2008年04月09日

コンゴウフグ -ハコフグ図鑑-

 ミナミハコフグ更新後ずっと滞ってましたが、第2弾は「ハコフグ定番3種」(勝手に命名=コンゴウフグ、ミナミハコフグ、ラクダハコフグ)のうちでももっともポピュラーなコンゴウフグくんでも。それなりに大きく育っていますが、とはいえ例によって成魚写真まではないのでそういうのは他サイトで(苦笑)間違いあれば速攻でご指摘ください(爆)

フグwebハコフグ図鑑:コンゴウフグ名前:コンゴウフグ
英名:Longhorn cowfish
学名:Lactoria cornuta (Linnaeus, 1758)
全長:20−40cm前後(自然)
生息域:主に西部太平洋〜インド洋。日本近海にも分布
分類:フグ目-ハコフグ科-コンゴウフグ属


フグwebハコフグ図鑑:コンゴウフグ1フグwebハコフグ図鑑:コンゴウフグ2

フグwebハコフグ図鑑:コンゴウフグ3フグwebハコフグ図鑑:コンゴウフグ4

このほかの写真、データはFishBaseを参照


 コンゴウフグもミナミハコフグと同じく、サイズの大小こそあれほぼ年間を通じてショップに入荷する、ハコフグの中のポピュラー種。値段も安いところは1000円ぐらい、高くても2000円程度。やはり「豆」といわれる幼魚期が非常に人気がありますが、入荷は1cm〜7.8cmぐらいまでが多いと思います。フィリピン便が多いようです。まるいミナミハコフグに比べると幼少期からゴツゴツした感じはありますが、そこが逆に人気だったりします。また、とくに幼魚期の蛍光イエローのような体色はそれだけで鑑賞価値が高いです。

 とはいえ、例によって大きくなります。飼育している感想からいえば、ハコフグのなかでも成長は早いほうです。飼育環境にもよると思いますが、豆コンゴウを買っても1年もすれば少なくとも7−8cm、順調なら10cmは超えるのではないでしょうか(右下の写真が1−2年飼育している生体10cmぐらい)。自然下では40cmぐらいまではいくそうです。私がショップで見た一番大きな個体は25cmぐらい。体に比例して尾びれも長く大きくなるので、非常に迫力がありました。ですのでハコフグ全般にいえる事ですが、それなり(最低でも60m以上、それでも小さいでしょうが)の水槽が用意できる人が飼育対象になると思います。
 見た目の特徴としては、英名のロングホーンカウフィッシュにあるとおり、長い4本の角状の突起物があります。頭に2本、しっぽのような感じで2本。幼魚期はないですが、成長に伴い角も伸びてきます。ただし写真のように、水槽飼育の場合、きれいに細く長くまっすぐ伸びることは希なようです。ショップに入荷する3−4cmの個体(「角あり」といわれる)は、もっと立派な角をしていることがよくあります。

 飼育するうえでもっとも注意すべきなのは、白点病にかかりやすいということ。飼育経験上では、ハコフグ3種ではもっとも白点病にかかりやすいと思います。ウチでも(環境が悪いというだけですが……)しょっちゅうヒレや体に白点をつけています(T_T) ただしウチの場合、食欲があるならへんに治療はしません。餌をたくさんあげて自然治癒に努めます。
 もうひとつの特徴といえそうなのは、案外「泳ぐ」ということです。自然界でもわりと岩場などではなく障害物のない砂場に生息しているようですが、水槽飼育下でも岩陰に隠れたりするラクダハコフグやミナミハコフグと違い、おおむね水面近く(これは水上から餌をあげるため)を泳いでいる事が多いです。ただし泳ぎ自体はゆったりゆっくりなので、ヤッコやチョウチョウオなどとの混泳には適しません。餌を食べるスピードも非常にのんびりです。また、砂場生息のためか、よく底砂をふぅーふぅーして砂を捲ってしまう困ったやつです(苦笑)

 コンゴウフグはハコフグのため、例によってストレスなどがたまると強力な粘液毒(パフトキシン)を出すことがありますので、飼育の際にはご注意を(過去に一度経験あり、ハコフグの仲間以外の魚は全滅)。

<080506付記>
 いんちょさんのコメントにもありますが、コンゴウフグは大きくなってくると?動きが緩慢になるから、他の魚からちょっかいをよく出されます。よくショップで1−2cmから7−8cmぐらいまでのコンゴウをいっしょに入れてるときがありますが、よーく観察すると小さいほうが大きい方をかじったりしていることも。おとなしい魚との混泳なら問題ないと思いますが、ウチではスミレヤッコ(当然コンゴウより小さい)ですら追い回すので混泳には気をつけた方がいいかも、です。



