2006年08月15日

第二額角が二つに割れる「コガラシエビ」

コガラシエビ(ワリバシエビ)名称:コガラシエビ、ワリバシエビ
英名:?
学名:Leander plumosus
購入日:06年5月中旬〜
現在のサイズ:3cm
居場所:ハゼ水槽

 第二額角、いわゆる頭の部分がまっぷたつに割れる動きとその部分に生えた産毛がみていておもしろいコガラシエビです。その様子から、かつてはワリバシエビと呼ばれていて(いまでもそのままで売ってるお店もあります)、こちらのほうが有名かも。マリンアクアリムでも流通していますが、どちらかというと、ダイバーに人気のエビのようです。

 標準和名のほうのコガラシエビは、色味や体型からつけられたんでしょかね?調べてないのでよくわかりません(^^;)。個人的にはワリバシエビのほうが言い得て妙な気がするんですが、なんで、コガラシエビで落ち着いたんでしょ??

 生態としてはエビの仲間のご多分に漏れず夜行性。昼間も餌を落とすと動きますが、基本的には日中は岩の陰で、夜になると動き出すタイプです。ので、やはり大型水槽だとなかなか見られないかも?

 飼育上は、とくに気にすることもないと思います。人工餌も食べますし、とくにケンカをするようなシーンもありません。小さめの水槽で飼育するのがいちばんよさそうです。



トラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/puffer39/50665036


この記事へのコメント

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶:
 
 


Copyright © 2005-2008 フグweb by UMIHITO All Rights Reserved.

フグWebに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。
著作権はすべてフグweb管理人のUMIHITOに帰属します。

++Comments++
++Archives++
++Web Shopping++
ネット通販で海水魚飼育アイテム、生体を販売しているお店。宮古、パウパウ、CPは管理人も利用したことあります。他のお店も有名店を掲載しております。

養殖ライブロックで有名:CP Farm
宮古島の生体:宮古海水魚
都内最大級の総合店:パウパウ

海水魚飼育全般:ブルースポット
格安器具:charm
首都圏の大型店:トロピランド
名古屋の専門店:CEPPO
++Foods++
ウチで実際にフグ、ハコフグにあげているエサです。基本はデルマリンとメガバイトのグリーン&レッド。餌付かない場合は個体の大きさによってコペポーダかブラインシュリンプをあげています。



++Site Banar++
当サイト(ブログ)はリンクフリーですが、もしリンク貼っていただけた際にはご一報いただけますとうれしいです。また、リンクいただく際にバナーを貼ってくださる方は、下記よりお好きなモノをどうぞ(直リンでも構いませんが、できればDLしてご利用くださると幸いです)
banar

banar

banar

banar

++QRコード++
QRコード