2005年11月12日

彩り鮮やかな「ディスクコーラル」

006467a2.jpg名称:ディスクコーラル
学名:Actinodiscus sp.
購入日:随時
現在のサイズ:最小0.5僉塑蚤6僂阿蕕

 初心者でも飼育がしやすい、と評判のサンゴ「ディスクコーラル」の紹介です。学名がすでに「sp.」とあるように、非常に多種多様な生物です。生態としては、実はイソギンチャクに近く、イソギンチャクと同じく体内に渇虫藻がいるため、ある程度の光が必要です。ただメタハラでなくとも蛍光灯で十分なようで、とくに蛍光タイプのものや緑、青のものはブルーライトのほうが綺麗な色味になります。

 地域や深度など、さまざまな要因で様々なカラータイプになります。いまウチには、写真のように触手がほとんど目立たないフツータイプ?のディスク(右上の赤と左下の青)、触手があるタイプ(バブルディスクとかヘアリーディスクとかいわれます)の蛍光グリーン(左上。これだけブルーライト下で撮りました)、緑と同じく触手があるタイプのパープル、写真には撮りませんでしたが、見た目からメロンと勝手に名付けられた茶系のグリーン地に茶色のストライプが入ったものと、触手がちょっと長めのタイプのホワイトもあります。けっこういろんな色をちょっとずつ集めてます。バブルディスクはハナイソギンチャクやコワイソギンチャクなどの近似種ともいわれ、たぶん、お店のほうもごっちゃで入れていると思います(笑)

 先日の記事でも書きましたが、十分な光量があれば分裂によって増殖していきます。環境がいい場合は困るぐらいに増えるということですが(うらやましい)、ウチは増えた分、どこかが減ってなかなか総数は増えません。これは環境がというより、フグが触手をツンツンしているのを見るので、その影響かも?

 いずれにせよ、とくに給餌の必要もなく(触手タイプはたまに液状餌あげるといいようです)、さほど難しくない割には、探せば綺麗な色の個体が入荷しているディスクコーラル。あんまり綺麗じゃない茶色や薄緑、くすんだレッドタイプもよく入荷しますが、興味のある方はちょっと待っていると綺麗なタイプが入ってくるかもしれません。自分は、イエロータイプを探していますが、なかなか見ませんね。
 あと、最近通販系のサイトでフロリダ産バブルディスクspをよく見ます。ほとんど1個売りですが、ひじょーに綺麗ですね。ただし値段も1個で1万円ぐらいするので、なかなか買えません。。。

トラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/puffer39/50203219


この記事へのコメント

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶:
 
 


Copyright © 2005-2008 フグweb by UMIHITO All Rights Reserved.

フグWebに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。
著作権はすべてフグweb管理人のUMIHITOに帰属します。

++Comments++
++Archives++
++Web Shopping++
ネット通販で海水魚飼育アイテム、生体を販売しているお店。宮古、パウパウ、CPは管理人も利用したことあります。他のお店も有名店を掲載しております。

養殖ライブロックで有名:CP Farm
宮古島の生体:宮古海水魚
都内最大級の総合店:パウパウ

海水魚飼育全般:ブルースポット
格安器具:charm
首都圏の大型店:トロピランド
名古屋の専門店:CEPPO
++Foods++
ウチで実際にフグ、ハコフグにあげているエサです。基本はデルマリンとメガバイトのグリーン&レッド。餌付かない場合は個体の大きさによってコペポーダかブラインシュリンプをあげています。



++Site Banar++
当サイト(ブログ)はリンクフリーですが、もしリンク貼っていただけた際にはご一報いただけますとうれしいです。また、リンクいただく際にバナーを貼ってくださる方は、下記よりお好きなモノをどうぞ(直リンでも構いませんが、できればDLしてご利用くださると幸いです)
banar

banar

banar

banar

++QRコード++
QRコード