タンクメイト(Hermitcrabs)

2006年04月22日

カリブの極美レアヤドカリ「ポルカドットハーミットクラブ」

ポルカドットハーミット名称:ポルカドットハーミット
学名:Phimochirus operculatus
購入日:06年3月〜
現在のサイズ:甲長2僂阿蕕ぁ
居場所:フグ水槽

 久々にヤドカリの新入居者です。カリブ産のポルカドットハーミットクラブくんです。
続きを読む

2005年10月21日

ほんのり赤いマニキュア?「アカツメサンゴヤドカリ」

25971853.jpg名称:アカツメサンゴヤドカリ
学名:Calcinus minutus
購入日:05年4月〜06年4月?
現在のサイズ:甲長1僂阿蕕
居場所:ハゼ水槽


 久々にヤドカリ紹介をば。真っ白な体に、歩脚の先端だけほんのり赤が乗るアカツメサンゴヤドカリです。歩脚=爪みたいなもんですから、赤い爪=アカツメ、です。
 食性は普通のサンゴヤドカリと同じく雑食性。苔藻類から魚、甲殻類の死骸などなんでも食べるようですが、水槽内だとなかなか何を食べているのかわかりません。とくに夜行性ということはないようで、昼間でもたまにライブロックの中から出てきます。
 他のヤドカリとの相性はよくわかりませんが、けっこうおとなしい部類に入りそうです。ウチのヤドカリではベニワモンヤドカリがいちばん気が強そうなのですが(いちばん大きいから?)、たまに追われているシーンを見たりしますので。

 ちなみに普通のお店ではなかなか見ることはないですが、沖縄通販などではたいてい手に入ります。値段も安めで1000円行くことはないですね。だいたい500〜600円ぐらいでしょう。安さの割にはキレイで可愛いし、コケ食い能力もそこそこあるので、ウチには今2匹います(まあ、1匹、2匹じゃクリーナーとしてはたかがしれていますけど)

<06.05.01追記>
 購入から約1年、実はヤドカリがハゼに悪さをしている疑いがあるのでケースで隔離(フグ水槽の濾過槽)にしていたのですが、その際に亡くなってしまった模様。。。

2005年04月23日

上品な美しさを持つ「カザリサンゴヤドカリ」

fe467dca.jpg名称:カザリサンゴヤドカリ
学名:Calcinus lineapropodus
購入日:04年12月〜
現在のサイズ:甲長1.5
居場所:フグ水槽


 このコも宮古海水魚さんの通販購入ものです。1500〜1600円ぐらいだったような(正確にはサイトをご覧ください)。安めです。

 とにかくいろんな色が混ざり合っているのですが、そのどれもから上品な美しさを感じます。スカーレットハーミットの真っ赤な歩脚とか、ユビワサンゴヤドカリの青黒のコントラストも美しいんですけどね。
 カザリサンゴヤドカリは色の一つ一つが慎ましやか、といいいますか……見ていて飽きのこない配色です。ネット上で見るカザリサンゴはもう少し色味が強いものもいるようで、ウチのコは全体的にちょっと薄めです。でも、それがよけいに上品に見えるのかも。
 歩脚一つ見ても、先端、基部がピンクで、中央は白を基本に黒のタテジマが入っています。鋏は全体が白で、ワンポイントに黒いスポット入り。目のほうも、基部はピンクで眼球は青っぽい黒。いろんな色が楽しめるヤドカリです。

 安めの値段設定からも分かるとおり、水深は10m前後ぐらいの、比較的浅めといえるところに多く生息するようです(おおざっぱにいいますと、海水魚は水深が深いところにすむ生体ほど高いです)。

 食性は雑食であるサンゴヤドカリそのままで、コケから藻からいろいろと食べるようです。見ているかぎり他のどのヤドカリとも争わず、ウチに来てからもうすぐ半年、ずっと同じ貝殻に住んでいます。あまり成長してないんですかね?(抜け殻は3〜4回見ているんですけど)。
 性格はおとなしいようですが、けっこう昼間も外に姿を見せてくれます。ウチでは、枝上ライブロックをよく「山登り」している姿が見られます。

