2005年06月21日

日帰り往復420劼けた伊豆採集の成果は……

 急な休み、曇りのち晴れという天気予報、そして大潮。月曜にこの3つがそろってしまったので、急遽「日帰り採集」へ朝4時出発! ところで「採取」?「採集」?

 まずは目的地に行くすがら、ダイビングの名所として知られる某所に7時着。しかしいかんせん、波が強く海中を見てられない。ということでスルーして某公園へ。ここに着いた時点ですでに8時過ぎてるんですけど……やっぱり伊豆って遠い……。ちなみにここ、ちょっと浅めではありますが、タイドプールの量がスゴかったです。
 で、いそいそと磯を(オヤジギャグじゃないです、念のため……)上から覗いてみると、ヤドカリ、カニはまあ当然として、おぉ、ドロメやアゴハゼなどのハゼ類、ボラなど「磯の普通種」ではありますが、大群がそこかしこに見られます。4月末に伊豆に来たときよりは、さすがに魚影が濃いですな。しかし、20僂阿蕕い離サフグを見た以外(まあ、見ても意味ないけど)、さしたる発見もなく、ちょこちょこっと殻の綺麗なホンヤドカリを採って、1時間ほどでそそくさと別の場所へ移動。ちなみに他にも4人組が採取に来てました。なんか、採れたかな?

 着いたところは、砂浜が綺麗な海水浴場。自分たち以外はまったく人影がなくのんびりできましたが、多少波が入るし、岩場のない砂浜だからかあまり魚影は見られず。いちおう、ちょっと奥にアマモ場はあったのですが、そこは波が強く、上から見ているぐらいではどうしようもできない。オーソドックスに海藻やアマモを、網で「揺らすように」してみましたが、とくに何もなし。ここは夏に海水浴に来たほうがいいな。
 ということで、ここも1時間ほどで切り上げて、4月に一度行った南伊豆へ。このとき、すでに10時過ぎ。すでに家出てから6時間経ってるし、片道200劵ーバー……すでに疲労はピークです(笑)。

 さて、ここはタイドプールこそ少ないものの、ほとんど波が打ち寄せることもなく、十分、上から覗きながらの採集が出来ました。海を覗くと、お、ここにも20僖ーバーのクサフグ。ほかにウツボらしき長〜い魚(50僂阿蕕ぁ)や、キュウセンと思われるベラ系の大群が見られます。今日見た3カ所中いちばん魚が多い。南だけのことはあります。で、海藻の茂みを中心に採集に専心。海につかること90分。採れたものといえば……アゴハゼ、ドロメ、ウバウオ、オヤビッチャ、7僖汽ぅ座召離ぅ愁好献┘咫▲ンユゴイ、んなもんでした……。ホントはシュノーケリングも持って行って、ラッシュも着込んでいたのですが、まだまだ水が冷たい!日が差すのもほんの一瞬なので、結局腰ぐらいまでしか海に入れんかったとです……。

 黒潮大蛇行の影響なのか、時期がまだ早いのか、たんに目が悪いのか、チョウやヤッコなど、いわゆる南方系の死滅回遊魚にはお目にかかれませんでした。採ってないけど、そのほか見たのはカゴカキダイぐらいかな。うーん、ハコフグGET!が目的だったんですけど、まだまだ早いのでしょうか。

 小物ばかりたくさん採集しましたが、全部持って帰れないし飼えないので、オヤビッチャ、ウバウオ、エビ、ヤドカリをお持ち帰りしました。が……ウチについてクーラーボックスを開けたところ、魚はほぼ全滅(T_T)。持ち帰りの方法はショップのと同じ方法。その袋をクーラーボックスに入れて、ボックスの中に冷えた缶ジュースを入れたりしたのですが……エビ、赤く茹だってました(爆)。

 往復420勸幣紂▲魯ぅクガソリンほぼ満タン使い切りの5500円+高速代、そして鼻だけが焼けた「赤鼻日焼け」という「犠牲」のわりには……収穫の少ない1日となりました。あー、ウバウオだけでも飼いたかった……。とはいえ、4月の伊豆、5月初旬の三浦と比べると格段に魚影は濃かったです。本格的なシーズンインまであと少し、なんでしょうか? あー、腰も痛くなってきた……

トラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/puffer39/25889826


この記事へのトラックバック

1. 黒潮大蛇行に解消の兆し  [ チョウチョウ王の備忘録 ]   2005年08月12日 10:58
黒潮の流れは、関東地方の死滅回遊魚採集家にとってなによりも気になる情報でしょう。 というのも、はるか南方の海で生まれた稚魚たちはこの黒潮に乗って本州沿岸の磯に流れ着くからです。 黒潮の流れるルートは一定ではなく、なんらかの原因で大きく変わってしまうことが知

この記事へのコメント

ご苦労様でした。
折角 苦労して採集した魚がほぼ全滅とはイタイですね。

私は来月 家族旅行で“沖縄”に行くので、
その時に磯採集する予定です。
でも、持ち帰るのは大変そうですね…。
Posted by ヤマチュウ at 2005年06月21日 18:37
ヤマチュウさん、こんばんは。
ちなみに残っているのはオヤビッチャとヤドカリだけです(T_T)。
まあ、こちらの悲しさはいいのですが、
持って帰ってすぐに死なせてしまって申し訳ないです。

沖縄採集、いいですねえ。
わたしだったらマクロハゼ系や、
ユビワサンゴヤドカリなんか狙いたいですが、
ヤマチュウさんは何狙いですか?

あ、そういえば飛行機が面倒だと聞きました。
基本的に海水は飛行機NGなので、貨物として運ばないとダメだとか。
けっこう送料がかかるという話ですが、ご存じですか?
Posted by UMIHITO at 2005年06月23日 00:58
沖縄での採集、特に狙いはないですが、
最低でもヤドカリは持って帰りたいと思ってます。
でも、貨物扱いなんですね。知りませんでした。
Posted by ヤマチュウ at 2005年06月29日 19:45
>でも、貨物扱いなんですね。知りませんでした。

曖昧な記憶ですが(汗)
たしかそうだったと記憶しております。
ただ実際にやったことないので、
いくらかかるかとかもわかりませんけど。

沖縄だと、うまくいけばユビワヤドカリは狙えそうですね〜。
いいな〜
Posted by UMIHITO at 2005年06月30日 03:17
UMIHITOさん、はじめまして
チョウチョウ王と申します。
「黒潮大蛇行」で検索してたどり着きました。
トラックバックも張ってしまいましたがご迷惑であれば削除してください。
Posted by チョウチョウ王 at 2005年08月12日 11:57
飛行機で持ってくる荷物のことが話題になっていますね。
基本的には、預ける荷物(受託手荷物)50×60×120cm以内が、ひとり3個までで、合計15kg以内であれば無料です。
ただし離島便は飛行機が小さいので持込手荷物+持込手荷物の合計で10kg以内です。
当然、魚を持って帰ってくるのであれば、この範囲には収まらないと思います(笑)。
5kg以上45kgまでは、別途超過手荷物料金を取られます。

長くなったので続きます。
Posted by チョウチョウ王 at 2005年08月12日 11:59
区間と季節で異なりますが、那覇→羽田であれば1kg超えるごとに650円程度です。
規定では45kgを超えた荷物は「手荷物」ではなく「貨物」扱いになりますが、慣例で個人の旅行客であれば「手荷物」でOKです。
海水魚業者が発送に使っている発泡スチロール箱が段ボール箱に収まったケースのサイズは3辺の合計が120cmです。
この箱にポリ袋に酸素詰めした魚を一杯に詰めると、大体20〜25kgになります。
以上から各自逆算してみてください。

また続きます。
Posted by チョウチョウ王 at 2005年08月12日 12:00
さて、今までの書いたことは、JALやJASなどの航空会社のカウンターで預ける「手荷物」に関してです。
ぶっちゃけた話、鹿児島、宮崎、奄美などの空港では、超過料金ですったもんだすることはあっても、中身は「熱帯魚」と申告すれば受け付けてもらえます。
問題なのは沖縄県の各空港です。
2年ほど前から、「熱帯魚は海水が入っているからダメ」と受け付けてくれなくなりました。

