2006年05月05日

ピコピコ歩く極美の「ホムラハゼ」

ホムラハゼ名称:ホムラハゼ
英名:Spikefin goby
学名:Discordipinna griessingeri
購入日:06年4月下旬〜06年7月中旬
現在のサイズ:2僂阿蕕
居場所:ハゼ水槽
 ヤシャハゼ、ドラキュラシュリンプゴビーとともに、いつかは飼いたかったハゼのひとつがこの極美のホムラハゼです。名前のホムラは当然、赤い体色=炎から。ほとんど泳ぐことのない底棲ハゼで、サイズは約2センチ。最大でも3センチ程度という極小ハゼです。サーベルのように伸びた背びれをピコピコさせて胸ビレで歩く!?のが非常にかわいいです。ふだんはとろいですが、掬おうとするとけっこうな速度で逃げます。

 通常はけっこうなお値段のハゼなのですが(ショップによっては2万ぐらいのところも!)、多少安めに設定されていたんで衝動買いしてしまいました。ハゼ水槽崩壊後にすぐ入れてしまいました。。。うまく育ってくれるといいのですが……実際、餌は何を食べるんですかね!?(爆)

 ショップの方の話だと冷凍ブラインOKということでしたが、実際、餌を落としても自分から取りにくるようなことはありません。目の前に落ちてきた餌を食べるという程度でしょうか。ウチに来てから10日程度経っていますが、捕食シーンはいまだ見ていません。冷凍コペポ、ズープレックスなど与えていますが、食べているんでしょうか!?

 このハゼは極小サイズでしかも「底モノ」、泳ぐというより這う魚なので、いくら30センチ水槽とはいえほとんど見られなくなってしまいます。ということで隔離ケースに砂と隠れられるようにライブロックの欠片を入れて飼育してます。水が古くならないよう、毎日数回、水の入れ替えも。けっこうお手間ですが、それだけの価値があるかなと思ってます。



トラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/puffer39/50525067


この記事へのコメント

UMIHITOさん、こんばんは。

ホムラハゼの学名は Discordipinna griessingeri です。
Phimochirus operculatus は、ブルーレッグ・ハーミットの学名ですね。どこかで入れ替わってしまったんでしょう。
Posted by 雪風 at 2006年05月08日 00:14
雪風さん、こんばんはです。
ご指摘ありがとうございます&お恥ずかしい。
ポルカドットの記事をコピペして使っていたんですが、
学名変えるのを忘れておりました(爆)

というところでご質問なんですが、
Phimochirus operculatusはブルーレッグの学名ですか?
海外サイトなどでpolkadotted hermitで調べても、
やはり同じくPhimochirus operculatusが出てきます。
というところでポルカドットの学名を上記にしていましたが、
となるとこちらも間違いでしょうかね?
とすると、ホントの学名は!?
Posted by UMIHITO at 2006年05月08日 04:47
んぁ!? ポルカドットの学名でしたね。
それで合ってます。
今度はこちらが間違ってしまいました(笑)。
Posted by 雪風 at 2006年05月09日 17:17
あー、ビックリしました〜。
でも、ぶっちゃけ学名までまだほとんどノーチェックなので、
ご指摘助かりましたm(_ _)m

また、間違い見つけたらじゃんじゃん教えてください。
(って、たくさんあったらイヤだな〜ブルブル)
Posted by UMIHITO at 2006年05月10日 01:25

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶:
 
 


Copyright © 2005-2008 フグweb by UMIHITO All Rights Reserved.

フグWebに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。
著作権はすべてフグweb管理人のUMIHITOに帰属します。

++Comments++
++Archives++
++Web Shopping++
ネット通販で海水魚飼育アイテム、生体を販売しているお店。宮古、パウパウ、CPは管理人も利用したことあります。他のお店も有名店を掲載しております。

養殖ライブロックで有名:CP Farm
宮古島の生体:宮古海水魚
都内最大級の総合店:パウパウ

海水魚飼育全般:ブルースポット
格安器具:charm
首都圏の大型店:トロピランド
名古屋の専門店:CEPPO
++Foods++
ウチで実際にフグ、ハコフグにあげているエサです。基本はデルマリンとメガバイトのグリーン&レッド。餌付かない場合は個体の大きさによってコペポーダかブラインシュリンプをあげています。



++Site Banar++
当サイト(ブログ)はリンクフリーですが、もしリンク貼っていただけた際にはご一報いただけますとうれしいです。また、リンクいただく際にバナーを貼ってくださる方は、下記よりお好きなモノをどうぞ(直リンでも構いませんが、できればDLしてご利用くださると幸いです)
banar

banar

banar

banar

++QRコード++
QRコード