2006年01月09日

ハコフグ、フグの「エサ」について

 フグ(ハコフグ)飼育のうえで気づいたことのまとめ、今回はエサについて書いてみたいと思います。フツー、フグのイメージとして「大食漢」「なんでも食べる」というのがあると思います。実際、ウチで飼育してきたフグたちも「ほとんど」はなんでも食べます。そう「ほとんど」は食べるんですが、「すべて」ではないんです。
 いろんなハコフグ類、キンチャクフグ類、フグ類を飼育してきましたが、これまで餌を食べなかったフグは2匹。ハナキンチャクフグとミナミハコフグです。ともにウチに来てひとつも餌を食べずに亡くなりました。。。
 とはいえ、ハナキンチャクフグと同じ種類であるシマキンチャクフグ、シボリキンチャクフグ?は簡単に餌付き、大食漢といえるほど。一方のミナミハコフグも、この1匹を除きほかのミナミハコフグ、コンゴウやラクダなどは餌付けに苦労しませんでした。
 ということを考えると、やはりフグ自体は基本的には餌付けはラクなほうで、「個体差」で食べないものが出てくる、という認識でいいのかなと思います。例外はホワイトバードボックスフィッシュ、ショーズカウフィッシュなど(飼育したことはないので話だけですが)で、餌付けに苦労するという話です(クロハコフグもデリケートと聞きます)。ただまあこれらは「一般的」ではないでしょう。ということはつまり、やっぱり購入時にはショップで餌をあげてもらって、餌食いを確認してから購入したほうがいいですね。
 家の水槽に導入して餌を食べなかったフグについては、1〜2日空腹にしてから人工餌を再度投入、ダメなら冷凍餌やクリル(経験ではここらへんで餌付きました)、ダメなら口に入るモエビやイサザアミなどの活き餌と対応するのがよさそうです。とくに水槽導入直後はストレスで拒食する魚もいるので、1日、2日食べないからといって大量に餌をドバドバ投入するのはよしたほうがよさそうです。

 ちなみに生態としてはフグは雑食(どちらかといえば肉食系の雑食)。ということは、餌も数種類をあげたほうがよさそうです。ウチでは、メインにデルマリン、サブにシュアー(しかし最近はあまりあげていません)です。おやつ的に冷凍コペポーダと海藻類が入った冷凍ブラインシュリンプをあげています。リーフハーブもあげてみましたが……あんまり食べません。ウチのフグはカサノリやセンナリヅタなどホンモノの海藻は好きですが、海藻入りの緑の餌はあまり好きじゃないようです(苦笑)。
 餌で喜ぶのは、やはり甲殻類が好きなフグ、活イサザアミですね。とはいえ、元気なイサザを入れると捕まえるのに相当苦労しているので、弱らせてから水槽内に入れてます。適度に追っかけられてキチンと食べられるっていうのがよさそうです。

 餌やりの回数は、それなりに回数を増やして1回の量をほどほどに(少なく、にはしていません。多少の満腹感は必要だと思います)、です。フグ(とくにハコフグ)は太るのに時間がかかるのに痩せるときは早いとか。また、ハコフグは痩せてもカラダが細く見えたりしないので、痩せに気づきにくいということも注意するべきでしょう。これらを防ぐためのこまめな餌やりですが、こういう点を考えると水を汚しやすいのは明らか。ちなみに、ウチでは餌の残りがなるべく出ないように、基本的には毎回スポイトで餌を吸ってひとりずつ与えています。相当な労力かかりますが……ま、待ってるときのフグたちはかわいいのでガマンガマン(*^_^*)。それでもサンゴ類との飼育はこういう点から難しいと思います。ウチはちょっとずつではありますが、毎晩水替えを行っています(50L中の5L程度ですが)。

 ただ、1〜2日餌を食べなかったといってすぐに死んだりはしないので、上でも書きましたが食べないときは無理に餌を入れないほうがいいでしょう。家を留守にする際も短期間であれば、フードタイマーで消化しきれない餌を投入するより、留守にする前に餌をキチンとあげておけば、数日間の絶食は大丈夫だと思います。ただし、あくまで短期間の場合です。



トラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/puffer39/50325191


この記事へのコメント

わぁ。。。ただただ感心。。。

すごいたくさんの種類の餌をやってるんですね(・o・)
ウチは1種類(^_^;
飽きてるかなー?
「おやつ」だなんてもう、満たされまくってますね!