また続きます。
Posted by チョウチョウ王 at 2005年08月12日 12:12
沖縄では、航空会社が「手荷物」で受け付けてくれないとなると「貨物便」しか手段はありません。
那覇空港には空港隣に「OAS(オーエーエス)航空」という航空貨物業者があり、ここに荷物を持ち込みます。
飛行機の飛ぶ1時間前には受付を締め切るので余裕を持って空港に行きましょう。
また、自分の乗る便にコンテナが乗るとは限らないので、事前にどの便のコンテナが確保してあるのかを事前に電話で確認しておきます。

また続きます。
Posted by チョウチョウ王 at 2005年08月12日 12:19
航空貨物では堂々と「活魚」と申告して大丈夫です。
そして、「日通航空・羽田空港営業所止め」と申し込みます。
OASは日通航空と業務提携しています。
気になる料金ですが、前述した箱が1個で6,500円です。
羽田空港に着いたら、ロビーで時間を潰します。
貨物受付の際に聞かれた携帯電話に、連絡が入ります。
2時間くらい待つこともあります。
日通航空・羽田空港営業所は空港から少し離れたところにあるので、車で向かいます。

また続きます。
Posted by チョウチョウ王 at 2005年08月12日 12:21
手続きは以上です。
貨物便は結構高いので驚かれたのではないでしょうか。
当日受け取らなくても構わないのであれば、ヤマト運輸のタイムサービスという選択もあります。
これは空港営業所止めという方法は使えないのでどうしても受け取りは翌日になってしまいます。
これだと関東地区への配達で4,860円ですね。
水温上昇が怖いので、氷を詰めたポリエチレン袋を何個か入れた方がいいです。
また、パッキングには酸素を使わないとだめでしょう。
いずれにせよ、沖縄から海水の手荷物扱いができなくなった背景には、いい加減な梱包による海水の漏れが多発したからです。
完璧なパッキングに留意しましょう。
Posted by チョウチョウ王 at 2005年08月12日 12:32
チョウチョウ王さん、はじめまして!
フグwebにご訪問ありがとうございあます。
ところで最後、書き込みしずらくありませんでした?
なんだかだんだん左にずれていっているのですが……なぜ?

それより、空輸についての情報、わかりやすくありがとうございます。
今度沖縄に行くことがあったら絶対採取も、
都は思っていたのですが、なかなか輸送の仕方がわからず。

やはり手荷物ではなく、貨物として輸送するのが一般的なんですね。
それにしても6500円は高い(^^;)
ただ、まあ、たしかに「海水漏れ」による被害はあるでしょうし、
高いのもしようがないのかもしれませんねえ。
でも、やっぱり輸送運賃で6500円は高いっすね。
車で行けるところまでしか採取はいけないかも!?
Posted by UMIHITO at 2005年08月12日 17:58

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶:
 
 


Copyright © 2005-2008 フグweb by UMIHITO All Rights Reserved.

フグWebに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。
著作権はすべてフグweb管理人のUMIHITOに帰属します。

++Comments++
++Archives++
++Web Shopping++
ネット通販で海水魚飼育アイテム、生体を販売しているお店。宮古、パウパウ、CPは管理人も利用したことあります。他のお店も有名店を掲載しております。

養殖ライブロックで有名:CP Farm
宮古島の生体:宮古海水魚
都内最大級の総合店:パウパウ

海水魚飼育全般:ブルースポット
格安器具:charm
首都圏の大型店:トロピランド
名古屋の専門店:CEPPO
++Foods++
ウチで実際にフグ、ハコフグにあげているエサです。基本はデルマリンとメガバイトのグリーン&レッド。餌付かない場合は個体の大きさによってコペポーダかブラインシュリンプをあげています。



++Site Banar++
当サイト(ブログ)はリンクフリーですが、もしリンク貼っていただけた際にはご一報いただけますとうれしいです。また、リンクいただく際にバナーを貼ってくださる方は、下記よりお好きなモノをどうぞ(直リンでも構いませんが、できればDLしてご利用くださると幸いです)
banar

banar

banar

banar

++QRコード++
QRコード