dameda


耳が痛い





ブログ魔界村入口

クリックで魔界村へ。








どうも皆さん。ご無沙汰しております。かえるです。


生きてます。

ブログは毎回のようにさぼっておりますがね、生きてます。どっこい生きている、シャツの中ぁ~っとね、平成生まれどころか30台後半以降にしかわからぬネタを放りつつ書いていきたいと思いますね。


久々にブログのマイページ開いてみたらね、まったく記憶にないんですけど書きかけの記事がありました。

バッサリ消そうかなって思ったんですけどもね、せっかくなんで貼り付けとこう。





~~~~~~~~~~~~~~



さて、たしか前回では
「イマドキの若者はエロビデオなんぞ見ない。いつでもどこでもスマホで簡単にしかも無料でエロ動画見放題」という感じで書いていたかと思う。


前回は絶食系がどうのこうの~って言いましたけどね(いや本心でもあるんだけど)





yotu15

正直うらやましいよ!ばか!


なんだよそれ!無敵かよ!イマドキの子はよぅ!


じゃあアレかい?

エロ本レジに持っていくドキドキとかさ、知らないっつーわけよね?

表紙でだまされたーとかもないわけじゃん?

タイトルだけしか書いてないエロビ(VHSではそういう状態も普通だった)でタイトルに騙された!とかないわけじゃん?

完全無修正!ぶつかり合うカラダとカラダ
とかいう感じのタイトルのビデオを通販でね、買って見たらフツーに相撲が映し出された時は愕然としたね。

そしてウソはついていない件。

天才かよ。




じゃなくてね、皆さんエロビって借りたことあります?


別にVHSじゃなくてもいいですけどね、レンタルビデオ店でエロビって借りたことありますか?


年齢が上がるにつれてイエスの人が増えるでしょう。

そしてこれは想像なんですけど、イマドキの子、、、要するに下の年齢ほどノーだという人が増えていくでしょうね。

まーそらそうよ。だって借りなくても見れるし。


平成生まれのコにはワカンナイでしょうけど、僕ら生粋の昭和人としてはね、エロビ=レンタルなわけですよ。そうじゃないですか?

いやボクらの年代の時もVHSばかりじゃなくてね、だんだんDVDも普及していってね、だいぶんお安くなりましたよ。1本500円程度で販売もされる時代もありました。

けどね、それよりもうちょい前はやっぱりお高いものだったんです。VHSは高かったんです。理由は知らないけどもともかくお高いものだった。

んーそれか学生時代だったから高い!っつーイメージがあるのかな?今冷静に見たらそんなないのかもしれないんだけども、とりあえずボクの記憶ではお高いものであった。


でね、やっぱ飽きるじゃないっすか?

エロって飽きるじゃないですか?

そりゃー抜けるやつもありますよ。何度見ても抜けるっていう秀作だってある。

僕の友人(大昔に登場したHくん)も言っていましたよ。


「このエロビで何回抜いたかワカンナイ。何度見ても抜ける。なんなら最近はデッキに入れる時にもうすでに射精しそうになる」
って。







setuko

いや気持ち悪いから、、、



そのエロビにお前の精子ついてそうで気持ち悪いよ


てか冷静に考えてビデオをデッキに入れながら射精するやつってなんなの?




バカなの死ぬの?

それともかなりの早漏なの?

はたまたビデオがチンポでデッキがアソコで、とでも想像して興奮して射精するっていう超絶変態かどっちかですよホント。



けどね、やっぱ永遠には無理っすよ。

どうしても違うオカズがほしくなる。

毎日カレーだったらたまにはシチューとかハヤシライスでいいから食べたくなるのが人間ってもんでしょ?

毎日カレー喰ってるのはインド人かしゃるさんくらいなもんですよ。
ホントあの人カレーばっか喰ってるよね。

もうお風呂もスープカレーなんじゃないの?なんなら。


ちょっと脱線しましたけど、ともかく人は新しいオカズを求めるものなんですよ。

そしたらね、お高いものじゃなかなか買えない。じゃぁレンタル。それが自明の理なわけです。






~~~~~~~~~~~~~



はい。ここまで書いてました。

んー前回上げる前に書いてたんだろうね。

割と最近なのに忘れるかえるの脳の残念さよ。


むろんこの話をどういう風に落とすかとかも忘れている。

つか多分思いつかなかったんだろね。

だから書くの辞めたのかな。



今考えても全く持ってオチが思いつきませんし、ボクが書くどんな記事よりも面白いこのブログのこの記事に読んでいただくとしてこの話は終わりという事にさせていただきます。




さて、昔の記事の供養も済んだことですし、書いていきたいなぁと思うんですけど、、、


何書こう?

あ、そうだ。先ほど一瞬だけ出てきたH君の話でも書きましょうか。

一応知らない方もいらっしゃるかと思うので説明させて頂きますと、ボクが昔やってたブログで登場しました。

彼は小学校からの腐れ縁。現在は6年?もっと?覚えてないんですけどそんくらい会ってない。

ただ年1.2回くらいメールが来ます。LINEじゃなくて。

ボクもあっちもLINEしてるんですけどね、なぜかメールで来ます。なんなんやろ?


