おそとで映画'09

2009年11月22日

イングロリアス・バスターズ Inglourious Basters (2009/米)5

連合軍のユダヤ系兵士で結成されたイングロリアス・バスターズは
ドイツ軍占領下のフランスに潜入
ナチスの兵士を奇襲し、つぎつぎ血祭りにあげていた。
一方、ナチスのユダヤ人狩りに家族を惨殺されたショシャナは
素性を隠してパリの映画館を経営していた。
ナチスの青年に好感を持たれたことから
ゲッペルスが音頭をとる映画のプレミア上映会が
彼女の劇場で開催されることになる。
そこにはヒトラーはじめナチの高官が多数集まるという…!

little Q  クウェンティン・タランティーノ
この人、どんだけ映画が好きなんだろう!
脚本のうまさ
カット割りのセンス
確かな演出力
どれもこれも
映画が好きで好きでたまらないことの結果なんだー。
それを奇をてらわず真っ正面から見せてくれるこの作品
これはタランティーノの「ニューシネマ・パラダイス」なんだと思う。
あっという間に引火していくフィルムと焼け落ちる映画館のシーンで確信したもんね。

もしこの映画がつまらなかったら
60分以内に劇場を出れば返金します、というキャンペーンをやっているけれど
途中で席を立つなんてぜったいぜったい無理。
どころか
こんなおもしろい映画が観られるのなら
これからも私はやっぱり映画が大好きで
たくさん映画を観よう!と
私まであらためて映画への愛を誓ってしまったのでした。
魅力的なキャラクターが次々登場
それをまた惜しげもなく使い倒して行く贅沢さにも拍手喝采です。

監督・脚本・製作:クウェンティン・タランティーノ
出演:ブラ・ピ(こういうすっとぼけた役をやらせると最高!)
   メラニー・ロラン
   クリストフ・ヴァルツ
   ダイアン・クルーガー
   他、カメオ出演多数

061b3711.JPG


pumiwo at 18:43|PermalinkComments(6)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年06月12日

路上のソリスト The Soloist (2009/米)2

L.A.タイムスの記者ロペスは
2弦しかないバイオリンを奏でるホームレスに出会う。
ナサニエルと名乗る彼は
名門ジュリアード音楽院で学びながら
統合失調症を発症したチェリストだった。
実話の映画化。

数奇な運命を辿る天才の映画が見たかったんだけど
制作者はホームレスの問題や
人間の尊厳について訴えたかったみたい。
それならそれで
もうちょっと突っ込んでくれないと。

監督:ジョー・ライト
出演:ジェイミー・フォックス
   ロバート・ダウニーJr.
   キャサリン・キーナー

52e68b47.JPG


pumiwo at 00:56|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年01月18日

007 慰めの報酬 Quantum of solace(2008/英・米)3

14a76c92.JPGダニエル・クレイグ、最高にカッコいいです。
やっぱりスティーブ・マックイーンに似ています。
ほら、このポスターなんか「GETAWAY」の
マックイーンとアリ・マックグローみたいじゃありませんか。
ストーリーは、ぜんぜんわかりませんでした。
アクション・シーンばっかなんだもん。
前作のカジノみたいなシーンが、もすこし見たかった。

ボンドが、安ホテルに案内されて
「こんな所に泊まれるか」とか言って
強引に一流ホテルに泊まっちゃうとこがおかしかった。
若いな、ボンド。
ああゆうホテルにかっこよく泊まれるようにならなくちゃ。
ジョン・マクレーンなら、馴染んで泊まるね。
ジャック・バウアーは、眼中にないだろうな〜、ホテルのランクとか。見取り図と衛星写真しか興味ないから(笑)。


監督:マーク・フォースター
出演:ダニエル・クレイグ
   オルガ・キュリレンコ
   マチュー・アマルリック
   ジュディ・デンチ
   ジャン・カルロ・ジャンニーニ


pumiwo at 19:11|PermalinkComments(6)このエントリーをはてなブックマークに追加