はじめに・サイトマップはこちら
思春期・将来目次はこちら
無料シェア教材等一覧はこちら


就労についての講演会に行ってきた。

ときどき先輩お母さんの話に出てくる「障害者就業・生活支援センター」(通称ナカポツ)についてのお話である。


●ナカポツってどんなところ?


ナカポツ(「障害者就業・生活支援センター」)というのは厚生労働省がやっている事業で、住んでいる地域で雇用などの相談支援をしてくれるところで、全国各地にある。

↓厚生労働省の関連ページ、上から3番目
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/shougaishakoyou/shisaku/shougaisha/index.html


長野県内には10カ所ある。

ここはどんなところかというと、障害のある人の「はたらきたい」「はたらきつづけたい」を応援してくれるところだ。

今働いていて職場で困っている人の相談にも応じてくれる。
障害手帳の有無には関係ないそうである。

具体的な支援内容は
仝鎚面銘
本人の希望や、これまでの経歴や、得意なこと・苦手なことなどを聞いて、一緒に考えてくれる

▲魯蹇璽錙璽に同行
求人検索とか、いろいろな手続きが難しい人のために、一緒に行って就職活動のお手伝いをしてくれる。

L明榮厩
面接で何を言えばいいのか、履歴書ってどうやって描けばいいのか、不安な人のために、面接の練習をしたり、履歴書の書き方を教えてくれたりする。
面接に一緒に行ってくれたりもする。

ぜ遜をしてくれる
福祉施設で体験したり、企業での実習制度を使って実習を計画してくれ、スタッフが様子を見にきてくれる

 そして実習の様子を見て、本人や職場の話を聞いて今後の方向性をみんなで考えていきます。
(県内の短期トレーニング事業も使えます)

ソ⊃Ω紊皀侫ローしてくれる
定期的に会社訪問をして、様子を見ながら働き続けられるためのお手伝いをしてくれる
困っていることやコミュニケーションなどの支援。

ξタΔ靴疹豺腓了抉
離職したい気持ちに寄り添いながらお手伝いをしてくれる
離職した場合、、また,北瓩辰道抉腓靴討れる。

また、就職だけでなく、生活で困っていることも、関連機関につなげてくれるそうだ。
(病院の受診や一人暮らし、手帳や年金、金銭管理など)

こんな機関があるということは、安心材料である。
いくつか事例が紹介されていたが、運転免許があったりと、一般就労の方の話ばかりで、かなり雲の上のような感じだった。(笑)

●就労に必要な力ってなに?


まあうちは一般就労を目指しているわけではないが、働くためにどのようなことが必要かという話は一般就労・福祉就労関係なく役に立つと思った。

就労準備のピラミッドというのがあるそうだ。

shurou


どこかで見たようなピラミッドだが(笑)、
やはり基礎には心と体の健康管理、日常的な生活リズム(食事・衛生管理・金銭管理含む)があるようだ。

その上の対人・社会生活というのは身だしなみ・会話・意思表示・感情コントロール・協調性・場の空気を読む・環境の変化に適応、などがある。

まあこのあたりは(会話などは)娘の厳しいところ。(^^;)

その上の基本的労働習慣というのはビジネスマナー、職場のルール、欠勤の連絡、報連相、休まず通える、指示に従える、安全管理などがある。
「報連相」というのはいわゆる報告、連絡、相談だが・・・その前に会話力だよね(汗)

最上位の職業適性というのは、その人の持ち味ということになるんだろうけど、業務処理能力、作業速度、持続力、正確性、クオリティー、創意工夫などがあるようだ。

まあ、どんな仕事につくにしろ、健康管理と生活リズムは大事ということだろう。(先輩お母さんもよくおっしゃっているが)

●今からできること


さて、その中でも「今からできること」ということでピックアップされていたのが
,△い気弔鬚垢
これはだれにでも同じように、自分から明るく、はっきりと、ということらしい。

∧峪をする
名前を呼ばれたとき、用事をたのまれたとき、仕事を教えてもらったとき、返事ができること。

5戮泙困膨未
そのためには夜は早く寝る、休みの日の過ごし方も大事(疲れすぎないようにということかな)、病気で休むときはちゃんと連絡すること。

し茲瓩蕕譴浸間は作業をする
指示通りに最後まで作業をする、終わったら「終わりました」と報告をする、ルールを守る。

デ困鵑世衂坩造砲覆辰燭
相談できることも大事な力。
自分で解決する前に相談できたら(相談する人を決めておくとよい)、もっといい解決法が見つかるだろう。

うちはい呂任そうだけど、´↓イ厳しいかな〜
(うちの健常高校生の長女も同じく´↓イ厳しい^^;)