まぁほとんど返信してませんけど。



だってなんか「会社のババアがムカつくんだけど」とかそんな一文が唐突に送り付けられてくるんすもん、、、

それ5.6年以上会ってない昔の友人に年イチで送る内容?




baka

多分彼は生粋のバカなんだと思います。



彼のバカエピソードとしてはね(これは昔のブログに記事として書きましたけどまた書かせてもらいます。知ってる方は生暖かい目で見てください)


子供の頃に駐車場で野球(むろんゴムボールとカラバット)してたんですけどね、目の前の家にボールがしょっちゅう飛び込んでいたんです。

そんでね、そこに住んでるバァさんといつも戦争してました。

今冷静に考えるとどう考えても僕たちが悪いんですけどね、子供でしたから野球を辞めることはなかったんです。

でもね、そのババアがね、なんつーかヒステリックな感じで怖かったんですよ。

庭に入ったボールを目の前でハサミで切り裂いたりとか、、、

いやホントホラーですよ。きぃぃぃ!!!って言いながらハサミ持ってんだもん。

かまいたちの夜とかだったらね、絶対犠牲者でるイベントですよこれは。


ホントね、僕たちがそこで野球やるのを辞めればいいんですけどもね、続けていたわけです。

で、ボールがババアの敷地に入ったらみんなビビッて「お前行けよ」なんてね、押し付けあってたんですけどね、Hくんだけは違った。

ボール取ってくるだけじゃなくてわざわざババアの部屋のガラスを手でバンバン!って叩いたり植えてある花引っこ抜いたりとやりたい放題。

多分あいつは野球したくて混ざってたんじゃなくてババアにイタズラしたいだけだったに違いない。


で、ある時またボールが入った。

そこで彼が取りに行く。

もうね、今日イチで勇んでいくわけです。


するとババアが部屋にいない。


じゃぁボールだけ取ってくればいいものをね、色々探るわけですよ彼は。

すると一匹の子犬が。

その子犬はババアの犬で室内にいてやたらキャンキャン吠える犬だったのだが何故かこの時は外にいた。


その時を鮮明に覚えてるんですけど、彼は無言で捕まえるとね、また無言でババアの車停める場所(やわらかめの土と砂でした)を一心不乱に掘る。


そして子犬をその穴にぶち込む!


そのまま首だけ出して埋めるわけです。


完成する犬の生首。




ちなみに一連の流れ、全て無言。

ガチで怖いよコイツ、、、



そしておもむろに玄関のチャイムを押すと一目散に逃げた!

ビビッて逃げるかえるたち。

鳴り響くババアの悲鳴。

そらそうよ。愛犬の生首あるんだもん。

それから学校でも大問題になりましたね。

先生が教室で黒板に大きく「犬を地面に埋めてはいけません」って書いたのは今でも覚えてる。


そこで野球をしていたメンバーと首謀者であるHくんは死ぬほど怒られるわけですよ。


でね、さすがに僕たちも懲りましたし、そこで野球をする事はなくなったんです。

もちろん彼ももうババアには手を出しませんでした。



けど違う家にピンポンダッシュしはじめました。




ホントこいつ頭おかしい。


けどね、彼のピンポンダッシュは普通ではないんです。

アパートの一室を狙い、ピンポンを押すのではなく ドアをチカラの限り蹴とばします


おらぁ!金返さんかい!!というアドリブが入る時もありました。


そして一目散に逃げるわけです。

だんだん効率化を覚えてね、最後の方ではエレベーターで逃げてましたからね。


でね、一番の問題はね、そのピンポンダッシュをかえるとか他の友人がいる時に勝手に始めるんすよ。


共犯にする気なんですよ、、


具体的にどうするかというとね、エレベーターの開ボタンを押させておくわけです。

そうしないとエレベーター閉まっちゃいますからね。


で、ある時に唐突にエレベーターの開ボタン押しててと言い放って急に出ていくHくん。

他の友人は初めてだったので知らなかったんですが、かえるは前にも同じことがあったのですぐピンときました。

こいつやりやがるな、、、

そして他の友人に説明してボタンを押さないことに。

閉まってるドアを見て巻き込むなという意思表示ともうやめろというメッセージが送りたかった。


その時鳴り渡るドアを蹴ったと思われる音とHくんの怒号。

やっぱりやりやがった、、、


すると他の階からボタンが押されたのでしょう、エレベーターが上昇しました。

そして上の階でおじさんを乗せてまた下の階に行く途中で彼がいた階を通過したんですが


怖いオッサンに平手でバッチバチに叩かれてました。



捕まっとるやん、、、



そんでこの件もめっちゃ怒られてピンポンダッシュをする事はなくなりました。



代わりにこのアパートの駐車場に犬とか猫の糞をばら撒く、というのが彼の新たなライフワークになりました。



ホントこいつどうしようもないですね。


後はロケット花火にかえるとかカニを括り付けて飛ばしたりとか、犬のウンコに爆竹をばらしてダイナマイトみたいにしたやつを刺して爆発させたりしてましたね。


ちなみに一度そのウンコ爆発させる際に、すぐ爆発する爆竹だったようで(やったことある人はわかると思うんすけどたまにある)火をつけた瞬間に爆発して顔中ウンコまみれになりながら「目が!目がぁぁぁあああ!!!」と転げまわる彼の姿はボクの目に焼き付いて消えない。


そんなどうしようもなくて、頭が狂ってる彼なんですけど、なんだかんだで腐れ縁で学校が違うようになっても、社会に出ても一緒にいましたねぇ、、、なんでだろ?


まさに腐れ縁というべき彼ですが上記のエピソードでのように彼の奇行は数知れないわけです。


今書いたのは昔にブログに書きましたけど、書いていないやつを思い出して書こうと思います。




次回に。




うん。もう疲れちゃったよね。

結構キーボード叩いたしね。


というわけで次回。

出来るだけ早く書きます(青文字




ブログ魔界村入口

クリックで魔界村へ。