 1匹しかいないんですが、もう少し飼えばよかったかな、と思える美種です。 

2005年04月19日

わが家の働きアリくん=「トゲツノヤドカリsp.」

50538739.jpg名称:トゲツノヤドカリsp.
学名:Diogenes avarus?
購入日:04年12月〜?
現在のサイズ:甲長0.5
居場所:フグ水槽


 わが家の底砂を掃除してくれる“働きアリ”役の「トゲツノヤドカリsp.」をご紹介します。ちなみにこのコたち(6匹?)は、C.P.Farmさんの「ベントスパック」に入っていたものです(このコたちだけでもバラで購入できるそうです。5匹@1890円)。見た目は白っぽくちょっと地味ではありますが、とても気に入っています。

 甲長5舒焚次奮殻サイズで1僂阿蕕ぁ砲箸いΑ峩望サイズ」なくせに他のヤドカリよりもよく働きます。ウチにはほかのヤドカリやマガキガイもいますが、これまでは正直、底砂はすぐコケまみれになっていました。
 が、このコたちが入っただけで、底砂に関しては白い状態をある程度保てるようになりました。小さいながら猛烈なスピードで底砂を撹拌してくれるんです。
 他のヤドカリと比べると、とにかく動作が非常に機敏なのが特徴です。とにかく足は早いし、見ていると、砂粒ひとつひとつを小さなハサミで掴んでは表面につく苔、藻類を食べる、という動作を猛スピードで続けています。
 ただ、昼間は砂に潜っているコもいます。昼も働いてくれますが、基本的には夜行性のようです。

 また、ライブロックやサンゴに上ることもほとんどなく、たいていは砂の上で生活しています。せっかく苔取り用に貝を買ったのに「ライブロックの微生物ばかり食べているんじゃねー!」などと、嘆く可能性も低そうです。

<05.07.12追記>
 もうちょっと先月の話ですが、水槽掃除をしたときには……1匹もいませんでした(T_T)。すべて貝殻のみ。。。水質悪化とかはあまりしていないと思うのですが、ある日突然の失踪でした。

2005年02月16日

赤と白のコントラストが綺麗な「ダンダラヒメヨコバサミ」

dandara名称:ダンダラヒメヨコバサミ
学名:Paguristes jalur
購入日:04年12月〜05年3月?/2代目:05年7月〜06年5月?
現在のサイズ:3僂阿蕕い1僂阿蕕ぁ2匹
居場所:フグ水槽、ハゼ水槽


 ……またヤドカリかよ!と思ったそこのあなた、スミマセンm(_ _)m 実はフグのいい写真がまだ撮れていないもので……お茶濁しです(爆)。はい、このまま続くようなら「ヤドカリweb」に換えたほうがいいですね、反省しております。でもでも、まだお見捨てないでもう少しお付き合いくださいませ〜。

 さて(とムリヤリ)、ウチにはちょーチビと3僂阿蕕い裡寡いいるのですが、フグ水槽とハゼ水槽にそれぞれ1匹ずつ入れています。雑食性のヒメヨコバサミ属ということでコケもよく食べる! はずですが……いまいち確認はできませんね。
 ちなみに写真はセットしたての水槽に入れたときなので、まったく砂が汚れてないっす。後ろの方によく見るとベニワモンヤドカリの姿も。こちらは、また後日紹介します。

 顔はファンブリアータほど愛嬌ないですが(爆)、紅白模様の歩脚がキレイです。鋏も赤いですね。夜行性のようで、ライブロックの多いフグ水槽のほうに入れたヤツは、夜中にいちいち覗かないと生存すら確認できません(^^;) 大きいほうは小さなハゼ水槽にいるので、すぐに見つかるんですけどね。

<05.05.26追記>
 3月頃、気が付けば姿を見かけなくなってしまった……。いまも生きているわけではないでしょうから、そのころに落ちてしまったようです。

<05.08.19追記>
 書き忘れていましたが、7月に1匹追加で入れました。やっぱりキレイですね〜。なかなか見られないけど(苦笑)

<06.05.01追記>
 購入から約1年、実はヤドカリがハゼに悪さをしている疑いがあるのでケースで隔離(フグ水槽の濾過槽)にしていたのですが、その際に亡くなってしまった模様。。。