ここで記載したことはフグweb管理人@UMIHITOの飼育経験上、調査結果上などが多分に入った主観的な内容となっております。フグの産地、飼育環境、そもそもの個体差そのほかさまざまな事由により、状態や状況は大きく変わりますので、あくまで一飼育者のたわごととしてご理解いただけますよう、お願いします(もともとただの個人ブログですので)。専門的な情報はベテランアクアリスト、専門書などでご確認くださいますようお願いします。



トラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/puffer39/51270419


この記事へのコメント

お〜コンゴウの記載嬉しいっす。

自分ハコフグではコンゴウが一番好きなんで、飼う方が増えると嬉しいな♪

確かにでかくなりますね。
うちは27センチくらいで止まったようですけど。
気が優しい力持ちって感じででかくなると小回りが利かないからなのか多魚から虐められがちなのが注意点ですかね?
Posted by いんちょ at 2008年04月11日 19:42
はじめまして

コンゴウ、以前飼ってましたが‥
コンゴウに限らずヤッコと混泳だったため‥たいていフグは事故死させてしまいました(>_<)
参考になります
Posted by S.ジェラード at 2008年04月25日 11:50
>いんちょさん

亀レスすみませ〜ん。
コンゴウフグについてはおっしゃるとおりですね。
ウチでもサイズは一番大きいですが、
よくちょっかいを出されます。
記事の方にコチラの件も付記しておきます〜。


>S・ジェラードさん
はじめまして〜。
リブプールファンですか?
こういうサイトやってますが、
実は自分もサッカーのほうが好きだったりします(爆)
これからもよろしくお願いします〜。

事故死というのは白点とかの病気より、
混泳での問題でしょうか??
Posted by UMIHITO@管理人 at 2008年05月06日 04:15
リバプールも好きですが、ファン、サポーターというよりは‥ただただジェラードが好きなだけです(^_^;)
濾過機関係の事故で失敗します(-.-;)衝突、巻き込み‥
やっぱり泳ぐのが苦手だからでしょうかね‥
Posted by S.ジェラード at 2008年05月09日 02:33
返信が1ヵ月も亀ですみませぬ〜。
フグはたしかに泳ぐの下手ですね。
でも、実は上手なんだという見方もあります。
アノような泳ぎづらい体型で、
アノ小さいヒレで泳いでるわけですからね。
Posted by UMIHITO at 2008年06月09日 22:28
2010/篁ラ育篋ャ冴鴻潟蕋取蚊荅宴帥障筝莇羂贋馿筝綛後蕕激筝綺篌帥絋篏с羃膰2膊ч取蚊佀江鐚筝純800km鐔1000km綏紊у育違倶篋ャ純障篋膊ャ障罎荐帥Windows Live 篏c若
Posted by 篏 at 2009年10月20日 10:13
機械式 腕時計
Posted by アウトドア腕時計 at 2011年09月03日 01:48

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶:
 
 


Copyright © 2005-2008 フグweb by UMIHITO All Rights Reserved.

フグWebに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。
著作権はすべてフグweb管理人のUMIHITOに帰属します。

++Comments++
++Archives++
++Web Shopping++
ネット通販で海水魚飼育アイテム、生体を販売しているお店。宮古、パウパウ、CPは管理人も利用したことあります。他のお店も有名店を掲載しております。

養殖ライブロックで有名:CP Farm
宮古島の生体:宮古海水魚
都内最大級の総合店:パウパウ

海水魚飼育全般:ブルースポット
格安器具:charm
首都圏の大型店:トロピランド
名古屋の専門店:CEPPO
++Foods++
ウチで実際にフグ、ハコフグにあげているエサです。基本はデルマリンとメガバイトのグリーン&レッド。餌付かない場合は個体の大きさによってコペポーダかブラインシュリンプをあげています。



++Site Banar++
当サイト(ブログ)はリンクフリーですが、もしリンク貼っていただけた際にはご一報いただけますとうれしいです。また、リンクいただく際にバナーを貼ってくださる方は、下記よりお好きなモノをどうぞ(直リンでも構いませんが、できればDLしてご利用くださると幸いです)
banar

banar

banar

banar

++QRコード++
QRコード