まあ、報告とか、時間通り指示通りに仕事をするとかは、中学部・高等部になって鍛えられる部分なのだろうなと思う。

●小・中・高それぞれの目標


それぞれの年代の目標があった。

どの年代にも共通することが
・身だしなみ
・あいさつ
・ルールを守る
・困ったときに相談できる
・金銭管理
・整理整頓
・公共交通機関の利用


である。
そして年代別の目標は
★小学生
・元気よく遊ぶ
・住所・年齢・氏名・両親の名前が言える
・ありがとうが言える
・靴のひもを縛ることができる
・使ったものを片付けることができる
・順番を守る

★中学生
・楽しみを見つける
・好きなものを選ぶことができる
・先輩・後輩の意識をもてること
・時間通りの行動ができる
・自分の持ち物の管理ができる
・携帯の使い方

★高校生
・自分の身なりや印象を客観的に見ることができる
・将来やりたいこと・興味がある仕事を知る
・自分の得意なこと・苦手なことを知る
・5W1Hで説明ができる
・会社や学校に電話をかけることができること
・感情のセルフコントロールができること

・・・となっていた。

●うちの娘の課題といいところ


ちなみにうちの娘だが、
支援学校では使ったものを片付けるとか、順番を守るとか、好きな物を選ぶとか、元気よく遊ぶとかの活動は多く取り入れられている気がする。

また個人的には、住所・年齢・氏名・両親の名前は言える。時間通りの行動ができることは、支援計画にも入れてもらって継続的にやってもらっていること。
(朝も時計を見ながら間に合うように行動させている)
公共交通機関の利用も、学校でも家でもかなりやっている。

靴のひもは、そういう靴にしなければいいんじゃないかと思うし、特に練習はしていない。(ひもを縛ることはできる。固結びだけど・・)

今後練習が必要なことといえば、金銭管理の方かな。
お金の学習はかなりやっていて、数えたり金額を払ったりとかはけっこうレベルアップしているし、お金が足りるかどうかというのもだいぶ理解しているが、計画的に使うとかそういうのはまだまだなので、これからの課題だろう。(でもきっと一度に使っちゃわないように日常生活自立支援事業を利用するだろうけど)

娘の一番苦手な分野といえば、やはりコミュニケーションだろうな。
あいさつは(信じられないことに学校では大きな声であいさつしているらしいが)あいさつらしいことをしているのを見ないので、あいさつやありがとう、ごめんなさいなどは大きな課題。
(素直じゃないので、機能的には言えるのに、言わない)

そして、高校生になったときに電話がかけられるようになっているとは思えないかも・・・。
(メールならできるかもだけど)

でもしゃべれなくてもお仕事をしている(福祉的就労であれ)人はいるようだし、娘なりのいいところが生かせるようなところがあればいいなと思う。

娘の(就労的観点からの)長所は、
・とにかく丈夫なこと。(病欠一切なし)
・毎日休まず通えるところ。
・どこへ行っても基本楽しそうなところ。
(毎日違うデイに行っているが行き渋りがない)
・生活リズムが安定しているところ
(夜になるとこっちが何も言わなくても「もうねる」と言って着替えて歯磨きして寝に行く)
・気持ちが安定しているところ。
・宿題とか、ちょっと嫌なことでもその後の楽しみを励みにたとえ長い時間でもがんばれること。
・人が好きなところ。
・ひとりの時間を長く過ごせるところ。
・長い時間待つことができるところ。
(どこかに行ってしまわないでその場に長時間いられる)
・ずっとしゃべらないで黙っていられるところ。(逆に話す方が苦手なんだけど)
・指示の理解は比較的よいこと。

やはりダウン症の特性で疲れやすいとかはあるけどね。

まあ、就職のために生きているわけじゃないんだけれど、こうして少し先の目標がもてるというのはいいことだ。

就労支援型デイサービスの見学にも行ってきたので、また別途記事にしたいと思う。