2005年02月14日

とぼけた表情がかわいい「ケフサゼブラヤドカリ」

kefusa名称:ケフサゼブラヤドカリ
学名:Pylopaguropsis fimbriata
購入日:04年12月〜05年3月?/05年4月〜06年5月?
現在のサイズ:2〜3僂阿蕕
居場所:ハゼ水槽


 フグwebといいながら、二匹目がいきなりフグ以外、しかも魚以外ですみません(^^;)。
 眼柄のブルーと眼球のイエローによる「とぼけた顔」が気に入っているヤドカリのケフサゼブラヤドカリ(学名からファンブリアータとも)くんです。宮古海水魚の通販で買いました。1匹1000円。ヤドカリ好きとしては「安ッ!」の値段だったのですが、そうでない方にとってはいかがでしょう? ちなみに沖縄の通販系は他店も似たような設定のようですが、都心で買おうとすると2000円ぐらいになるようです。ただし、あまりお店で見たことはないです。都心のお店で売っているヤドカリは、たいていブルーレッグハーミット、レッドレッグハーミット、ユビワサンゴヤドカリくらいではないでしょうか。ヤドカリ好きとしては、もう少し気楽に買えるようになってほしい。沖縄通販は送料が高いッス……。

 ところでヤドカリというと「苔掃除」の能力が有名ですが、コイツは苔はほとんど(まったく?)食べないようです。ヤドカリのなかでコケを食べるのはヒメヨコバサミ系がほとんどらしく、ゼブラヤドカリ系は雑食なんだとか。
 見た目の特徴としてはゼブラヤドカリ全般にいえるようですが、右鋏脚が非常に大きな点です。また、歩脚についてはほっそりとしていて、白と紫系のラインが入ってスタイリッシュな雰囲気もあります。夜行性という話を聞きますが、ウチにいるヤツは昼も夜もあまり気にしていないようです。

 ちなみにこのひと、たま〜にですが1日2日、まったく動かない日があります。一瞬、死んでいるのかなぁと思うこともありますが、いざ歩き出すと足は速いし、とくに弱った様子もないし……一歩も動かない間、何をしているんでしょう?? ちなみに止まっている間はたいてい殻の中に閉じこもっているので、その大きな右手しか見ることができません(涙)

<05.04.04追記>
 気が付けば殻だけを残し、姿が見えなくなっていました。どうやら、一緒に暮らしているマダラヨコバサミかタテジマヨコバサミに食べられた可能性が高いです。マダラとタテジマ、前は小さかったのに最近、非常に大きくなっていますので。

<05.04.15追記>
 あのとぼけた表情が忘れられず、再び購入してしまいました。でも、夜行性のために、すでにどこにいるのかわからない(T_T)

<06.05.01追記>
 購入から約1年、実はヤドカリがハゼに悪さをしている疑いがあるのでケースで隔離(フグ水槽の濾過槽)にしていたのですが、その際に亡くなってしまった模様。。。


Copyright © 2005-2008 フグweb by UMIHITO All Rights Reserved.

フグWebに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。
著作権はすべてフグweb管理人のUMIHITOに帰属します。

++Comments++
++Archives++
++Web Shopping++
ネット通販で海水魚飼育アイテム、生体を販売しているお店。宮古、パウパウ、CPは管理人も利用したことあります。他のお店も有名店を掲載しております。

養殖ライブロックで有名:CP Farm
宮古島の生体:宮古海水魚
都内最大級の総合店:パウパウ

海水魚飼育全般:ブルースポット
格安器具:charm
首都圏の大型店:トロピランド
名古屋の専門店:CEPPO
++Foods++
ウチで実際にフグ、ハコフグにあげているエサです。基本はデルマリンとメガバイトのグリーン&レッド。餌付かない場合は個体の大きさによってコペポーダかブラインシュリンプをあげています。



++Site Banar++
当サイト(ブログ)はリンクフリーですが、もしリンク貼っていただけた際にはご一報いただけますとうれしいです。また、リンクいただく際にバナーを貼ってくださる方は、下記よりお好きなモノをどうぞ(直リンでも構いませんが、できればDLしてご利用くださると幸いです)
banar

banar

banar

banar

++QRコード++
QRコード