それと、毎日水換えですか(・o・)
その都度比重&温度あわせやるんですか?
慣れてるんでしょうけど、大変〜。

いつかハコフグちゃんをお迎えしたら、こんな風にやってみる、というマニュアルに加えさせていただきました!
情報だけでもワクワクしますねw
Posted by はこちゅ at 2006年01月20日 22:27
ホントは1種類でも大丈夫なんでしょうが、
やっぱり長期での飼育を目指すならいろいろあげたほうがいいと思います。
今時の餌はどれも栄養満点だとは思いますが、
やっぱり栄養分とかに偏りありますからね。
ずーっと同じのをあげていて、あとから何かを付け足しても
プイッ
とされちゃうこともあるので、早い段階からせめて2種類ぐらいあげるといいと思いますよ!

水替えは、毎日やりますけど、バケツ1杯だからたいしたことないです。
毎回人工海水つくるときに10〜20L分つくっておいて、
(あまりたくさん作ると使い切るのに時間かかるのでこれぐらい)
タンクに入れてヒーター入れてます。
比重もこのときちょっとだけ低めにしておきます。
実際に水替えするときは5L(3Lぐらいのときもありますが)水出して、
その分を補充するだけです。
Posted by UMIHITO at 2006年01月21日 14:38
海水って作り置きできるんですか(・o・)ナルホド
いいかも。マネっこさせてください\(^o^)/
タンクって、灯油のタンクですか?

餌も、気を使ってあげないと、ですね。
ハコフグちゃんをお迎えするまでに、いろいろみておきます。
Posted by はこちゅ at 2006年01月23日 19:17
作り置きといっても、1週間も2週間も、はやめたほうがいいかもです。
ウチはだいたい2〜3日で使い切る分ぐらいを1回で作ってます。

タンクは灯油用ではなくて、釣具屋さんなんかで売ってるタンクです。
最初5リットル用を買いましたが、水槽を大きくしたので10リットル用を買い足しました。
ので、1回作るときにはこれ両方埋めると、だいたい3日ぐらいでなくなります。
Posted by UMIHITO at 2006年01月24日 03:21
家は、海でフグを釣って来たのですが、冷凍赤虫。
活きヤマトヌマエビ。しじみをあげてみたのですが、全然食べてくれません( ̄□ ̄;)!!
 ちなみに、海の水は冷たかったため、同じ位の温度が良いのかとヒーターは入れてません。
 どうしたら食べてくれるのか教えて下さい〜m(_ _)m
Posted by なみ at 2007年02月21日 01:42
なみさん、こんばんはです。
書き込みから10日以上も経ってしまいました。。。
海で釣られたフグとのこと、すごいですね〜。
釣ったというともう十分な成魚でしょうか?
観賞用で入ってくる魚はおおむね、幼魚のほうが餌付きがいいということです。
もともとなんでもおかまいなしに人工エサも食べる魚もいますが、
やっぱり天然物でないと難しいかもしれませんね。

たとえばヤマトヌマビは活きでも淡水だと思うので、
海水のイッテンコナガエビ、イソスジエビなどはいかがですか?
ショップによってエサ用エビとして販売しています。
Posted by UMIHITO@管理人 at 2007年03月04日 04:27

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶:
 
 


Copyright © 2005-2008 フグweb by UMIHITO All Rights Reserved.

フグWebに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。
著作権はすべてフグweb管理人のUMIHITOに帰属します。

++Comments++
++Archives++
++Web Shopping++
ネット通販で海水魚飼育アイテム、生体を販売しているお店。宮古、パウパウ、CPは管理人も利用したことあります。他のお店も有名店を掲載しております。

養殖ライブロックで有名:CP Farm
宮古島の生体:宮古海水魚
都内最大級の総合店:パウパウ

海水魚飼育全般:ブルースポット
格安器具:charm
首都圏の大型店:トロピランド
名古屋の専門店:CEPPO
++Foods++
ウチで実際にフグ、ハコフグにあげているエサです。基本はデルマリンとメガバイトのグリーン&レッド。餌付かない場合は個体の大きさによってコペポーダかブラインシュリンプをあげています。



++Site Banar++
当サイト(ブログ)はリンクフリーですが、もしリンク貼っていただけた際にはご一報いただけますとうれしいです。また、リンクいただく際にバナーを貼ってくださる方は、下記よりお好きなモノをどうぞ(直リンでも構いませんが、できればDLしてご利用くださると幸いです)
banar

banar

banar

banar

++QRコード++
QRコード