見するとよくこのカニの姿があります。房総以南にいる、ということです。さほど深度のあるところにいるわけでもないようなので、場合によってはスノーケリングで発見→採取(ところで採集とどっちが正しいんでしょう?)、なんてこともあるかも!?

 生態としては……実はよくわかりません。自然界ではたいていラッパウニやフクロウニなどに共生というか寄生しているようで、上下にトゲが刈り取られたウニを見つけたらこのゼブラガニがいる目安になるんだとか。ちなみにこの白と紫の縞々(ゼブラ)はウニの擬態なんでしょうか?
 ということで、普通のエサはウニなんでしょうね。水槽内では何を食べているのかよくわかりません。ウチに来てから2週間ぐらいですが、生きているということは人工エサなりライブロックなり食べているのでしょうか? 謎です。

 キンチャクガニはボンボン(カニハサミイソギンチャク)を降る姿が愛らしいですが、こちらのカニはちょっとギザギザっぽい鋭角なシルエットとゼブラ模様がかっこいい、といえるカニです。どちらも小型カニ好きにはたまらないカニですが、この2匹、混泳できるかな? 実はまたキンチャクガニが飼いたかったりして^_^;

<05.08.19追記>
 まったく知らぬ間に消えていました……時期的にはマーブルサロンシュリンプ入れた頃ですが、さすがにこれに食べられるとも思えず……原因不明でした。

トラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/puffer39/23516596


この記事へのコメント

ゼブラガニ、カッコいいですね!
ギザギザの形といい、縞々模様といい
ダイバーの方に人気があるのも分かる気がします。

それにしても、UMIHITOさんは写真が
お上手ですねぇ〜。
ギャラリーを見て、いつも思ってました。
写真の勉強をされてたのですか?
Posted by ヤマチュウ at 2005年05月30日 17:48
お褒め頂きありがとうございます(^^;)
でも残念ながら?ちょーど素人です。
使ってるデジカメもサイバーショットだし。
あ、ただ、最近ようやく500万画素の買いましたけどそのせい?

でもでも、手ぶれ防止機能あるのにしておけばよかった、
と後悔仕切りだったりします(>_<)

ちなみにゼブラガニは夜行性なんでしょうが、
昼間でもけっこう岩の上に出てくるので存在感あります。
Posted by UMIHITO at 2005年05月31日 03:37

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶:
 
 


Copyright © 2005-2008 フグweb by UMIHITO All Rights Reserved.

フグWebに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。
著作権はすべてフグweb管理人のUMIHITOに帰属します。

++Comments++
++Archives++
++Web Shopping++
ネット通販で海水魚飼育アイテム、生体を販売しているお店。宮古、パウパウ、CPは管理人も利用したことあります。他のお店も有名店を掲載しております。

養殖ライブロックで有名:CP Farm
宮古島の生体:宮古海水魚
都内最大級の総合店:パウパウ

海水魚飼育全般:ブルースポット
格安器具:charm
首都圏の大型店:トロピランド
名古屋の専門店:CEPPO
++Foods++
ウチで実際にフグ、ハコフグにあげているエサです。基本はデルマリンとメガバイトのグリーン&レッド。餌付かない場合は個体の大きさによってコペポーダかブラインシュリンプをあげています。



++Site Banar++
当サイト(ブログ)はリンクフリーですが、もしリンク貼っていただけた際にはご一報いただけますとうれしいです。また、リンクいただく際にバナーを貼ってくださる方は、下記よりお好きなモノをどうぞ(直リンでも構いませんが、できればDLしてご利用くださると幸いです)
banar

banar

banar

banar

++QRコード++
QRコード