2006年02月27日

「カニハゼ」はその名の通りカニっぽい

カニハゼ名称:カニハゼ(通称)
学名:Signigobius biocellatus
英名:Crab eyed-Goby、Twin Spot Goby
購入日:06年2月下旬〜3月上旬、06年4月下旬〜5月
現在のサイズ:3.5
居場所:フグ水槽

 適当な記事タイトル(爆)。ハゼなのに、ハゼ水槽ではなくフグ水槽に入居してもらいましたカニハゼくんです。ちなみにカニハゼは日本語名ですが、日本で存在が確認できていないため、この名前は和名ではなく通称。
 見た目の通り、背びれにある黒い2つの「眼状斑」とピョコピョコした動きがカニのように見えるところから名付けられたそうです。この眼状斑は、おもに大型魚などの捕食者の攻撃をかわすため、体側にこのような模様を持っているんだとか。
 なぜフグ水槽に入れているかというと、底砂の撹拌が目的。いまのところ60センチ水槽にはトゲツノヤドカリぐらいしか底性の生物がいないため(マガキガイやアカヒメジュズベリヒトデなどが先日のホットカーペット事件で死んでしまったため)、底砂にコケがつかないように、また、水槽底面で少しでも水が動くように入居いただきました。

 カニハゼはアカハチハゼやオトメハゼのようにベントス食性のハゼですが、オトメハゼなどのように大きくならないので(大きくても5〜6センチ程度でしょうか)、ウチのようなさほど大きくない水槽の底砂撹拌用にピッタリです。サイズが小さいので、砂がデコボコ山のようになったりもしないです。
 食事風景はかわいいですね。砂に顔を埋め、バクッバクッと砂を飲み込み、砂の中の有機物だけを食べ、いらない砂などはエラから出していきます姿よく見ます。

 ホントはペアで購入するつもりだったんですが、話によると、ペアになると相当縄張りを意識するようになり、狭い水槽内でも動き回らなくなるということで単独飼いにしました。1カ所だけ撹拌されても意味ないですからね。ちなみにペア以外の複数飼育は難しいということです。

 ところで先ほど、消灯後の水槽をのぞいてみると水槽上面でカニハゼが泳いでいる! ポンプの水流に流されているようにも見えますが、しばらくは底に降りるそぶりも見せず、水面に漂うように泳いでいました。普段は底砂上か、ちょっと上をホバリングしているように泳いでいますが、案外、フツーにも泳げるのかもしれません。

<06.03.04>
 もう姿が見えないんですが!?

<06.05.02追記>
 もう1回だけチャレンジしたいと思い、購入しました。とくにペア売りというわけではないですが、2匹仲良くしているのでセット?で購入です。今度は長生きしてくれるかな?? すでにたびたび姿を見失っておりますが……



トラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/puffer39/50417832


この記事へのコメント

UMIHITOさんはじめまして。

カニハゼの記事を読んで思わずカキコしました。
我が家もカニハゼを入れました・・・
そう、確かに入れたはずなんですが
夕飯食べている二時間の間にいなくなりました・・・ 泣
亡骸も無くライブロックのしたもみましたが何処にもいません。・・・・

カニハゼってそういう魚なんでしょうか・・・

自分もつたないブログやっています。お暇なときにでも覗いてみてください・・・
でもアクア関係よりもしょーも無いことのほうが多いのですが・・・  汗
Posted by can at 2006年03月04日 20:47
canさん、はじめましてです!
今後ともよろしくですm(_ _)m

そうなんですよ、カニハゼ、亡骸もないんですよね。。
落ちればどこかに亡骸あると思うんですが、
LRに潜んでいた何かが食べたかLRの奥の奥に流れていったか……。
まったく姿が見えないんで落ちたことは間違いないんですけど。

意外と飼育は難しいとも聞きますよね。
本を見ても「餌付けは容易」っていうのと、
「プランクトン(ベントス)食性のため長期飼育は難しい」
って書いてあるのもあったりして、
そももそもどっちが正しいんじゃー!と叫びたくなります(^^;;;
Posted by UMIHITO at 2006年03月05日 02:43

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶:
 
 


Copyright © 2005-2008 フグweb by UMIHITO All Rights Reserved.

フグWebに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。
著作権はすべてフグweb管理人のUMIHITOに帰属します。

++Comments++
++Archives++
++Web Shopping++
ネット通販で海水魚飼育アイテム、生体を販売しているお店。宮古、パウパウ、CPは管理人も利用したことあります。他のお店も有名店を掲載しております。

養殖ライブロックで有名:CP Farm
宮古島の生体:宮古海水魚
都内最大級の総合店:パウパウ

海水魚飼育全般:ブルースポット
格安器具:charm
首都圏の大型店:トロピランド
名古屋の専門店:CEPPO
++Foods++
ウチで実際にフグ、ハコフグにあげているエサです。基本はデルマリンとメガバイトのグリーン&レッド。餌付かない場合は個体の大きさによってコペポーダかブラインシュリンプをあげています。



++Site Banar++
当サイト(ブログ)はリンクフリーですが、もしリンク貼っていただけた際にはご一報いただけますとうれしいです。また、リンクいただく際にバナーを貼ってくださる方は、下記よりお好きなモノをどうぞ(直リンでも構いませんが、できればDLしてご利用くださると幸いです)
banar

banar

banar

banar

++QRコード++
QRコード