2006年07月02日

「ヒバシヨウジウオ」はまさに楊枝のような魚

ヒバシヨウジウオ名称:ヒバシヨウジウオ
英名:Blueline Pipefish
学名:Doryhamphus excisus excisus
購入日:06年6月下旬〜06年7月中旬
現在のサイズ:5cmぐらい
居場所:ハゼ水槽
 広くはタツノオトシゴやリーフィーシードラゴン、ニシキフウライウオなどと同じヨウジウオの仲間であるのが、このヒバシヨウジウオです。ペアで購入したんですが……さっそくオスが消えました(>_<)

 細長〜い体つきで一瞬目立ちませんが、オレンジxブルーの体色が非常に綺麗な魚です。また、似たような魚にノコギリヨウジ、ブルーストライプパイプフィッシュなどというのもいるのですが、素人には見分けがつきません(^^;)。ざっくりいうと、ヒバシヨウジウオがいちばんオレンジとブルーの色分けがハッキリしているように見えますが……尾びれで区別するのかな?ご存じの方、教えてくだされm(_ _)mっていうか、たぶんショップも適当に名前つけてると思われますが?

 飼育はやや難しいのかなと思います。というのも、おそらくは人工飼料に餌付かないため。ウチでは赤コペもしくは冷凍ブラインシュリンプをあげています。水が汚れやすいのでいやなんですが、仕方ないですね。また、とにかく細く、よく泳ぐんですがその泳ぎもゆらゆらという感じのため、大きな魚、泳ぎ回る魚との混泳もよくなさそうです。ほんとはサンゴ水槽なんかに入れるのがいちばんいいんでしょう。といいつつ、ホンソメワケベラやネオンゴビーのようにクリーニングフィッシュとしても活躍する魚なので、実は大きな魚との混泳が不可能なわけではありません。ペア以外では激しく闘争する模様。

 ちなみにこんなに細い魚ですが、オスのお腹にはV字のラインが入ることで雌雄の判別ができます。オスがいきなりいなくなってしまいましたが、今残っているメスは餌もよく食べているので、早くオスを連れてきてあげたいなあと思ってます。ペア飼育、好きなんですよね(*^_^*)



トラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/puffer39/50605324


この記事へのコメント

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶:
 
 


Copyright © 2005-2008 フグweb by UMIHITO All Rights Reserved.

フグWebに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。
著作権はすべてフグweb管理人のUMIHITOに帰属します。

++Comments++
++Archives++
++Web Shopping++
ネット通販で海水魚飼育アイテム、生体を販売しているお店。宮古、パウパウ、CPは管理人も利用したことあります。他のお店も有名店を掲載しております。

養殖ライブロックで有名:CP Farm
宮古島の生体:宮古海水魚
都内最大級の総合店:パウパウ

海水魚飼育全般:ブルースポット
格安器具:charm
首都圏の大型店:トロピランド
名古屋の専門店:CEPPO
++Foods++
ウチで実際にフグ、ハコフグにあげているエサです。基本はデルマリンとメガバイトのグリーン&レッド。餌付かない場合は個体の大きさによってコペポーダかブラインシュリンプをあげています。



++Site Banar++
当サイト(ブログ)はリンクフリーですが、もしリンク貼っていただけた際にはご一報いただけますとうれしいです。また、リンクいただく際にバナーを貼ってくださる方は、下記よりお好きなモノをどうぞ(直リンでも構いませんが、できればDLしてご利用くださると幸いです)
banar

banar

banar

banar

++QRコード++
QRコード